ニュース
» 2019年04月06日 18時01分 公開

高速ギターソロのように編み針を動かせ! ヘビーメタルと編み物を融合させた世界選手権、フィンランドで開催

頭をぶんぶん振りながら編む、背中越しに編む……いろんな編みテクをヘビメタで披露せよ。

[黒木 貴啓,ねとらぼ]

 ヘビーメタルと編み物を融合させたライブパフォーマンスで世界一を競う、世界初の“ヘビメタ編み物”選手権「Heavy Metal Knitting World Championships」が、2019年7月にフィンランドで開催されます。一体何が始まろうとしているんです?

ヘビメタ編み物のイメージ(選手権の告知動画より)

公式サイトのロゴ

 ヘビメタ編み物とは、激しいリズムに合わせてギターソロのように編み針を高速で動かしたり、背中越しに編んだり、毛糸と編み針を宙に投げている間に演奏に参加したりと、とにかく同じステージでヘビメタと編み物を合体させてパフォーマンスする競技です。もともとフィンランドは、国民10万人あたり50組のヘビーメタルバンドが存在するほどのヘビメタ大国。同時に編み物を含む手芸ファンが何十万もいるという、手芸人気の高い国でもあることから、この2つを組み合わせることにしたそうな。

編む人がちゃんとバンドの一員になることが重要

 誰でも参加可能で、動画審査を勝ち抜いた15組は7月11日(現地時間)にフィンランドのヨエンスー市で行われる決勝戦に無料招待。ヘビメタ編み物のワールドチャンピオンに輝いた組には、フィンランドの絶景が見えるホテルの宿泊体験が贈られます。

 参加方法は、公式サイトからヘビメタバンド・Maniac Abductorによる公式曲「Fight or die」をダウンロードし、1分のヘビメタ編み物動画をYouTubeに投稿。その上で動画URLなど詳細を公式サイトのフォームに記入することで、選考に参加できます。締切は5月31日23時59分(現地時間)まで。

 主催は参加者に「もっとも大事なのは斬新で規格外なことに挑戦する心。全力でそれを示してください!」と熱く呼び掛けています。どうも日本の感覚だけでなくフィンランドでもぶっ飛んだ企画であるのは間違いないもよう。日本のヘビメタ好きも編み物好きも、かなり畑は違いますが仲間を探して参加してみてはいかがでしょうか。選手権の協賛に付いているヨエンスー市の懐の深さよ……。

黒木貴啓


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

先月の総合アクセスTOP10

  1. 田中将大、石川佳純ら卓球女子との集合ショットに反響 「夢の共演」「どちらから声を掛けたのか気になる」
  2. 田中将大の五輪オフショット集、最後は柔道・阿部詩との2ショットでシメ! “モテ男”の期待裏切らず「美女好きですね〜」
  3. 「マジで恥ずかしいです」 中川翔子、数年ぶりの“水着披露”に恥じらいつつもマネジャー大絶賛「スタイルめっちゃいいすね!」
  4. 里田まい、楽天ユニフォーム姿の長男に「違う、そうじゃない」 父・田中将大選手そっちのけの推し愛にツッコミの嵐
  5. 野々村真、動画で退院を報告 やつれた姿に衝撃広まる「コロナがより怖くなった」「ガリガリで衝撃を受けたわ」
  6. 「薬を問われ、アル中だと言われ」 西山茉希、“うわさ”ささやかれる痩せ体形に「懸命なもんでご了承願います」
  7. 柴犬「メシ、よこさんかーい!!(激怒)」 ごはんを忘れた飼い主に皿をぶん投げる柴犬、荒ぶる姿に「爆笑した」
  8. レイザーラモンRG、コロナ療養で“10キロ減”を告白 「顔が変わっちゃいました」とやつれた姿で復帰報告
  9. 海外記者「最高のコンビニアイスを発見した」 森永チョコモナカジャンボ、ついに世界に見つかってしまう
  10. 「ついついキレイな部分ばかり載せたくなりますが」 小倉優子が公開したインスタの“現実”に「勝手に親近感が」「共感しかない」