ニュース
» 2019年04月09日 18時50分 公開

新紙幣デザイン「額面数字のフォント」にTwitterで賛否 ゴシック風に「日本らしくない」「ダサい」

政府が公開した、新しい1万円、5000円、1000円紙幣のデザイン――ユニバーサルデザインとして額面数字が大きくなっただけでなく、フォントにも大きな違いが。

[ねとらぼ]

 4月9日に政府が公開した、新しい1万円、5000円、1000円紙幣(日本銀行券)のイメージについて、Twitterでは「額面数字のフォント」が賛否両論を巻き起こしています。トレンドワードには「フォント」「数字のフォント」が入る事態に。

新しい1万円紙幣のイメージ(財務省より

現行の1万円紙幣。額面数字の大きさだけでなく、フォントも大きく違う(日本銀行より

 新紙幣は各券種をより識別しやすくするため、裏表ともに額面数字が従来よりも大きくなっています。しかし公開されたイメージの額面数字はサイズが大きくなっているだけでなく、フォント(書体)の雰囲気にもずいぶんと違いが。これまではどちらかというと縦線と横線の太さが異なり、止め・はねが意識された、明朝体寄りのフォント。新紙幣イメージでは、太さが均一な、ゴシック体寄りのフォントとなっています。

新5000円札紙幣のイメージ

現行デザイン

新1000円札紙幣のイメージ

現行デザイン

トレンド入りした「フォント」

 Twitterでは「数字のフォントどうにかならんか……」「10000の数字のフォントに品位が無い」「すげぇダサい」「日本らしくない」と額面数字のフォントに反感を抱く声が。もともと明朝系はゴシック系に比べ厳格なイメージを受けるフォントなので、従来のデザインに慣れ親しんだ人からすると素っ気なく感じるのかもしれません。また「千円」「五千円」「日本銀行券」といった漢字が隷書や明朝系であるため、フォントに統一性がないという批判意見もあがっています。

 一方で賛成意見もあり、1万円札と1000円札とでは額面数字の「1」に若干の違いがあることから「よく考えられている」という声も。「現行のお札だと色が似てて区別がつかなかったんだけど、フォントが違う、色が違うですごい覚えやすいな」と“金額の違いのわかりやすさ”を歓迎する人もいます。

ねとらぼ調査隊のアンケート結果

 なお、ねとらぼ調査隊が新紙幣のデザインについて「見える化エンジン 瞬足リサーチ」でアンケート集計したところ(集計期間:2019/04/09 17:37〜18:10、有効回答数:138)、「普通だった」がもっとも多く37.0%。「あまり良くなかった」「良くなかった」が43.5%、「良かった」「とても良かった」が12.3%と、やや否定派が多い結果となりました。

 ただし今回公開されたデザインはあくまでイメージ。財務省も公式サイトで「ホログラムをはじめ図柄等の細部については、今後、検討の上、決定予定」と仮決定であり、変更する可能性も示唆しています。1万円札は福沢諭吉から渋沢栄一へ、鳳凰像から東京駅(丸の内駅舎)へ、と図柄の変更に注目が集まっていますが、最終的にフォントはどのようになるのかも気に掛けたいところです。刷新は2024年度上半期を計画しています。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2205/25/news162.jpg この写真の中に1人の自衛隊員が隠れています 自衛隊が出したクイズが難問すぎる……「答え見ても分からない」と人気
  2. /nl/articles/2205/28/news020.jpg 「トップガン」はなぜ「トップガン」なのか? 「トップガン マーヴェリック」でオタクが悲鳴を上げ歓喜した理由
  3. /nl/articles/2205/28/news071.jpg 幸せそうな顔だ! 久慈暁子、結婚発表後初のインスタ更新で夫・渡邊雄太見守る観戦中の笑顔ショット公開
  4. /nl/articles/2205/27/news130.jpg 鳥居みゆき、キャンプを楽しむ1枚に青白い顔 “ホラー風”ショットに「全く知らずに見たら怖すぎる」
  5. /nl/articles/2205/27/news012.jpg 利害が一致した柴犬&子猫コンビ “ごはん”のときだけ息が合う姿に「見事なシンクロw」「笑っちゃいました」の声
  6. /nl/articles/2205/28/news068.jpg 胃がんステージ4のバレー代表・藤井直伸、清水邦広&福澤達哉と再会ショット つらい治療の中で「最高の薬です!」
  7. /nl/articles/1809/23/news019.jpg 炊飯器いっぱいに炊けまくった米…! 「5.5合炊いて」が生んだ悲劇に「全米が泣いた」「笑いすぎてしんどい」
  8. /nl/articles/2205/28/news065.jpg 漫画家急病でセクシーな女性がサツマイモの画に 「単行本では必ず修正します」
  9. /nl/articles/2205/27/news033.jpg 禍々しい136体の妖怪像が話題 学芸員が「なんのために作れられたのか不明」「類例は見つからず」という造形物が謎すぎる
  10. /nl/articles/2205/28/news063.jpg ともさかりえ、「キンキーブーツ」応援で“一方的な攻撃”受ける 根拠もないうわさで「金田一の頃も苦しめられた」

先週の総合アクセスTOP10

  1. 誰にもバレずに20年 別荘を解体中にバスルームから“とんでもないモノ”が見つかる 「わけがわからない」と困惑
  2. 「チコちゃん」マナー講師が炎上で、エガちゃんの株が上がってしまう 「エンタメの見本」「エガちゃんはやっぱり偉大」
  3. 「だめだお腹痛い」「大爆笑しました」 榎並大二郎アナ、加藤綾子に贈った“ガチャピン人形”が悲惨な姿になってしまう
  4. ジャガー横田、愛車・BMWが高速手前でエンスト 九死に一生も原因不明の故障に「新車でまだ一年半なのに…」
  5. 「志摩スペイン村」微塵も人がいないのに突如トレンド入り 「にじさんじ」周央サンゴの“正直すぎるレポ”で話題に
  6. キンコン西野、“勝手に出された婚姻届”にまさかの展開 証人欄にはお世話になっている「森田一義って名前が」
  7. 「ゆっくり茶番劇」商標取得者の所属コミュニティーが声明 商標権の完全放棄を要求
  8. 中村江里子、174センチの長女&181センチの中学生長男に驚く声 「足ながっ!!」「モデルになれそう」
  9. 「志摩スペイン村」がトレンド入り→公式ホテルの予約が急増とさらなる展開へ 広報「すごいことが起こっているぞと思った」
  10. 華原朋美、デザイン手掛けた黒ミニドレスを披露 「本当に痩せて綺麗になって」「全てが可愛すぎました」と反響