ニュース
» 2019年04月04日 16時29分 公開

年初来高値更新……からの10%急落という珍事 AI銘柄のHEROZ

おそろしい……。

[観音崎FP,ねとらぼ]

 2019年4月4日の株式市場で、人工知能(AI)技術ベンチャーのHEROZ(東証マザーズ)が、年初来高値を更新しながら急落するという一幕がありました。

photo HEROZは将棋AIで培った技術をビジネスに応用しています

 将棋ソフト「Ponanza」などで知られる同社は、将棋AIで培った技術を市場予測などのサービスに応用するビジネスを展開し、2018年4月に新規上場を果たしました。19年4月期(2018年5月〜19年4月)は売上高13億円、純利益2億8000万円を見込んでいます。

 上場直後はAIブームもあって暴騰したものの、その後は落ち着いた株価が形成されていました。今年2月ごろから上昇基調に転じていますが、ここ1カ月の上昇率は50%を超えていました。

photo 午後にナイアガラ……=Yahoo!ファイナンスより

 4日は取引開始直後に1万2800円を付け、年初来高値を更新。しかしその直後から下落を始め、午後の取引で一気に下落。結局、前日から1340円安(-10.49%)の1万1430円で取引を終えました。値下がり率は全市場で5位でした。

 この日は同じAI銘柄のALBERT(東証マザーズ)も-12.14%下落し、値下がり率は全市場で1位でした。ALBERTも4月2日に年初来高値を更新したばかりでした。

photo 2月ごろから急ピッチで上げてきていた=Yahoo!ファイナンスより

 過熱した市場は“どこまで張れるかを試し合うすチキンレース”などと言われることがあります。会社の実際の実力や業績などとは関係ないところで行われることも多い投資家たちのゲームですが、急上昇を続けてきた銘柄が突然大崩れすることもよくある話です(ちなみに、バブルは弾ける直前が最もよく膨らむと言われています)。逃げ遅れると大きなヤケドを負うことになりますから、気をつけましょう……。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  2. 痩せたらこんなに変わるのか 丸山桂里奈、現役時代の姿が別人過ぎて「誰かわからん」の声殺到
  3. 保護した子ネコに「寂しくないように」とあげたヌイグルミ お留守番後に見せた子ネコの姿に涙が出る
  4. セーラーサターンの変身シーン、四半世紀を経てアニメ初公開にネット湧く 「ついに公式が」「感謝しかない」
  5. 「髪型体型全て違う」 丸山桂里奈、引退直後のセルフ写真にツッコミ 4年前のスレンダーな姿に「今も輝いててかわいい」の声も
  6. 鳥取砂丘から古い「ファンタグレープ」の空き缶が出土 → 情報を募った結果とても貴重なものと判明 ファンタ公式も反応
  7. 「マジで助けてくれ」 試験中止で教授に“リスのさんすうノート”を提出することになった大学生に爆笑
  8. 「140秒とは思えない満足感」「なぜこれだけの傑作が埋もれているのか」 崩壊した日本を旅する“最後の動画配信者”のショートフィルムが話題
  9. 「化粧! 今すぐ落としてこい!」 男性教師に怒鳴られる生徒をかばう女性教師を描いた漫画に納得と感謝の声
  10. 畠山愛理、いま着たらピチピチなレオタードを公開 「とんでもなく可愛い」「見惚れてしまいました」と反響