ニュース
» 2019年04月01日 20時32分 公開

「令和版」人生ゲームが早くも発表 SNSユーザーになってフォロワー数を競う

平成元年にも「人生ゲーム 平成版」が40万枚のヒットを記録していました。

[沓澤真二,ねとらぼ]

 新元号「令和」が発表されるなり、タカラトミーが「人生ゲーム+(プラス)令和版」を、3980円(税別)で6月に発売すると発表しました。動きが早いっ!


人生ゲーム+令和版

 今回は「インフルエンサー」をテーマにルールを一新。これまでの「職業」や「所持金」の概念は廃止され、SNSユーザーとなって影響力(フォロワー数)を競うゲームになりました。「スタート」と「ゴール」すらなくなり、一定の条件が成立したときに最もフォロワーの多いプレイヤーの勝利となります。


人生ゲーム+令和版 お金の代わりに、フォロワーのコマ(100万人で1単位)を集めるのが目的に

人生ゲーム+令和版 コマに配偶者や子どもを乗せる機能も廃止。代わりに獲得したフォロワーを連結できるようになりました。最長で1億2600万人分の長さに

人生ゲーム+令和版 プレイヤーは円環状のコースを自由に選んで進むことに。エリアが「動画サイト」「ミニブログ」「写真系SNS」「マニアックなコミュニティ」に分かれていて、インフルエンサーとしての方向性を選べる

 開始時に各プレイヤーに配られる「インフルエンサーカード」が勝利の鍵。カードに記されたアイテムを集めることで、フォロワーを獲得できます。ちなみに、カードの図柄は「敬礼ポーズのムービークリエイター」「宇宙への憧れを抱く社長」「ヘリコプターが似合う医師」など、どこかで見たような人ばかり。いろいろ大丈夫かな。


人生ゲーム+令和版

人生ゲーム+令和版

人生ゲーム+令和版 見覚えのある顔がズラッと

 同社は平成元年(1989年)にも「人生ゲーム 平成版」を発売し、年間販売数40万超えのヒットを記録。その後も主要な出来事や流行を織り込んだバージョンを毎年リリースしてきました。令和2年(2020年)にも出るとすれば、令和元年の歴史が反映された「真の令和版」になるのではないかと、ちょっと想像がふくらみます。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2104/18/news019.jpg 武田真治、世界限定500台の愛車「ダッジチャレンジャー MOPAR10」を初公開 “ゴジラ怪獣”仕様のテールランプに「後ろ姿カッコいい」とご満悦
  2. /nl/articles/2104/18/news007.jpg 「生後8カ月でこの大きさ!?」「おっきい猫ちゃん最高ですね」 デカモフに成長した子猫のビフォーアフターに称賛集まる
  3. /nl/articles/2104/17/news036.jpg ガンプラ用の塗装ペン「ガンダムメッキシルバー」がピカピカに塗れてすごいと話題 プラスチック製スプーンが塗っただけで輝く!
  4. /nl/articles/2104/18/news008.jpg オヤツの時間に、猫たちが乱入してきて…… 大乱闘を始める猫ちゃんとあきれる息子くんの光景が面白い
  5. /nl/articles/2102/02/news012.jpg 台風の雨の日に出会った小さな猫→でっかい猫に! 貫禄たっぷりに大成長した姿に「よかったね」「幸せそう」の声
  6. /nl/articles/2012/15/news014.jpg 「メインクーンの成長恐るべし」 手のひらに乗っていた子猫時代→現在のビフォーアフターが想像を超えていく
  7. /nl/articles/2104/17/news006.jpg 「なんかデカくないですか?」「軽く恐怖感じた笑」 飼い主を出迎えるポメラニアンの姿に驚きの声
  8. /nl/articles/2104/18/news001.jpg 猫「これは一体なんなのニャ……」 ポップコーンマシンに興味津々な猫ちゃんがかわいい
  9. /nl/articles/2104/18/news023.jpg サンシャイン池崎、「エヴァQ」3分解説が空前絶後の分かりやすさ “碇シンジ=小島よしお”の謎設定が天才的
  10. /nl/articles/2104/18/news005.jpg 「パパとママ守る、だからね……」 ほのぼのムードから急にキルアみたいなことを言う娘の漫画が怖くて笑う