ニュース
» 2019年04月07日 12時00分 公開

あの頃、私たちは「紙でLINE」をしていた(1/2 ページ)

めちゃくちゃ複雑な手紙の折り方とかあったよね……。

[ちぷたそ,ねとらぼ]

 学生時代、先生の目を盗んで学校で友達に手紙を書いていたことがあります。

 手紙といっても使われるのはレターセットとかではなく、ルーズリーフやノートの切れ端など授業中に出していても違和感がないものです。それらを使って、女の子たちはペンでデコったり、凝った折り方をしてみたりと手紙に個性を出していました。

 力作の手紙をもらうとうれしかったものです。でも、それとは別に「気負いせず雑に回せる手紙」というものも存在しました。




 手紙をデコったり、凝った折り方をたくさんできる子はプリクラでも活躍することが多く、手紙を書くスキルは当時の女子高生(2003年ごろ)にとっては必須教養かつステータスでありました。「LINEみたいな手紙」は装飾するスキルが求められないのもよかった。



 デコる系の手紙は楽しいものでしたが、同時に「かわいく書かなくては」みたいなプレッシャーがしんどい時もありました。そんな時にもぴったりなのが「気負いせず雑に回せる手紙」なのです。ルーズリーフに何行かだけ書いた手紙を友達に回すと、チャット形式で会話が続くのが楽しかったのです。私たちはあの頃、紙でLINEをしていたのかもしれない。

 あえて手紙を交換するのは楽しかったのですが、授業そっちのけで書いてしまってテストの時に困る、ということも起こりがちでした(自業自得)。大人になった今言えることは、「こっそり手紙を書いてもいいが授業は聞いておけ」です。でも、そんな思い出まで含めても楽しかった。スマホ普及したけど(自分の時はガラケー)、手紙の文化は残り続けて欲しい。

ちぷたそ


これまでのお話



       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

  1. 人気動画ジャンル「ゆっくり茶番劇」を第三者が商標登録し年10万円のライセンス契約を求める ZUNさん「法律に詳しい方に確認します」
  2. 華原朋美、“隠し子”巡る夫の虚言癖に怒り「私はだまされて結婚」 家を飛び出した親に2歳息子も「もうパパとはいわなくなりました」
  3. フワちゃん、指原莉乃同乗のクルマで事故 瞬間を伝える動画が「予想の10倍ぶつけてる」「笑い事ではない」と物議
  4. 「ゆっくり茶番劇」商標取得者の代理人が謝罪 「皆様に愛されている商標であることを存じておらず」「爆破予告については直ちに通報致しました」
  5. YOSHIKI、最愛の母が永眠 受けた喪失感の大きさに「まだ心の整理ができず」「涙が枯れるまで泣かせて」
  6. 「ディ、ディープすぎません?」「北斗担、間違いなく命日」 “恋マジ”広瀬アリス&松村北斗、ラストの“濃厚キスシーン”に視聴者あ然
  7. 有吉弘行、上島竜兵さんへ「本当にありがとうございますしかなかった」 涙ながらの追悼に「有吉さんが声を詰まらせるとは」
  8. 岩隈久志、高校卒業式でドレスをまとった長女との2ショットが美男美女すぎた 「恋人みたい」「親子には見えません」
  9. キンコン西野、勝手に婚姻届を出される 「絶対コイツなんすよ」“妻になりかけた女性”の目星も
  10. 子猫のときは白かったのに→「思った3倍柄と色出た」 猫のビフォーアフターに「どっちもかわいい!」の声