ニュース
» 2019年04月07日 09時00分 公開

こんなのあったらいいな! 産後の母親を助ける理想のサービスを描いた漫画が話題

現実的には国の予算の問題もあるでしょうが、こういうサービスが欲しいと思わざるを得ない状況もまた問題。

[きんじょうめぐ,ねとらぼ]

 赤ちゃんが生まれるのはとてもうれしいことですが、負担の大きさに疲れているお母さんが多いのも現実です。“赤ちゃんを産んだばかりのお母さんを心身ともにサポートしてくれる、こんなサービスがあったら良いのに”を漫画にした「産後のお母さんを助ける人の漫画」が、多くの賛同を集めています。作者は児童書などの挿絵を多く手掛けているイラストレーターの小松良佳(@yoshika_komatsu)さん。

yoshika_komatsu 子育て 政治

 漫画で描かれているのは「お母さんを助け隊」というサービス。育児で疲れたお母さんのための国からの支援で、2人1組のスタッフが自宅に来て最長8時間手伝ってくれます。1年間有効のチケットが10枚送られてきて、子育てで家のこともままならないときや睡眠が取れないときなどに使用でき、双子や三つ子の場合はチケットの枚数も増えます。

yoshika_komatsu 子育て 政治 出産して間もなくからお母さんはヘロヘロ
yoshika_komatsu 子育て 政治 多胎出産だった場合は人数に合わせてチケット枚数も増えます

 「イクメン」という言葉も広がってはいますが、お母さんが育児の役割のほとんど負っているケースが多いのが現状。赤ちゃんのことだけではなく、自分が食事をするのも大事だし、家事だってやらなければなりません。1日に何度もミルクをあげるので睡眠時間を取ることもままならなかったり。漫画では、疲れ切ったお母さんがふと「お母さんを助け隊」のチケットのことを思い出しました。

yoshika_komatsu 子育て 政治 産まれたばかりの赤ちゃんのために、お母さんはまとまって眠ることができません
yoshika_komatsu 子育て 政治 責めずに労りの言葉をかけてくれるのも「お母さんを助け隊」の良いところ!
yoshika_komatsu 子育て 政治 助けてくれる人が来てくれると分かっているだけでも、気がちょっと楽になりますね

 電話をした翌々日には助け隊のスタッフがやってきて、お母さんが寝ている間に家事全般や赤ちゃんのお世話もやってくれました。安心してまとまった睡眠をとれたお母さんがスッキリして寝室から出ると、家中ピカピカに! これだけのことを1年間に10回も無料でやってもらえるなら、お母さんの負担も少し減って、疲れすぎてしまうこともなくなるのではないでしょうか。こういうサービス本当にあったらいいのに!

yoshika_komatsu 子育て 政治 お母さんを助け隊! 頼もしい!
yoshika_komatsu 子育て 政治 子どもが泣いていても気にせずにゆっくり眠れることが、どれほど貴重か……
yoshika_komatsu 子育て 政治 どんな状況のお母さんでも頼んで良いのがうれしい
yoshika_komatsu 子育て 政治 国の予算でお母さんを助けてくれるこんなサービス、実現したら良いですね!

 お父さんが子育てに協力的でも、仕事のある日はできることが限られるし、育休制度が会社にあっても社内環境から育休を取りづらいお父さんがいるのが実情です。子育てはお母さんが主体となってやらなければならない状態になっており、産後うつになるお母さんもいます。

 この漫画を読んだ読者からは、「こんな制度あるといいな」「あったら絶対活用したい」などの実現を希望する声や、育児中の大変だった思い出が寄せられています。

 各区市町村や民間企業で近いサービスをおこなっていますが、漫画のようにまとまった時間ではないし、無料というわけでもありません。「お母さんを助け隊」のようなサービスが実現してお母さんの負担が少しでも減って、楽しく育児ができる環境になるといいですね!

画像提供:小松良佳(@yoshika_komatsu)さん



Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

  1. AKB48・大家志津香、人生MAXの65キロに危機感 周囲に迷惑が及ぶ激太りぶりで減量決意「やらなくていい仕事をさせちゃってる」
  2. 初コメダで「量すごいらしいからエビカツパンとビーフシチュー」 → 案の定大変なことになってしまった漫画が様式美
  3. 仲里依紗、息子がスカウトされて大騒ぎ「芸能人なんですけどもね?」 夫・中尾明慶と一緒にスルーされてしまう
  4. 「遺伝ってすごい」「足長っ!」 仲村トオルの“美人娘”ミオがデビュー、両親譲りのスタイルに驚きの声
  5. 山に捨てられていたワンコを保護→2年後…… “すっかり懐いたイッヌ”の表情に「爆笑した」「かっこよすぎ」の声
  6. 「文鳥砲だ!」「躍動感すご」 文鳥が“来るッ…!”決定的瞬間を収めた写真に緊張感が漂っている
  7. 昔から何度も見る悪夢です→「私も見る!」「同じ人がいた」と共感集まる “あるある”かもしれない奇妙な夢の漫画
  8. 「もういいだろう、楽にさせてくれよ」 アントニオ猪木、入院治療中の弱音に叱咤激励の嵐
  9. コクヨが正確な1mmを測れる「本当の定規」全国発売 メモリの境界を“面と面の間”で計測
  10. 高木ゑみさん、35歳で逝去 ステージ4の肺がんで闘病 生前最後の“人工呼吸器も外せた”報告に悲しみの声