ニュース
» 2019年04月01日 12時00分 公開

世界初にして史上最大規模のマンモスの冷凍標本が来日! 日本科学未来館で「マンモス展」が開幕

過去・現在・未来の角度からマンモスに迫ります。

[カタクリコ,ねとらぼ]

 日本科学未来館(東京・江東区)で企画展「マンモス展」が、2019年6月7日より開催されます。


ALT イメージキャラクターはマツコ・デラックスさん

 「マンモス展」では、2005年「愛・地球博」で700万人が熱狂した「ユカギルマンモス」の冷凍標本をはじめ、近年、ロシア連邦サハ共和国で発掘された世界初公開を含むマンモスや古代の動物たちの冷凍標本を世界最大規模で展示。同時に最先端生命科学による「マンモス復活プロジェクト」も紹介していくなど、過去・現在・未来の角度からマンモスに迫ります。


ALT 「愛・地球博」で話題に 「ユカギルマンモス」

 注目の展示は今回世界初公開される冷凍標本「ケナガマンモスの鼻」。2013年に完全な形で発掘されたこの「ケナガマンモスの鼻」は、これまで考えられていたマンモスの鼻の形状を覆す発見となった貴重な個体標本です。そして2018年夏、本展のために発掘現場を訪れた調査隊が発見した、「ケナガマンモスの皮膚」(マンモスの後脚部分)の冷凍標本も世界初公開されます。非常に生々しい状態で発掘されたこの皮膚には、マンモスがなぜ極寒の地で生き延びられたのかを解き明かす鍵が隠されているとか。1977年に完全体で永久凍土から発掘された仔ケナガマンモス「ディーマ」の標本も38年ぶりに来日します。


ALT 世界初公開!「ケナガマンモスの鼻」
ALT 「ケナガマンモスの皮膚」(マンモスの後脚部分)
ALT 永久凍土から発掘された仔ケナガマンモス「ディーマ」

 人類の先史の時代から存在し、悠久の時を経て発掘されたマンモスと最先端の生命科学が融合し開催される本展。東京開催後は福岡・名古屋・大阪に巡回予定です。


ALT マンモスは、復活するのか

企画展「マンモス展」開催概要

会期:2019年6月7日〜11月4日

開館時間:10時〜17時(入場は閉館の30分前まで)

会場:日本科学未来館 1階 企画展示ゾーン(所在地:〒135-0064 東京都江東区青海2-3-6)

休館日:火曜日(ただし、7月23日、7月30日、8月6日、8月13日、8月20日、8月27日、10月22日は開館)

入場料:大人(19歳以上)・1800円(1600円)中人(小学生〜18歳)・1400円 (1300円)小人(4歳〜小学生未満)・900円(800円)

※() 内の料金は前売り、8人以上の団体料金 ※常設展も見られます ※ドームシアターは別料金(要予約) ※3歳以下は無料、障害者手帳を持っている人および付き添い1人まで無料 ※会場の混雑状況により入場整理券の配布、または入場を規制する場合があります。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.