ニュース
» 2019年04月03日 16時31分 公開

上場したばかりの“期待株”に何が 「ReFa」「SIXPAD」のMTG株価が急降下

外部要因とは言えますが……。

[観音崎FP,ねとらぼ]

 2019年4月3日の株式市場で、トレーニング機器「SIXPAD」などを展開するMTG(東証マザーズ)が続落し、前日比87円安(-5.19%)の1590円で取引を終えました。前週末(3月29日)の終値(2300円)から31%も下落しています。高成長を期待され、「ユニコーン」とも目された同社に何が起きたのでしょうか。

photo 2月に誕生10周年を迎えた美容ローラー「ReFa」
photo トレーニング機器「SIXPAD」

 今回の急落は、3月29日にMTGが発表した2019年9月期(18年10月〜19年9月)業績見通しの大幅な下方修正が原因です。売上高を700億円→500億円へと大幅に引き下げ、営業利益は98億円→10億円、最終利益は63億円→6200万円と、ほぼ10分の1に落ち込むと予想しています。

photo 大幅下落した株価=Yahoo!ファイナンスより

 MTGは1996年に創業し、美容ローラー「ReFa」(リファ)がヒット。健康志向の高まりから「SIXPAD」も話題になり、2018年9月期には売上高604億円、最終利益55億円を計上するまでに成長。未上場ながら高い企業価値(10億ドル超)の企業を指す「ユニコーン」と目されていました。

 18年7月に上場を果たすと、公開価格5800円を上回る7050円で初値を付ける人気銘柄に。時価総額は一時3200億円に達しました。

「新EC法」

 同社の説明によると、大幅な下方修正の最大の要因は美容ローラー「ReFa」の販売減です。その背景にあるのは、新たに始まった中国の電子商取引法(新EC法)。中国外で購入した商品の転売が規制の対象となった結果、「爆買い」の一因とも言われていた、中国人による転売目的の商品購入に急ブレーキがかかりました。

photo ReFaのインバウンド売り上げ減少が痛手に=業績修正説明資料より

 ReFaの売上高の約40%を中国人インバウンドが占めており、新EC法の影響でインバウンド売上高は155億円も減ると見込んでいます。中国現地での販売は計画通り拡大しているとのことですが、インバウンドの減少分をカバーし切れないとみています。その結果、ReFaの通期売上高は248億円と、前期と比べマイナス27%にとどまる見通しになりました。

photo ReFa事業は大幅マイナスを予想=業績修正説明資料より
photo SIXPADはプラスを確保=業績修正説明資料より

 SIXPAD事業は前期比プラスを見込んでいますが、ReFaのつまずきが大きく、通期の売上高予想は大幅に下方修正。コスト削減に努めるものの、利益も大きく減少する見通しになりました。

photo MTGの株価推移。2月上旬に発表した第1四半期決算を受けて急落していた=Yahoo!ファイナンスより

 MTGの発表を受けて、大和証券は目標株価を5200円から1500円へ、野村証券は6800円から2300円へと大幅に引き下げています。MTGの時価総額(3日終値ベース)は631億円と、新規上場直後のピークから5分の1に落ち込みました。

 成長を期待されて上場した企業が1年も経たずに大幅な下方修正を発表するのは異例のこと。投資家の信頼を取り戻すのは容易なことではないでしょう。

観音崎FP

photo

ファイナンシャルプランナー資格を持つ古参のほうのオタク。AFP(日本FP協会認定)。趣味は市場ウォッチ。オタクとお金のことに関心があります。好きなアイドルは土屋亜子ちゃん。


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.