ニュース
» 2019年04月09日 18時23分 公開

有名な「光を指さす2人のオタク」の写真、「正面からのアングル」を本人が公開 コスプレの完成度が分かる1枚

「奇跡の1枚」として拡散されていた写真ですが、本来の趣旨は「こみっくパーティー」のコスプレでした。

[沓澤真二,ねとらぼ]

 ネットで長年拡散されてきた「イベント会場で光を指さす2人のオタク」の写真の、「正面から撮ったバージョン」を、写っている本人が公開して話題を呼んでいます。本来の趣旨が分かる、良いコスプレ写真だ……。


背面 有名な後ろ姿

正面 正面だと元ネタのゲーム「こみっくパーティー」のワンシーンにそっくり

 もともとの写真は2000年ごろ、投稿主のたむろさん(@tamuro_g/写真左)と、すましさん(@sumashisan/写真右)が東京ビッグサイトで撮影したもの。会場の奥を指さすようポーズをつけていたところ、偶然にも神々しい光が射しこみ、いつしか「オタクをドラマチックに撮った1枚」として広まるようになったようです(関連記事)。


 もともと2人が撮ろうとしていたのは、「オタクネタ」を積極的に取り入れたゲームの先駆けともいわれる「こみっくパーティー」の登場人物、「銃王子鶴彦(じゅうおうじつるひこ)」と「横蔵院蔕麿(おうぞういんへたまろ)」のコスプレ。今回公開された「正面バージョン」は、同作のワンシーンそっくりで、本来の趣旨がよく分かります(参考:Google画像検索)。


 撮影から20年近くがたち、横蔵院にふんしたすましさんは闘病の末、2017年に亡くなっています。写真の掲載についてたむろさんに問い合わせたとき、「自分たちがコスプレをしている理由の1つが『他人に喜んでもらいたい』なので、“お涙ちょうだい”は勘弁してください。どんなになっても笑われたいのです」と要望されたのが印象的でした。

画像提供:たむろさん(@tamuro_g



Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.