ニュース
» 2019年04月02日 17時00分 公開

「平成」から「令和」にクルッ 針金を使ったトリックアートに「すごい芸術」「仕事の早さにも感動」

すごい!

[福田瑠千代,ねとらぼ]

 日本中が注目した新元号「令和」の発表。ネット上でも令和を題材としたさまざまなツイートが注目を集めました。中でもひときわ異彩を放ったのが、見る角度によって「令和」とも「平成」とも読めるトリックアート作品。すごいなこれ!



「平成」から「令和」にクルッ 針金を使ったトリックアートがすごい こっちから見ると「平成」ですが

 作成したのは針金を駆使した造形作品を多数投稿している、つたもとだゐき(@tdaiki1216)さん。動画の冒頭では「平成」の字をした針金が映し出されます。一見平面的に書かれた文字ですが、これをクルっと横に90度回転させると……?


「平成」から「令和」にクルッ 針金を使ったトリックアートがすごい「平成」から「令和」にクルッ 針金を使ったトリックアートがすごい クルルッ……

「平成」から「令和」にクルッ 針金を使ったトリックアートがすごい 「令和」だ!

 平面に見えた針金は複雑な立体構造となっており、回転を終えるとそこにはなんと「令和」の文字が。まさに平成から令和への移り変わりを表すかのような動画に、Twitterでは「凄い芸術 」「仕事の早さにも感動しちゃいました」「すごいアイデア、そして 想像力」と絶賛が寄せられていました。



 また、立体的に形状を表現するイマジネーションだけでなく、新元号が発表されて即日で発表したスピードもすごい。つたもとさんによると、完成までにかかった作業時間は1時間半ほどで、特にこだわった点は「できる限り回転しても文字がきれいに見えるように調整すること」だったとのこと。

 意外にも角度で見え方が変わるトリックアートを投稿したのは、今回がまだ2回目とのこと。2019年元旦には戌年にちなみ、「犬の顔」が角度を買えると「戌」の字に変わる作品を公開していました。



 つたもとさんは他にも作品をTwitterやInstagramに多数投稿。題材は幾重にも張り巡らせた針金で表現する不思議な生物や、ガレージキットで表現するリアルな魚など多岐にわたります。作品はワンダーフェスティバルで販売されることがあるほか、個人サイト「テラコヤ」で通販も受け付けています。


画像提供:つたもとだゐき(@tdaiki1216)さん



Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.