コラム
» 2019年04月09日 20時00分 公開

もう2019年だから「恋愛やデートで男性にリードされたい」と言いづらい。でも本心はリードされたいジレンマ問題について(1/2 ページ)

男性だってリードされたいのでは説。

[しげる,ねとらぼ]

 「恋愛についてなんか書いてみませんか?」とねとらぼの人に頼まれた。より正確に言えば、恋愛を含む男女間のモヤッとしたもろもろについて書きませんか、という話である。

 自慢ではないが、おれはほとんど女性と付き合った経験がない。ゼロではないが、最後にちゃんと「付き合った」と言える人間がいたのは、もうかれこれ10年ほど昔のこと。あの時生まれた子どもが、今や立派な小学生なのである。その間、おれに浮いた話はほとんどなく、多少のさざ波めいたものが立つことはあったものの基本的には常に凪。ベッタベタの凪である。ボヤッと一人でオモチャを買い、プラモデルを作って過ごしてきた。

 しかもインターネットで恋愛は大人気コンテンツである。考えてみれば衣食住と同等くらいに一般的な話題なんだから、人気があるのは当たり前だ。おれが普段メインフィールドにしているプラモだフィギュアだオモチャだという話題(おれは一応、普段はそういう分野でライターめいた仕事をしているのである)とは、相手にしている人口が違う。ネットには恋愛コラムニストがサメのように泳ぎ回り、悩み相談をしたり持論を書いたりして暴れまわっている。レッドオーシャン以外の何物でもない。

 恋愛経験ほぼゼロの人間がそこに突撃して何か書くというのは、なかなか無法なことである。なんせおれは恋愛に関して、決定的に実戦経験が不足している。「通信空手だけで練習して、UFCで優勝してください!」と言われているに等しい。しかし、例え通信空手だとしても、ひょっとしたらラッキーパンチが入るかもしれない。ということで、引き受けるだけ引き受けてしまったのだった。

どっちがリードするのか問題 今回のお題は「男女間でどっちがリードするのか問題」

永遠の謎、男女どっちがリードするのがいいのか問題

 で、今回のお題は「男女間でどっちがリードするのか問題」である。リード……リードか……。これまた自慢ではないが、おれはリードやエスコートの類をまともにこなせたことがない。一応まあ、予定を組み立てて相手とすり合わせ、現地で落ち合う……くらいのことはできる。しかし、現場での不慮の事故や細かい部分の詰め不足、途中でどうしてもオモチャ屋に寄りたくなって脱線する、つい酒を飲みすぎるなどなど、当初の段取り通りにいったことはほとんどない。さらに長期的な関係をリードするということになると、これはもうほぼ未知の領域、どうやったらいいのかなんもわからん作業である。

 聞くところによると、この「どっちがどう関係をリードするのがいいのか」という問題、女性でもそれなりに悩んでいる人が多いそうである。いろいろ問題はあるものの、現代は基本的に男女同権。かつては「妻は夫の三歩後ろを歩くものである」と言われ、女性は男性に引っ張られて行動すると相場が決まっていたかもしれないが、今そんなことを真顔で言ったら正気を疑われる。

 しかし、「男=リードする側」「女=リードされる側」という枠組みが取っ払われた結果、「どっちがどうリードしてもいい」というなんでもありな状況になってしまった。

 もう2019年、新元号だって発表されたのに、「女性はリードされるもの」と思っているのは実際どうかと思う。だがしかし、本音を言えばリードはされたい、されてみたい。でもそんなことを言ったら「もう2019年ですけど?」と言われそうだし、何より自分が納得できない。しかしリードはされたい……。そういう悩みがある女性はけっこういるのだ、とねとらぼの人が言っていた。

 由々しき事態である。だがしかし、考えてもみてほしい。かつては男がリードするものと相場が決まっていたが、では実際問題、リードしたくて自発的に段取りを仕切りまくっていた男性がどれほどいたのだろうか

       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2205/21/news063.jpg 北斗晶、長男結婚で嫁・門倉凛と“親子デート”を満喫 「娘が欲しいと思ってた」と念願叶ってウキウキ
  2. /nl/articles/2205/20/news170.jpg 「だめだお腹痛い」「大爆笑しました」 榎並大二郎アナ、加藤綾子に贈った“ガチャピン人形”が悲惨な姿になってしまう
  3. /nl/articles/2205/20/news183.jpg 博麗神主・ZUNさん「ゆっくり茶番劇」商標登録騒動について見解 「東方」二次創作としての「ゆっくり茶番劇」使用は問題なし
  4. /nl/articles/2205/20/news123.jpg 「ゆっくり茶番劇」商標取得者の所属コミュニティーが声明 商標権の完全放棄を要求
  5. /nl/articles/2205/04/news030.jpg 門倉凛、北斗晶の長男との“初夫婦ショット”が超お似合い 「絵になる」「末永くお幸せに」と祝福の声
  6. /nl/articles/2205/21/news005.jpg おやつを前にした柴犬が「ちっちゃくしてください……」と猛アピール 飼い主に全力で甘える様子がかわいい
  7. /nl/articles/2205/20/news134.jpg 壮大なフリだったのかよ……! ピース綾部、ついに明かした5年間の“渡米の真実”に「最初の計画は失敗です」
  8. /nl/articles/2205/19/news169.jpg 「志摩スペイン村」がトレンド入り→公式ホテルの予約が急増とさらなる展開へ 広報「すごいことが起こっているぞと思った」
  9. /nl/articles/2205/21/news062.jpg 「ゆっくり茶番劇」商標取得の柚葉さん、所属コミュニティーから「無期限の会員資格停止」処分 権利放棄の報告も?
  10. /nl/articles/2205/21/news065.jpg 名画「牛乳を注ぐ女」を3Dモデル化してみたら……? 高度なCG動画が破壊力抜群で牛乳噴きそう

先週の総合アクセスTOP10

  1. 人気動画ジャンル「ゆっくり茶番劇」を第三者が商標登録し年10万円のライセンス契約を求める ZUNさん「法律に詳しい方に確認します」
  2. 華原朋美、“隠し子”巡る夫の虚言癖に怒り「私はだまされて結婚」 家を飛び出した親に2歳息子も「もうパパとはいわなくなりました」
  3. フワちゃん、指原莉乃同乗のクルマで事故 瞬間を伝える動画が「予想の10倍ぶつけてる」「笑い事ではない」と物議
  4. 「ゆっくり茶番劇」商標取得者の代理人が謝罪 「皆様に愛されている商標であることを存じておらず」「爆破予告については直ちに通報致しました」
  5. YOSHIKI、最愛の母が永眠 受けた喪失感の大きさに「まだ心の整理ができず」「涙が枯れるまで泣かせて」
  6. 「ディ、ディープすぎません?」「北斗担、間違いなく命日」 “恋マジ”広瀬アリス&松村北斗、ラストの“濃厚キスシーン”に視聴者あ然
  7. 有吉弘行、上島竜兵さんへ「本当にありがとうございますしかなかった」 涙ながらの追悼に「有吉さんが声を詰まらせるとは」
  8. 岩隈久志、高校卒業式でドレスをまとった長女との2ショットが美男美女すぎた 「恋人みたい」「親子には見えません」
  9. キンコン西野、勝手に婚姻届を出される 「絶対コイツなんすよ」“妻になりかけた女性”の目星も
  10. 子猫のときは白かったのに→「思った3倍柄と色出た」 猫のビフォーアフターに「どっちもかわいい!」の声