ニュース
» 2019年04月10日 19時30分 公開

完璧を目指して自分を追い詰めてしまう…… 「できるところからでいいよ」と呼びかける漫画に励まされる

「完璧」ってなんだろう。

[林美由紀,ねとらぼ]

 「完璧」にならなきゃと自分を追い詰めてしまう人に、今できることを誇ろうと呼びかける漫画が30万件を超える「いいね」を集め人気を博しています。


完璧を目指す人へ05 「完璧」とは?

 「完璧にならなきゃ」「完璧になりたい」と思った経験は誰しも一度はあるかもしれません。でも、完璧ってなんなのでしょう。漫画の主人公は「仕事」「付き合い」「努力」真面目」「忍耐」などと書かれたいくつもの箱を高く積み上げ、全てを持てる「完璧な人」を目指しています。しかし、時にはバランスを崩し、その箱を落としてしまうことも……。

 「完璧」とは、積み上げた理想にそういう名前をつけただけのことかもしれません。完璧の定義は自分の中にしかないのです。完璧の定義を高く積み上げる人ほど、崩れたときに自分を嫌いになりやすいと、作者は語ります。


完璧を目指す人へ01 「何においても欠点がない様」は確かに完璧かもしれないけれど……


完璧を目指す人へ02 「完璧」なんてフィクションの世界なのかもしれない


完璧を目指す人へ03 自分ができるところから。少しずつ。

 全てが崩れてしまった後、「自分で安定して持てる量を持ってみなさい」というアドバイスを受けて、主人公がたくさんの箱の中から持ったのは「あいさつ」と「笑顔」。たったこれだけしかできないと考えるのではなく、それが自分の「最強」。今は自分の持つ「最小限の最強」に誇りを持ってほしいと結んでいます。理想を持つことは大切ですが、まずは自分の持てる箱から持つ、つまり自分のできることからやり、これでいいんだと自分を認めてあげることが重要なんですね!


完璧を目指す人へ04 最小限の「最強」を誇りましょう

 「完璧」の定義を決めるのも自分、追い込むのも自分ですが、自分を認めてあげられるのもまた自分。新年度が始まり、環境の変化に戸惑うことがあれば、この漫画を読み返してみてくださいね。

 読者からは「最小限の最強という言葉が好き」「たったこれしかできないじゃなくこれもできると思うことが大切」「もっと早く知りたかった」「他者でなく過去の自分と比較するといい」など共感する声が届いています。

 作者は夏ノ瀬いの(@stylish_gorilla)さん。アイスムで「夏ノ瀬いの、日常実録リアル漫画」を連載中で、自身の追い詰められた体験をもとにした書籍『「もう頑張れない」って言ったって、君の価値は下がったりしない』を刊行しています。

画像提供:夏ノ瀬いの(@stylish_gorilla)さん


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  2. Excel上で「ドラクエ3」を再現した勇者に「最大の変態」「控えめに言って天才」と称賛 一体どうやって?
  3. 「降板を言い渡されて……」 小林麻耶、「グッとラック!」でのいじめを“笑顔”で主張 事務所とも突然の契約終了
  4. オンラインクレーンゲーム「トレバ」、景品獲得されそうになると“スタッフが裏操作”していたと発覚 被害者と運営会社を取材
  5. 加藤紗里、カフェ店員の前でパンケーキをたたきつぶす 衝撃動画に「これは笑えない」「何がしたいのか分からない」
  6. 保護した子ネコに「寂しくないように」とあげたヌイグルミ お留守番後に見せた子ネコの姿に涙が出る
  7. 「落選が内定」と開き直る金爆に「不甲斐ない」とAKB、謝罪する演歌歌手も 紅白出場逃した歌手の嘆き
  8. タイツメーカーのアツギ、「タイツの日」PRイラストで炎上 絵師25人以上とコラボ 「性的搾取」など関連ワードがTwitterトレンド席巻
  9. 「とうとうその日が来た」 AKB48、紅白落選で衝撃 メンバーは“言い訳のできない現実”を受け止める
  10. Koki,&cocomi、若かりし父・木村拓哉とのラブラブショットで48歳バースデーを祝福 「いつまでもカッコイイ父上でいてください」