レビュー
» 2019年04月05日 10時30分 公開

ついにスタート、西島秀俊×内野聖陽「きのう何食べた?」。奇跡なんか起こらない普通の食事ドラマ、料理もちょっと地味、だがそこがいい

4月5日24時12分に放送開始。

[大山くまお, イラスト:たけだあや,ねとらぼ]

 よしながふみ原作、西島秀俊、内野聖陽主演のドラマ24「きのう何食べた?」(テレビ東京)が4月5日の深夜からスタートする。連載開始から実に12年、「待望の」というフレーズがこんなに似合う作品もない。ドラマ化が発表されてから、ネットは沸きっぱなしだ。

きのう何食べた? 4月5日24時12分、待望の放送開始! ドラマ「きのう何食べた?」(C)「きのう何食べた?」製作委員会

 主人公は弁護士・筧史朗(シロさん)と、美容師・矢吹賢二(ケンジ)の同性カップル。同棲中の2人を取り巻く人間関係の機微をていねいに描く。核にあるのは、タイトルからもわかるように「食事」である。

 きちょうめんな筧は、節約のために毎日きっちり手料理をつくる。原作コミック内でも、かなりのページ数が筧の調理シーン(あと、1円でも安い素材を求めるスーパーでの買い物シーン)に費やされている。調理シーンは丁寧に手順が描かれているが、だからといって分量などが細かく記されることもないので、料理の素人にもマネしやすいのが特徴だ。

奇跡なんか起こらない普通の食事

 筧がつくるのは、特別な料理じゃない。原作の第1話に出てくるのは、ごぼうとまいたけの炊き込みごはん、豚肉とかぶとかぶの葉のみそ汁、小松菜と厚揚げの煮びたし、卵とたけのこのせんぎりとザーサイの中華風いためもの。ね、全然特別じゃないでしょ? 

 ある意味、ものすごく地味。味は「あまからすっぱい」のバランスがとれているが、なんとなく茶色い。筆者はいつもすごくおいしそうだと思うので(さっきメニューを書いているだけで腹が鳴った)、たまにマネしてつくってみたりするのだが、ある若い女性に「全然おいしそうじゃないですよね」と言われて驚いたことがある。まぁ、食事の趣味はいろいろだ。

 『きのう何食べた?』では、シロさんの手料理を食べて誰かが涙を流して感動したり、何か事件が解決したりするようなことは一切起こらない。奇跡も起こらないし、ロマンや説教めいた能書きが語られることもない。おいしいごはんで、ケンジがちょっと幸せを感じる。それを見て、シロさんがうんうんとうなずく。それぐらいだ。

 食事は毎日のこと。家庭の人々の生活を描くホームドラマは、かつて「めし食いドラマ」と呼ばれた。だとすれば、「きのう何食べた?」は同性カップルの家庭生活を描く王道のホームドラマと呼んでいい。

隅から隅まで充実のキャスティング

 原作が進むにつれて登場人物は年齢を重ねているので、シロさんはもう52歳、ケンジは50歳になった。発表されるなり「イメージ通り」「そっくり」と大反響を巻き起こした“今、一番エプロンが似合う俳優”西島秀俊は実年齢が47歳、イメージよりちょっとゴツかったけど、すさまじい憑依具合でケンジになりきっている内野聖陽の実年齢は50歳。ちょうど年頃もぴったりだ。

きのう何食べた? シロさんを西島、ケンジを内野が演じる(C)「きのう何食べた?」製作委員会

 普段は無表情なのに恋人には甘くて右往左往させられる芸能プロマネージャー・小日向さんに山本耕史、彼を翻弄する“ジルベール”に磯村勇斗がキャスティングされている。

きのう何食べた? 小日向さん&ジルベールのキャスティングにもネットが湧いた(C)「きのう何食べた?」製作委員会

 ほかにも富永さんに田中美佐子、大先生に高泉淳子、美容室の店長にマキタスポーツ(原作だと見た目はレキシ)など、よしながふみのキャスティングへの強いこだわりに制作サイドが十分応えたのがよくわかる充実ぶり。個人的に楽しみになのが、シロさんの母親役の梶芽衣子。イメージぴったりすぎて笑う。

きのう何食べた? シロさんとケンジの家庭、周囲の人間関係をていねいに描く本作。キャスティングが絶妙すぎます(イラスト:たけだあや)

