ニュース
» 2019年04月01日 16時03分 公開

株価も新元号「令和」お祝いムード? 「平成」の時は……

「平成」改元の年、株価はどうだった?

[ねとらぼ]

 2019年4月1日の株式市場で、日経平均株価は前営業日比303円22銭高の2万1509円3銭と、大幅続伸しました。

photo 新元号「令和」=NHKより

 米国など海外の株高が主因ですが、新元号発表を控えた午前の取引は上げ幅を拡大。国家的におめでたいイベントが起きた際にみられる「ご祝儀買い」もあったのではないかと指摘されています。午後の取引は伸び悩んだものの、上昇基調で取引を終えました。

photo 1日の日経平均の動き=Yahoo!ファイナンスより

 改元の今年は株価の上昇基調を期待したいところですが、消費税の増税、複雑な国際情勢、後退局面入りもうわさされる景気動向など、楽天的な予断を許さない状況になっています。

 間もなく終わる「平成」に改元された際の株式市場はどうだったのでしょうか。

 1989年、「平成」が発表された1月7日は土曜日でした。改元は1月8日(日曜日)に行われ、1月9日(月曜日)が平成初の株式取引になりました。この日の日経平均株価の終値は3万678円39銭。「昭和」だった前営業日(1月6日)から約469円高と、大幅に上昇しています。

 この年は後に「バブル景気」と呼ばれる好景気にわいていました。日経平均株価は1月4日に3万243円66銭でスタートし、大納会の12月29日には3万8915円87銭をつけています。この値が日経平均株価の史上最高値で、その後これを超えたことはありません。

 ところが翌年の1990年末には2万3848円71銭まで落ち込んでおり、1991年以降、日本はバブル崩壊の深刻さに気付くことになります。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.