ニュース
» 2019年04月04日 16時29分 公開

年初来高値更新……からの10%急落という珍事 AI銘柄のHEROZ

おそろしい……。

[観音崎FP,ねとらぼ]

 2019年4月4日の株式市場で、人工知能(AI)技術ベンチャーのHEROZ(東証マザーズ)が、年初来高値を更新しながら急落するという一幕がありました。

photo HEROZは将棋AIで培った技術をビジネスに応用しています

 将棋ソフト「Ponanza」などで知られる同社は、将棋AIで培った技術を市場予測などのサービスに応用するビジネスを展開し、2018年4月に新規上場を果たしました。19年4月期(2018年5月〜19年4月)は売上高13億円、純利益2億8000万円を見込んでいます。

 上場直後はAIブームもあって暴騰したものの、その後は落ち着いた株価が形成されていました。今年2月ごろから上昇基調に転じていますが、ここ1カ月の上昇率は50%を超えていました。

photo 午後にナイアガラ……=Yahoo!ファイナンスより

 4日は取引開始直後に1万2800円を付け、年初来高値を更新。しかしその直後から下落を始め、午後の取引で一気に下落。結局、前日から1340円安(-10.49%)の1万1430円で取引を終えました。値下がり率は全市場で5位でした。

 この日は同じAI銘柄のALBERT(東証マザーズ)も-12.14%下落し、値下がり率は全市場で1位でした。ALBERTも4月2日に年初来高値を更新したばかりでした。

photo 2月ごろから急ピッチで上げてきていた=Yahoo!ファイナンスより

 過熱した市場は“どこまで張れるかを試し合うすチキンレース”などと言われることがあります。会社の実際の実力や業績などとは関係ないところで行われることも多い投資家たちのゲームですが、急上昇を続けてきた銘柄が突然大崩れすることもよくある話です(ちなみに、バブルは弾ける直前が最もよく膨らむと言われています)。逃げ遅れると大きなヤケドを負うことになりますから、気をつけましょう……。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

  1. 人気動画ジャンル「ゆっくり茶番劇」を第三者が商標登録し年10万円のライセンス契約を求める ZUNさん「法律に詳しい方に確認します」
  2. 華原朋美、“隠し子”巡る夫の虚言癖に怒り「私はだまされて結婚」 家を飛び出した親に2歳息子も「もうパパとはいわなくなりました」
  3. フワちゃん、指原莉乃同乗のクルマで事故 瞬間を伝える動画が「予想の10倍ぶつけてる」「笑い事ではない」と物議
  4. 「ゆっくり茶番劇」商標取得者の代理人が謝罪 「皆様に愛されている商標であることを存じておらず」「爆破予告については直ちに通報致しました」
  5. YOSHIKI、最愛の母が永眠 受けた喪失感の大きさに「まだ心の整理ができず」「涙が枯れるまで泣かせて」
  6. 「ディ、ディープすぎません?」「北斗担、間違いなく命日」 “恋マジ”広瀬アリス&松村北斗、ラストの“濃厚キスシーン”に視聴者あ然
  7. 有吉弘行、上島竜兵さんへ「本当にありがとうございますしかなかった」 涙ながらの追悼に「有吉さんが声を詰まらせるとは」
  8. 岩隈久志、高校卒業式でドレスをまとった長女との2ショットが美男美女すぎた 「恋人みたい」「親子には見えません」
  9. キンコン西野、勝手に婚姻届を出される 「絶対コイツなんすよ」“妻になりかけた女性”の目星も
  10. 子猫のときは白かったのに→「思った3倍柄と色出た」 猫のビフォーアフターに「どっちもかわいい!」の声