ニュース
» 2019年04月04日 21時20分 公開

日本酒好きにおなじみの「杉玉」がBluetoothスピーカーに! 使い込みと共に色が変わる本格派

居酒屋にあったら素敵。

[戸部マミヤ,ねとらぼ]

 日本酒好きにはおなじみのアイテム「杉玉」を改造したBluetoothスピーカーが登場します。過去と未来のヘンテコなガッキを販売するキンミライガッキによる新作で、正式名称は「酒囃子(さかばやし)」。価格は2万1600円からの販売です。


酒囃子 防滴性も備えており、屋外での使用も可能です

 スピーカーの役割を果たす「杉玉」、本体にあたる「雷社(屋根部分)」、杉玉と雷社をつなぐ「紐雷綱」の3パーツから構成されており、本来の杉玉のように吊り下げての使用が想定されています。iPhoneなどからワイヤレスで曲をかけることができ、フル充電で8〜10時間程度の連続再生が可能です。

 杉玉が日本酒の熟成と共に変色するように、スピーカーのエージングと共に杉葉が枯れていく酒囃子。徳島産の杉をひとつひとつ手作業で剪定した杉玉は、密閉型構造で意外と低音も響くのだとか。


酒囃子 杉玉、雷社、紐雷綱の3パーツ構成

 杉葉の色味を可能な限り青い状態で出荷するために、完全受注生産を採用。キンミライガッキwebストアにて4寸サイズ(直径12センチ)の注文受付が開始しています。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.