レビュー
» 2019年04月08日 10時30分 公開

42歳無職の弟が、両親の財布からお金を抜いてパチンコと酒に使っています。突きつけられた「家族の病理」 ニッポン放送「テレフォン人生相談」先週のハイライト

マドモアゼル・愛の巧みな人生相談芸が炸裂。

[北村ヂン,ねとらぼ]

 平日の午前中、ニッポン放送を聴いていると突然はじまる異様な雰囲気の番組「テレフォン人生相談」(ニッポン放送・月〜金曜11時〜)。その名の通り、電話をかけてきた相談者の悩みに、曜日担当のパーソナリティー、各種専門家たちによるアドバイザーが答えていくという内容。

テレフォン人生相談 平日の午前に突然始まるテレフォン人生相談。アドバイザーは大原敬子(幼児教育研究)、マドモアゼル・愛(エッセイスト)、高橋龍太郎(精神科医)、三石由起子(作家・翻訳家)、田中ウルヴェ京(メンタルトレーナー)、中川潤(弁護士)、大迫恵美子(弁護士)、坂井眞(弁護士)、塩谷崇之(弁護士)、野島梨恵(弁護士) イラスト/北村ヂン

 リスナーの人生にも影響を与えるような名アドバイス。百戦錬磨のアドバイザーたちにも手に負えない厄介な相談。泣き出す、逆ギレする、勝手に電話を切っちゃう……などなど、素人参加番組ならではのヒリヒリするようなハプニングもしばしば飛び出し、目(耳)が離せない長寿番組だ。この連載では毎週、良くも悪くも心をグッとつかまれた相談をピックアップして紹介していきたいと思う。(今回は4月1日〜5日放送分からピックアップ)

身内の金に手をつける弟。悪いのは本当に彼だけなのか?

 今回ピックアップしたのは4月2日(火)放送回。

 この日のパーソナリティーは医師&登山家の今井通子。アドバイザーはエッセイストのマドモアゼル・愛。相談者は45歳の女性。実家で長年引きこもっている弟に関して悩んでいることがあるという。

 42歳に至る現在まで、ほとんど働いたことのない弟。20代の頃、実家を出てひとり暮らしをはじめたものの、パチンコにハマッて家賃は滞納するわ、カードローンに手を出すわ。結局、自己破産してしまい、その後、まったく仕事をしていないのだ。

 相談者自身は1年ほど前に結婚して実家を出ていおり、現在は父(72)、母(72)、姉(46)、弟が実家で同居中。そして問題の弟は、両親、姉の預金通帳や財布からちょくちょく金を抜いて、パチンコや酒に使ってしまっているという。

 絵に描いたようなダメ息子だが、ここまで行かないまでも、ロクに親孝行できていないリスナーたちには耳が痛い話だったんじゃないだろうか(ボクも)。

 「弟をもう一度、立ち直らせたいんですけども、どうしたらいいでしょうか?」

 聞いているといろいろな感情がモヤモヤとわき上がってくる弟のダメっぷりを、気持ちよくぶった切ってくれることを期待したが、アドバイザーのマドモアゼル・愛(こんな名前だけどおじさん)は意外な方向に斬り込んできた。

 「『こういう風に大変な状態なので、何か良い方法ありますか?』っていう。もちろんね、お気持ちは分かるけれども、無理だって分かるよね?

テレフォン人生相談 相談者は45歳の女性。実家で長年引きこもっている弟に関して悩んでいる。問題の家庭環境を図解する イラスト/北村ヂン

 無理って……それ言っちゃったら身も蓋もないじゃん!? 相談者も「うん……まあ……」と涙声になってしまう。しかし、マドモアゼルは決して、突き放したわけではなかった。

 「全ての問題が、ひとりの問題行動を起こす人に原因があると思っちゃうけれども、果たして本当でしょうか?」「家族の病理があると思いませんか?」

 この家族は弟とも、各自の持つ問題とも向き合うことをせず「自分たちはいいけど、アイツがダメだ」と、問題を全て弟に押しつけて消極的にまとまってしまっているのだと指摘する。

 「アナタだけがこの家族から離れられたから、余裕を持ってこういうことをしゃべっているんです」「余裕を持って泣けるんですよ、当事者ではないから」

 「……そうなんです」思いっきり腑に落ちた様子で、ボリュームの調整が追いつかないくらい大きな声で応える相談者。

 「お姉さん(相談者)しか動く人、いないんです」病理に取りつかれた家族から離れ、唯一、辛うじて幸せになれた人だからこそ、「家族自体に問題がある」ということを理解できるはずだと迫る。

 「あの先生、私……この電話切り終わりましたら、家族に問いかけてみたいと思います」

 この回を聞きかえしてみると、前半と後半で相談者の声のトーンが明らかに変化している。前半はある意味、傍観者の立場で「実家が大変なんですよねぇ〜」的なしゃべり方をだったのが、後半では一歩踏み出し、当事者となる決心をしているのが声からも伝わってくる。

問題の本質をズバーンと言い当てる人生相談芸にシビれた!

