ニュース
» 2019年04月01日 15時24分 公開

「とんでもないものを生成してしまった」 証明写真の印刷に失敗した結果、謎のキャラクターが誕生してしまう

裏表が大事であるという証明。

[宮原れい,ねとらぼ]

 証明写真の印刷で失敗した結果が夢に出てきそうなインパクトで話題になっています。印刷前との落差がありすぎる。



 コソアド(@hypersomniagirl)さんが自撮りから自分で印刷するタイプの「履歴書カメラ」を使って証明写真を印刷したところ、出てきたのはほとんど本人の面影がない、アニメキャラクターのような4枚の写真(?)。クセが強すぎてほとんどホラーだこれ……!


証明写真 印刷 失敗 用紙 裏表 逆 ホラー 怖い にじむ ネットでよくある「○回見たら○ぬ」系の画像かな……?

 どうやら用紙の裏表を逆にセットして印刷してしまったようで、インクがにじんでしまった結果、今回の証明写真が生まれてしまったようです。ちなみに、印刷されるはずだった元データも公開していますが、一致しているのは服装と髪の分け目くらい。改めて用紙の裏表の重要さが分かる……。


証明写真 印刷 失敗 用紙 裏表 逆 ホラー 怖い にじむ こちらが元データ。失敗した印刷写真との落差がすごい

 コメントでは「なにこれ笑った」「怖い」と2種類の反応が多く寄せられ、中には「実写を簡単にボブネミミッミ(※アニメ「ポプテピピック」のワンコーナー)化してしまうのすごすぎる」と驚く声も上がり話題に。一方でコソアドさんは、今回の失敗証明写真が出てきた瞬間に家族で笑ったそうで、「パパと一緒にこんなに笑ったの久しぶりかもしれない」とツイートしています。

画像提供:コソアド(@hypersomniagirl)さん



Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.