ニュース
» 2019年04月01日 20時32分 公開

「令和版」人生ゲームが早くも発表 SNSユーザーになってフォロワー数を競う

平成元年にも「人生ゲーム 平成版」が40万枚のヒットを記録していました。

[沓澤真二,ねとらぼ]

 新元号「令和」が発表されるなり、タカラトミーが「人生ゲーム+(プラス)令和版」を、3980円(税別)で6月に発売すると発表しました。動きが早いっ!


人生ゲーム+令和版

 今回は「インフルエンサー」をテーマにルールを一新。これまでの「職業」や「所持金」の概念は廃止され、SNSユーザーとなって影響力(フォロワー数)を競うゲームになりました。「スタート」と「ゴール」すらなくなり、一定の条件が成立したときに最もフォロワーの多いプレイヤーの勝利となります。


人生ゲーム+令和版 お金の代わりに、フォロワーのコマ(100万人で1単位)を集めるのが目的に

人生ゲーム+令和版 コマに配偶者や子どもを乗せる機能も廃止。代わりに獲得したフォロワーを連結できるようになりました。最長で1億2600万人分の長さに

人生ゲーム+令和版 プレイヤーは円環状のコースを自由に選んで進むことに。エリアが「動画サイト」「ミニブログ」「写真系SNS」「マニアックなコミュニティ」に分かれていて、インフルエンサーとしての方向性を選べる

 開始時に各プレイヤーに配られる「インフルエンサーカード」が勝利の鍵。カードに記されたアイテムを集めることで、フォロワーを獲得できます。ちなみに、カードの図柄は「敬礼ポーズのムービークリエイター」「宇宙への憧れを抱く社長」「ヘリコプターが似合う医師」など、どこかで見たような人ばかり。いろいろ大丈夫かな。


人生ゲーム+令和版

人生ゲーム+令和版

人生ゲーム+令和版 見覚えのある顔がズラッと

 同社は平成元年(1989年)にも「人生ゲーム 平成版」を発売し、年間販売数40万超えのヒットを記録。その後も主要な出来事や流行を織り込んだバージョンを毎年リリースしてきました。令和2年(2020年)にも出るとすれば、令和元年の歴史が反映された「真の令和版」になるのではないかと、ちょっと想像がふくらみます。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  2. Excel上で「ドラクエ3」を再現した勇者に「最大の変態」「控えめに言って天才」と称賛 一体どうやって?
  3. 「降板を言い渡されて……」 小林麻耶、「グッとラック!」でのいじめを“笑顔”で主張 事務所とも突然の契約終了
  4. オンラインクレーンゲーム「トレバ」、景品獲得されそうになると“スタッフが裏操作”していたと発覚 被害者と運営会社を取材
  5. 加藤紗里、カフェ店員の前でパンケーキをたたきつぶす 衝撃動画に「これは笑えない」「何がしたいのか分からない」
  6. 保護した子ネコに「寂しくないように」とあげたヌイグルミ お留守番後に見せた子ネコの姿に涙が出る
  7. 「落選が内定」と開き直る金爆に「不甲斐ない」とAKB、謝罪する演歌歌手も 紅白出場逃した歌手の嘆き
  8. タイツメーカーのアツギ、「タイツの日」PRイラストで炎上 絵師25人以上とコラボ 「性的搾取」など関連ワードがTwitterトレンド席巻
  9. 「とうとうその日が来た」 AKB48、紅白落選で衝撃 メンバーは“言い訳のできない現実”を受け止める
  10. Koki,&cocomi、若かりし父・木村拓哉とのラブラブショットで48歳バースデーを祝福 「いつまでもカッコイイ父上でいてください」