ニュース
» 2019年04月05日 15時43分 公開

コンビニのポプラ、大幅下方修正で最終赤字に 株価の“ナイアガラ”が現出する

株価は垂直に落下。

[観音崎FP,ねとらぼ]

 2019年4月5日の株式市場で、コンビニエンスストアを展開するポプラ(東証1部)が午後の取引時間中に業績見通しの下方修正を発表したことから急落。前日から54円安(-9.03%)の544円で取引を終えました。

photo ポプラのWebサイトより

 ポプラは19年2月期(18年3月〜19年2月)連結業績について、売上高見通しを従来予想から9億9600万円減の260億9200万円に下方修正。本業のもうけを示す営業損益は3億9900万円の赤字(従来予想は6000万円の赤字)に悪化する見通しとなり、これまで3300万円の黒字としてきた最終損益も一転、21億8500万円の赤字になる見込みです。最終赤字は2期連続です。

photo ポプラの業績見通し修正=IR資料より

 ポプラによると、既存店で客数の前年割れが続いた上、18年7月に発生した西日本豪雨災害に関連し、商品の欠品が長引いたことや被災地の消費回復の遅れなどから(ポプラは中国地方が地盤)、営業損益ベースで押し下げ要因になったということです。人員不足で人材派遣などのコストが上がったことも営業損益には痛手となりました。

 さらに、収益が悪化している一部店舗や旧POSシステムなど19億円の減損処理を特別損失として計上することで、最終損益は赤字に転じることになりました。

photo 垂直に落下しています=Yahoo!ファイナンスより

 下方修正の発表は午後2時。この日の株式市場でポプラの値動きはほとんどありませんでしたが、下方修正が発表されると一気に10%以上下落し、株価が垂直に落下する“ナイアガラ”状態になりました。値下がり率は全市場で4位でした。

photo ナイアガラの滝=いらすとやより

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.