ニュース
» 2019年04月09日 17時53分 公開

鍵付きだから傘泥棒には開けない! ビニール傘を「ダイヤル錠付き」に改造する天才現る

これは欲しい。

[戸部マミヤ,ねとらぼ]

 ちょっと目を離した隙に傘を盗まれた! ……外出先で遭う「傘の盗難」ほど悲しく腹立たしいアクシデントはありません。しぶしぶ新しい傘を購入しながら「なんで自分が……!?」と心中穏やかじゃない思いを経験した方も多いのではないでしょうか。

 心ない傘泥棒たちから奪われないために、大学生のSuperCarbonU(@MidGdUs067gGmCU)さんが改造した「ダイヤル錠付き傘」が注目を集めています。


ダイヤル錠付き傘 持ち主以外には開けない


 「盗まれない傘」というタイトルで投稿された動画には、自作のダイヤル錠付き傘を使う様子が収められています。傘を開閉するための留め具がダイヤル式になっており、持ち主以外には開くことができません。見た目もスマートで使いやすそう!


ダイヤル錠付き傘 誕生日を想定した4連のダイヤルロック

ダイヤル錠付き傘 テプラやシールを貼るより見た目もスマート

 製作者のSuperCarbonUさんによれば、制作期間は春休みの1カ月間。傘本体に使われているのは市販のビニール傘ですが、ダイヤルロックはパーツから手作りしたとのこと。「ダイヤル部分は塩ビやプラスチックなどのパイプを使用して制作」「既存の傘の機能を維持しながら機構を埋め込むのが難しかった」と言います。

 また動画公開後に寄せられた「使えないだけで盗まれることもあるのでは?」といった指摘に対しては、「多数のご指摘があった通りこの傘は盗もうと思えば簡単に盗めます。傘泥棒が盗むのはその場で使える傘が必要な瞬間です。その瞬間に傘を使えなくすることで盗まれる標的にされにくいという想定でこの傘を作成しました」とコメント。「南京錠や鍵、傘の取っ手などを持ち歩かずに傘の防犯対策を行った」という制作の狙いも明かしました。

 ツイートには「特許申請したら金持ちになれる」「何が悲しいかってこんなアイデアで傘作る程に傘の盗難が多いって事」といった反応が多数寄せられ、傘の盗難が広く問題視されていることが分かります。

画像提供:SuperCarbonU(@MidGdUs067gGmCU)さん




Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.