ニュース
» 2019年04月03日 14時20分 公開

新元号を祝う「令和 慶祝カラー」発表 春を知らせる日本の花にちなみ「梅」「すみれ」「桜」

「自然の美しさを愛でる穏やかな日々が未来永劫続くように」と、日本流行色協会が選定。

[沓澤真二,ねとらぼ]

 新元号の訪れを祝う「令和 慶祝カラー」が、日本流行色協会(JAFCA)より発表されました。春を知らせる日本の花にちなみ、「梅」「菫(すみれ)」「桜」の3色が選定されています。


慶祝カラー 新鮮な自然のイメージが、時代の変わり目に合いそう

 いずれも身近で暮らしに溶け込んだ花の色。同団体の選定グループが、自然の美しさを愛でる穏やかな日々が未来永劫続くよう願いを込めて選んだとのことです。各色の正確な仕様は以下の通り。

  •  系統色名:モデレート・パープリッシュ・ピンク/マンセル値:3.4RP7.4/6.8
  •  系統色名:ダーク・パープル/マンセル値:7.1P2.9/3
  •  系統色名:ペール・パープリッシュ・ピンク/マンセル値:2.8RP8.8/2.7
※系統色名:色相、トーンなどにより系統的に分類した色名/マンセル値:色を数値的に表すマンセル・カラー・システムによる表現。色を色相・明度・彩度の3属性で表している

 JAFCAは、カラートレンドの研究や発信を行っている一般社団法人。1959年の今上天皇御成婚時は「皇太子殿下御成婚慶祝カラー」、1993年の現皇太子御成婚の折も、「皇太子殿下 雅子さま慶祝カラー」を発表しています。


慶祝カラー 皇室の慶事を祝して選定されてきた色の数々

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.