ニュース
» 2019年04月04日 07時30分 公開

「ヒットメーカーは『普通』の基準が高い」 漫画編集者の体験談に大きな反響

漫画に限らず何事も、積み上げた地力が大事というお話。

[沓澤真二,ねとらぼ]

 ヒット作を連発する編集者とそうでない編集者はどこが違うのか? そんな疑問に1つの答えを示したツイートが話題を呼んでいます。投稿主は、漫画界にまつわる意見をTwitter漫画化している編集者、山中(@ComicYamanaka)さん。自身の経験から、「できる人は『普通』の基準が高い」と結論を出しています。


アイキャッチ この結論自体「普通」なのかもしれませんが、1つの真理とも思われます

 山中さんはここ1年で、多くの優れた編集者に会ってきました。そのなかで知った彼らの仕事ぶりは、「作家の成果物には即フィードバック」「打ち合わせで話題になった事象の関連資料は翌日にも作家へ発送」など、手際よく迅速で気配りも行き届いていたとのこと。しかもそれらを当たり前のように処理していて、あらゆることに対し「普通」とするレベルが高かったのだそうです。


1P

2P

 これは漫画家側にもいえること。背景の描き込みやセリフの練り込みなど、「ここまで追究するのが普通」と高いハードルを設定する人ほど、作品のクオリティも高いと述べています。


3P

 これに気付いた山中さんは、「自分は気持ちだけで空回りしていた」と反省。「熱意があるならば行動に移し、『普通の基準』を上げるべき」として、漫画を締めくくっています。


4P

 漫画は大きな反響を呼び、「漫画に限らずあらゆることに当てはまる」と感心する人も多数。「『普通』の基準が違えば積み重ねるものの量や質も変わり、結果に違いが出る」「要求されるレベルの高い組織に入り、基準を底上げするのが成功への近道」など、賛同する意見が寄せられました。


 その一方で、「無理に自分の基準を上げようとすると疲弊してしまう」「自分の『普通』を他人に強いるまでになると危険」「『どうすれば実現できるか』まで考えなければ」と、制止する意見も。理想に向けて努力するにしても無理のない範囲で進めないと、かえって毒になるのかもしれません。


作品提供:山中(@ComicYamanaka)さん


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

  1. 鳥取砂丘から古い「ファンタグレープ」の空き缶が出土 → 情報を募った結果とても貴重なものと判明 ファンタ公式も反応
  2. 「モンストのせいで彼氏と別れました」→ 運営からの回答が“神対応”と反響 思いやりに満ちた言葉に「強く生きようと思う」と前向きに
  3. 「この抜き型、何ですか……?」 家で見つけた“謎のディズニーグッズ”にさまざまな推察、そして意外な正体が判明
  4. 人間に助けを求めてきた母犬、外を探すと…… びしょ濡れになったうまれたての子犬たちを保護
  5. 幼なじみと5年ぶりに再会したら…… 陸上選手から人間ではない何かに変わっていく姿を見てしまう漫画が切ない
  6. ブルボンの“公式擬人化”ついにラスト「ホワイトロリータ」公開 イメージ通り過ぎて満点のデザイン
  7. 「幸せな風景すぎて涙出ました」 じいちゃんの台車に乗って散歩するワンコのほのぼのとした関係に癒やされる
  8. 「遺伝ってすごい」「足長っ!」 仲村トオルの“美人娘”ミオがデビュー、両親譲りのスタイルに驚きの声
  9. 猫「飼い主、大丈夫か……?」 毎日の“お風呂の見守り”を欠かさない3匹の猫ちゃんたちがかわいい
  10. 天才科学者2人が最強最高のロボを作成するが…… 高性能過ぎて2人の秘密がバラされちゃう漫画に頬が緩む