ニュース
» 2019年04月01日 20時32分 公開

「令和版」人生ゲームが早くも発表 SNSユーザーになってフォロワー数を競う

平成元年にも「人生ゲーム 平成版」が40万枚のヒットを記録していました。

[沓澤真二,ねとらぼ]

 新元号「令和」が発表されるなり、タカラトミーが「人生ゲーム+(プラス)令和版」を、3980円(税別)で6月に発売すると発表しました。動きが早いっ!


人生ゲーム+令和版

 今回は「インフルエンサー」をテーマにルールを一新。これまでの「職業」や「所持金」の概念は廃止され、SNSユーザーとなって影響力(フォロワー数)を競うゲームになりました。「スタート」と「ゴール」すらなくなり、一定の条件が成立したときに最もフォロワーの多いプレイヤーの勝利となります。


人生ゲーム+令和版 お金の代わりに、フォロワーのコマ(100万人で1単位)を集めるのが目的に

人生ゲーム+令和版 コマに配偶者や子どもを乗せる機能も廃止。代わりに獲得したフォロワーを連結できるようになりました。最長で1億2600万人分の長さに

人生ゲーム+令和版 プレイヤーは円環状のコースを自由に選んで進むことに。エリアが「動画サイト」「ミニブログ」「写真系SNS」「マニアックなコミュニティ」に分かれていて、インフルエンサーとしての方向性を選べる

 開始時に各プレイヤーに配られる「インフルエンサーカード」が勝利の鍵。カードに記されたアイテムを集めることで、フォロワーを獲得できます。ちなみに、カードの図柄は「敬礼ポーズのムービークリエイター」「宇宙への憧れを抱く社長」「ヘリコプターが似合う医師」など、どこかで見たような人ばかり。いろいろ大丈夫かな。


人生ゲーム+令和版

人生ゲーム+令和版

人生ゲーム+令和版 見覚えのある顔がズラッと

 同社は平成元年(1989年)にも「人生ゲーム 平成版」を発売し、年間販売数40万超えのヒットを記録。その後も主要な出来事や流行を織り込んだバージョンを毎年リリースしてきました。令和2年(2020年)にも出るとすれば、令和元年の歴史が反映された「真の令和版」になるのではないかと、ちょっと想像がふくらみます。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

先週の総合アクセスTOP10

  1. 誰にもバレずに20年 別荘を解体中にバスルームから“とんでもないモノ”が見つかる 「わけがわからない」と困惑
  2. 「チコちゃん」マナー講師が炎上で、エガちゃんの株が上がってしまう 「エンタメの見本」「エガちゃんはやっぱり偉大」
  3. 「だめだお腹痛い」「大爆笑しました」 榎並大二郎アナ、加藤綾子に贈った“ガチャピン人形”が悲惨な姿になってしまう
  4. ジャガー横田、愛車・BMWが高速手前でエンスト 九死に一生も原因不明の故障に「新車でまだ一年半なのに…」
  5. 「志摩スペイン村」微塵も人がいないのに突如トレンド入り 「にじさんじ」周央サンゴの“正直すぎるレポ”で話題に
  6. キンコン西野、“勝手に出された婚姻届”にまさかの展開 証人欄にはお世話になっている「森田一義って名前が」
  7. 「ゆっくり茶番劇」商標取得者の所属コミュニティーが声明 商標権の完全放棄を要求
  8. 中村江里子、174センチの長女&181センチの中学生長男に驚く声 「足ながっ!!」「モデルになれそう」
  9. 「志摩スペイン村」がトレンド入り→公式ホテルの予約が急増とさらなる展開へ 広報「すごいことが起こっているぞと思った」
  10. 華原朋美、デザイン手掛けた黒ミニドレスを披露 「本当に痩せて綺麗になって」「全てが可愛すぎました」と反響