ニュース
» 2019年04月03日 15時04分 公開

日産自動車前会長、カルロス・ゴーン被告がTwitter開始 「真実を話す準備がある」

開始2時間でフォロワー数は4000人を突破。

[ねとらぼ]

 会社法違反などの疑いで起訴された、日産自動車前会長のカルロス・ゴーン被告が4月3日、Twitterアカウント(@carlosghosn)を開設しました。本人であることを示す、Twitterの「認証済みバッジ」も付いており、最初の投稿から約2時間で、フォロワー数は4000人を超えています。



 最初の書き込みは英語で、「I'm getting ready to tell the truth about what's happening. Press conference on Thursday, April 11.(何が起こっているのか真実を話す準備があります。4月11日の木曜に記者会見を行います)」というもの。その約1時間後には日本語でもほぼ同様の文面を投稿しています。リツイート数は合計で約2000回。

 ゴーン被告は現在保釈中という立場で、11日に語られるという「真実」が何なのかに注目が集まります。




カルロス・ゴーン被告 Twitter カルロス・ゴーン氏(写真:日産自動車)

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.