 人生相談の方法論として、とにかく相手に共感して、愚痴を聞いてやって、ガス抜きしてやるというパターンがあり、「テレフォン人生相談」でもしばしば使われている。しかし、やはりシビれるのは、相談者本人ですら気付いていなかった問題の本質をズバーンと言い当てるキレキレのアドバイス。この回では、マドモアゼル・愛の巧みな人生相談芸を堪能させてもらった。

 ただ、肝心の「弟は財布からいくら抜いていたのか」について、具体的な言及がなかったのが残念。

 1000円、2000円というレベルなのか? 数万、数十万円、もしくはそれ以上の単位なのか……? その程度によって「ひょえーっ! ○○万円もー!?」などと、感情の入れ具合が変わってくるので、ディテールはしつこく聞き出してほしかった!

北村ヂン

文章からイラスト、漫画、映像まで、あの手この手でインターネットのみなさんのご機嫌をうかがうハイパーメディアライター Twitter

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2205/18/news184.jpg 「コアラのマーチを振り続けると巨大チョコボールになる」衝撃の豆知識が話題に → 実際やってみたら想像以上にハードだった
  2. /nl/articles/2205/19/news007.jpg 井戸に2日間閉じ込められた子猫を救助 そばで待っていた母猫との再会に感動する【インド】
  3. /nl/articles/2205/19/news044.jpg 味の素のレシピ“豚ひき肉かたまり焼き”あまりのシンプルさで突如人気に 「助かる」「時短、簡単が超ありがたい」
  4. /nl/articles/2205/17/news099.jpg 「志摩スペイン村」微塵も人がいないのに突如トレンド入り 「にじさんじ」周央サンゴの“正直すぎるレポ”で話題に
  5. /nl/articles/2205/19/news128.jpg リトル長友佑都!? 平愛梨、不機嫌な長男が“パパ似”だと話題 「試合中の眼差しにそっくり」「話し方もそっくりでビックリ!!」
  6. /nl/articles/2205/08/news007.jpg 上履きを学校に忘れ続ける息子→「そこで母は考えた」 簡単にできる対策アイデアに「天才だわ」と1万9000いいね
  7. /nl/articles/2205/19/news135.jpg 「米津玄師に負けた!」ウルトラマンファンが“強火歌詞”にもん絶 解釈強度に「悔し泣き」「映画見てから聞いて感動」の声続出
  8. /nl/articles/2205/18/news018.jpg お姉ちゃんの新居に行けないと分かった柴犬、落ち込んで…… お尻で語るいじけ方が切ないけどかわいい
  9. /nl/articles/2205/19/news178.jpg 杉浦太陽、俳優の弟たちと旧自宅のバルコニーを大改装 劇的リフォームも「なんか見た事あるなこの光景…」
  10. /nl/articles/2205/19/news076.jpg 知人やママ友に「これ作ってくれる?」と言われたハンドメイド作家→商品の値段を伝えると…… 切ない“作家あるある”に共感と応援の声

先週の総合アクセスTOP10

  1. 人気動画ジャンル「ゆっくり茶番劇」を第三者が商標登録し年10万円のライセンス契約を求める ZUNさん「法律に詳しい方に確認します」
  2. 華原朋美、“隠し子”巡る夫の虚言癖に怒り「私はだまされて結婚」 家を飛び出した親に2歳息子も「もうパパとはいわなくなりました」
  3. フワちゃん、指原莉乃同乗のクルマで事故 瞬間を伝える動画が「予想の10倍ぶつけてる」「笑い事ではない」と物議
  4. 「ゆっくり茶番劇」商標取得者の代理人が謝罪 「皆様に愛されている商標であることを存じておらず」「爆破予告については直ちに通報致しました」
  5. YOSHIKI、最愛の母が永眠 受けた喪失感の大きさに「まだ心の整理ができず」「涙が枯れるまで泣かせて」
  6. 「ディ、ディープすぎません?」「北斗担、間違いなく命日」 “恋マジ”広瀬アリス&松村北斗、ラストの“濃厚キスシーン”に視聴者あ然
  7. 有吉弘行、上島竜兵さんへ「本当にありがとうございますしかなかった」 涙ながらの追悼に「有吉さんが声を詰まらせるとは」
  8. 岩隈久志、高校卒業式でドレスをまとった長女との2ショットが美男美女すぎた 「恋人みたい」「親子には見えません」
  9. キンコン西野、勝手に婚姻届を出される 「絶対コイツなんすよ」“妻になりかけた女性”の目星も
  10. 子猫のときは白かったのに→「思った3倍柄と色出た」 猫のビフォーアフターに「どっちもかわいい!」の声