連載
» 2019年04月04日 20時00分 公開

【オタ母あるある漫画】子どもの入学準備の買い出しで、まさかの“推しグッズ”と遭遇

こんなところで出会うとは……!

[漫画:ニック佐藤,ねとらぼ]

 2児を育てるワーキングマザーのフミエさん(33歳)は、推しを愛する女としての顔(推し活ネームは「カーマイン」)も持ち合わせている“オタ母”です。いよいよ小学校入学を控えたフミエさんの次男くん。子の成長は喜ばしいものの、入学準備の買い出しは大変……! しかし買い出し先で、フミエさんは思わぬ“遭遇”を果たすことになるのでした。

オタ母あるある漫画 子どもの成長はあっという間ですね

 新学期や入学など、子どもの新生活の準備はなかなか面倒。プリントなどで一覧をもらうと、「これも必要なのか」「これってうちにあったっけ? それとも買い足さなきゃだめ?」「手作りが望ましい……のか……」など、頭が痛くなってくるものですね。フミエさんはややげっそりしながら次男くんと買い出しに出掛けます。

オタ母あるある漫画 入学はうれしい、けれど大変……
オタ母あるある漫画 半ばげっそりとしていた買い物
オタ母あるある漫画 ハッ、あれは……
オタ母あるある漫画 推しだー!!!!

 しかしそこで突如としてオタモード(カーマイン)発動! 眼前に広がっているのは、なんと推しグッズ……! 推しノート、推し筆箱、推し下敷き……子ども用の文具として、推しが並んでいるのです!

 男児や女児にも人気のある作品に推しが出演していたり、子ども向けアニメが“自ジャンル”といったりな人にとっては、子ども向けの売り場も推しと遭遇する場になりうるんですよね。げっそりしていた買い物が、一気にテンションの上がるものへと変わります。

 これはもう、子どもグッズも推しでそろえるしかないのでは!? 「文具はぜーんぶぜーんぶこれでそろえよう!」「キャラものはダメなんじゃないの?」「問題ない!」「高めだよ?」「問題ない!」

オタ母あるある漫画 子どもに力説したい
オタ母あるある漫画 ……なんてね

 ――と力説したいのはやまやまですが、いったんオタモードを引っ込めるフミエさん。母モードに戻り、無地の下敷きを息子に買い与えるのでした。そう、小学校からの案内で「キャラものはダメですよ」って書いてありましたしね……。

オタ母あるある漫画 無事に入学グッズをそろえた次男
オタ母あるある漫画 実はフミエさんも……

 そんなこんなで、無事に入学グッズをそろえられた次男くん。……そして実はフミエさんも、“自分用”にあのとき諦めた推し文具をゲットしていました。子どもにとっては新学期、大人にとっては新年度。好きなものに囲まれて気合を入れていきたいところです!

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

先週の総合アクセスTOP10

  1. 鳥取砂丘から古い「ファンタグレープ」の空き缶が出土 → 情報を募った結果とても貴重なものと判明 ファンタ公式も反応
  2. 「モンストのせいで彼氏と別れました」→ 運営からの回答が“神対応”と反響 思いやりに満ちた言葉に「強く生きようと思う」と前向きに
  3. 「この抜き型、何ですか……?」 家で見つけた“謎のディズニーグッズ”にさまざまな推察、そして意外な正体が判明
  4. 人間に助けを求めてきた母犬、外を探すと…… びしょ濡れになったうまれたての子犬たちを保護
  5. 幼なじみと5年ぶりに再会したら…… 陸上選手から人間ではない何かに変わっていく姿を見てしまう漫画が切ない
  6. ブルボンの“公式擬人化”ついにラスト「ホワイトロリータ」公開 イメージ通り過ぎて満点のデザイン
  7. 「幸せな風景すぎて涙出ました」 じいちゃんの台車に乗って散歩するワンコのほのぼのとした関係に癒やされる
  8. 「遺伝ってすごい」「足長っ!」 仲村トオルの“美人娘”ミオがデビュー、両親譲りのスタイルに驚きの声
  9. 猫「飼い主、大丈夫か……?」 毎日の“お風呂の見守り”を欠かさない3匹の猫ちゃんたちがかわいい
  10. 天才科学者2人が最強最高のロボを作成するが…… 高性能過ぎて2人の秘密がバラされちゃう漫画に頬が緩む