 原作のKindle版がいま1〜2巻無料キャンペーンを行っている。1巻から読み返してみると、2007年の同性愛者に対する社会や人々の認識がものすごく雑だったり、無理解がはびこっていたりして驚く。人の良さそうな人たちが無遠慮な発言をして、それに筧がびくっと反応するが、なんとなくやり過ごすという展開が多い。連載当初は、筧の反応や周囲の人たちとのやりとりで、「ああ、同性愛者の人たちはこういう言葉についてこんな風に感じているのか」とほんのり理解していたような気がする。それぐらい筆者もこういう世界について無知だった。

 大ヒットした男同士のラブストーリー「おっさんずラブ」、オネエ言葉を話さない男性カップルが登場した「隣の家族は青く見える」、トランスジェンダーかつレズビアンの主人公が登場した「女子的生活」など、セクシャルマイノリティーを主人公にしたドラマが続出した2018年を経て、いよいよ真打ち登場という感が強い「きのう何食べた?」。今夜4月5日24時12分スタート。

きのう何食べた? 原作最新巻(15巻)。連載の中でシロさんとケンジは年を重ねている(C)よしながふみ/講談社

大山くまお

ライター。「文春野球ペナントレース2019」中日ドラゴンズ監督。企画・執筆した『ドアラドリル』シリーズ発売中。

Twitter

たけだあや

イラスト、粘土。京都府出身。Twitter

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2110/27/news159.jpg 「天空の城ラピュタ」真のヒロイン「若かったころのドーラ」がフィギュアになって登場 ベネリックから
  2. /nl/articles/2110/28/news112.jpg オリラジ藤森、記者をたじろがせた痛快な“週刊誌撃退法”に反響 「これは強い」「とっさの判断素晴らしい」
  3. /nl/articles/2110/28/news021.jpg 初お風呂に入った子猫、ブリーダーおすすめの方法であたためると…… ぬくぬくする姿に「やだかわいい」の声
  4. /nl/articles/2110/27/news095.jpg 水川あさみ、週刊誌に対して怒りの反論 「事実無根だと言っても強行突破で発売」「かなり目に余るものがあります」
  5. /nl/articles/2110/28/news139.jpg 南果歩「韓国のハルモニが天に召されました」 コロナ禍で見とれず悔しい思い告白「もう一度会いたかった」
  6. /nl/articles/2110/27/news100.jpg 戸田恵梨香、水川あさみと同様に長文公開 「私を追いかけて、どうか車の事故を起こさぬようお気をつけください」
  7. /nl/articles/2110/28/news079.jpg 「これは避けきれん」「怖すぎる」 新潟・国道8号線で起きた多重事故を捉えたドラレコ映像、80代男性が運転する軽自動車が大型トレーラーに衝突
  8. /nl/articles/2110/27/news142.jpg 東神奈川駅の「日本一のジャンボが出てくる」駅そばに仰天 「電車待つ間にサッと食えるサイズじゃないぞ」
  9. /nl/articles/2110/27/news164.jpg 日本銀行、「旧500円玉が使えなくなる」と騙る詐欺への注意を呼びかけ 新500円硬貨の発行後も「引き続き使える」
  10. /nl/articles/2110/28/news014.jpg “めちゃくちゃしゃべる人”の4コマが共感の嵐 お勧めした作品を「合わない」と切られ葛藤を述べまくる

先週の総合アクセスTOP10

  1. 「くそが……!」 最上もが、奮発した「Uber Eats」の対応に怒り爆発 1400円ステーキの“中身”に「絶望」「もう頼まねえ」
  2. 伊藤かずえ、13年間ともにした愛車とお別れ 総走行距離は14万キロ超で「今まで本当に有り難う」と感謝
  3. 庄司智春、愛車ダッジ・チャレンジャーが廃車に ガソリンスタンドで炎上、ボンネットから発煙し「やばい」
  4. 山本美月、ウエディングドレス姿がまるで「妖精」 母親のドレスをリメイクし背中に“羽”
  5. 「シーンとなった球場に俺の歌声がして……」 上地雄輔、後輩・松坂大輔の引退試合で“まさかのサプライズ”に感激
  6. シャンプーしたての柴犬に、猫がクンクン近づいて…… 何年たっても仲の良い姿に心がほかほか癒やされる
  7. ニトリで猫用ベッドを購入→「大変気に入ってるようです」 笑撃のオチに「そっちだよね」「猫あるある〜」の声
  8. じゃれ合う保護子猫たち、1匹が逃げ込んだのはまさかの…… ダッシュする姿に「一番安心だと知ってる」「爆笑した」の声
  9. 元SKE石田安奈、第1子出産後のぽっこりおなかに驚愕 産んだらへこむと思っていたのに「もう1人いるの!?」
  10. 産み捨てられた未熟児の子猫を保護、生死をさまよったが…… すくすく育った1カ月後のビフォーアフターに涙