ニュース
» 2019年04月11日 21時54分 公開

日本年金機構、SNSで差別投稿繰り返していた元事務所長を制裁処分に 「停職2カ月」にネットでは「甘すぎる」との声も

男性のアカウントでは以前から、特定の国や国会議員を指した過激なヘイト発言が繰り返されていました。

[ねとらぼ]

 日本年金機構は4月11日、勤務時間中も含め、個人のSNSアカウントで不適切な投稿を繰り返していた、前世田谷年金事務所長(50代男性)を同日付けで停職2カ月の制裁処分としたことを発表しました



 男性のアカウントでは以前から、特定の国や国会議員を指した過激なヘイト発言が繰り返されており、一部では有名な“ネトウヨ”アカウントとして問題視されていました。アカウントは匿名だったため誰が投稿しているのかは不明でしたが、個人的な投稿を誤ってTwitterに投稿したことがきっかけで“中の人”が特定される流れに。アカウントの持ち主が世田谷年金事務所の所長であったことが分かると、ネット上では「信じられない」と衝撃が広がっていました。


日本年金機構 男性のTwitterアカウント(現在は削除済み)

 騒動後、日本年金機構は3月25日時点で男性を更迭、現在は本部人事部付となっていましたが、あらためて制裁処分が下された形。なお停職期間終了後の復職時には、「人事上の措置として降格を行う」としています。

 日本年金機構は今回の騒動を受け、「このような事態が生じたことは、誠に遺憾であり、深くお詫び申し上げます」と謝罪。また今後は再発防止のため、全職員を対象に注意喚起や研修を行うなど、規範意識の向上に努めていくとのこと。しかし今回の処分についてネット上では「甘すぎる処分」「停職2カ月だけとかまじふざけんな」など、不十分ではないかといった声もみられています。


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.