ニュース
» 2019年04月05日 16時30分 公開

新旧スープラが顔を並べる トヨタ自動車がヘリテージカー祭「オートモビル カウンシル」に出展 (1/2)

こうして並べて見たかった。

[haruYasy.,ねとらぼ]

 2019年4月5日、千葉・幕張メッセで貴重なヴィンテージカーを集めたイベント「オートモビル カウンシル 2019」が開幕。トヨタ自動車は新旧スープラの比較展示を中心にブースを出展し注目を集めています。

オートモビルカウンシル2019 スープラ 新旧 比較 トヨタ自動車 トヨタ自動車のブースに展示された新旧スープラ
オートモビルカウンシル2019 スープラ 新旧 比較 トヨタ自動車 「Neo Classic 80’s」をテーマにしたトヨタ自動車のブース全景

 トヨタ自動車のブースは「Neo Classic 80’s」をテーマに掲げて、今春に発売予定の新型スープラ(GR スープラ)のほか、1988年モデルの「スープラ(MA70型)」、1989年モデルの「ソアラ(MZ20型)」、1986年モデルの「マークII(GX71型)」の全4車種の実車を展示していました。

オートモビルカウンシル2019 スープラ 新旧 比較 トヨタ自動車 今春発売のGR スープラ
オートモビルカウンシル2019 スープラ 新旧 比較 トヨタ自動車 1988年モデルの「スープラ(MA70型)」
オートモビルカウンシル2019 スープラ 新旧 比較 トヨタ自動車 1989年モデルの「ソアラ(MZ20型)」
オートモビルカウンシル2019 スープラ 新旧 比較 トヨタ自動車 1986年モデルの「マークII(GX71型)」

 中でも根強いファンを持つスープラが新旧そろって並べられた展示には多くの来場者が注目。旧スープラと新型スープラの顔(フロントデザイン)の違いを見比べて談笑する人や、スープラに対する思い入れを語り合う人の姿が見られました。

オートモビルカウンシル2019 スープラ 新旧 比較 トヨタ自動車 1980年代に起きたさまざまな出来事を振り返る年表パネル

 広々としたスペースではクルマの展示だけでなく、テーマに合わせて1980年代に起きた出来事を振り返る年表パネル、トヨタ博物館による各自動車メーカーの資料やミニカーなども展示されていました。

 往年の名車が揃うヘリテージカーイベント「オートモビル カウンシル 2019」は4月7日まで開催。

春山優花里

       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.