ニュース
» 2019年04月09日 18時23分 公開

クラウドワークス「個人の誹謗中傷に関する記事作成案件」を掲載停止に ネットでは「羽生結弦選手の中傷依頼」が物議

「このバイト最低ですね…」「許せない」など批判の声があがっていました。【追記】

[ねとらぼ]

 クラウドワークスは4月9日、「個人の誹謗中傷に関する記事作成の案件」について、ガイドラインに基づき掲載を中断したと発表しました。掲載を中断した具体的な案件の内容は不明ですが、インターネット上では3月下旬ごろから「羽生結弦選手を中傷するアルバイト」の存在が指摘され、物議をかもしていました。



 クラウドワークスの規約では、「プライバシー権、肖像権、名誉、信用その他他人の権利を侵害し、損害を与えるような仕事」を禁止しており、今回の措置はこれに基づいたもの。併せて、今後も同様の案件が掲載された場合には「即座に掲載を中断いたします」としています。

 クラウドソーシングサイトにおける誹謗中傷依頼を巡っては、J-CASTニュースが4月3日に「『“羽生選手”“キモすぎ”で記事書いて』 氾濫するトレンドブログ求人、仲介業者も対応強化へ」との記事を掲載し大きな話題に。そもそもの発端はあるTwitterユーザーが投稿した、クラウドソーシングサイトの求人募集画面とみられるキャプチャ画像で、依頼主は羽生選手について厳しい意見を投稿するよう求めるとともに、一方では別のフィギュアスケート選手について好意的な意見を書くよう依頼していました。

 この画像の真偽については不明ですが、ネット上ではこれを受け、「このバイト最低ですね…」「許せない」など物議をかもす形に。その後J-CASTニュース編集部が調べると、クラウドワークス上で類似の依頼を発見。さらに「羽生結弦」で検索したところ、羽生選手に関する記事執筆依頼案件が、終了分も含めると100件以上見つかったそうです。



クラウドワークス 「羽生結弦 キモすぎ」などで検索するとヒットするトレンドブログの1つ(モザイク加工は編集部によるもの)

 クラウドワークスは併せて、もしもこうした案件を発見した場合には「お手数ですがPCサイトの仕事詳細画面にある『この仕事を通報する』より事務局までお知らせください」と呼びかけています。

 なお当初話題になった画像によると、当該案件の報酬は、ブログ記事が10本で200円、記事や動画へのコメント入力は1件あたり25〜150円などとなっていました。


【4月9日22時00分追記】一部表現を修正いたしました
【4月10日12時30分追記】表現修正について理由を記載すべきとの意見をいただいたため、追記にて説明いたします。本記事はもともと「クラウドワークスの発表」と「誹謗中傷依頼に関するJ-CASTの報道」という事実2点を並べて執筆したものになります。発端となった書き込みについては真偽不明であったため断定を避けたつもりでしたが、こちらの表現の不備により一部で誤解を招く書き方になっておりました。現在はこれを踏まえ、記事の一部表現を修正しております。また記事について、特定のフィギュアスケート選手を貶める、あるいは持ち上げる意図があって書かれたのではないかとの指摘もいただいていますが、そのような意図はありません。



Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

先月の総合アクセスTOP10

  1. 田中将大、石川佳純ら卓球女子との集合ショットに反響 「夢の共演」「どちらから声を掛けたのか気になる」
  2. 田中将大の五輪オフショット集、最後は柔道・阿部詩との2ショットでシメ! “モテ男”の期待裏切らず「美女好きですね〜」
  3. 「マジで恥ずかしいです」 中川翔子、数年ぶりの“水着披露”に恥じらいつつもマネジャー大絶賛「スタイルめっちゃいいすね!」
  4. 里田まい、楽天ユニフォーム姿の長男に「違う、そうじゃない」 父・田中将大選手そっちのけの推し愛にツッコミの嵐
  5. 野々村真、動画で退院を報告 やつれた姿に衝撃広まる「コロナがより怖くなった」「ガリガリで衝撃を受けたわ」
  6. 「薬を問われ、アル中だと言われ」 西山茉希、“うわさ”ささやかれる痩せ体形に「懸命なもんでご了承願います」
  7. 柴犬「メシ、よこさんかーい!!(激怒)」 ごはんを忘れた飼い主に皿をぶん投げる柴犬、荒ぶる姿に「爆笑した」
  8. レイザーラモンRG、コロナ療養で“10キロ減”を告白 「顔が変わっちゃいました」とやつれた姿で復帰報告
  9. 海外記者「最高のコンビニアイスを発見した」 森永チョコモナカジャンボ、ついに世界に見つかってしまう
  10. 「ついついキレイな部分ばかり載せたくなりますが」 小倉優子が公開したインスタの“現実”に「勝手に親近感が」「共感しかない」