ニュース
» 2019年04月12日 13時25分 公開

ヤフー社員、小学館漫画アプリを不正に改変した容疑で書類送検 ヤフー「疑いが事実であれば大変遺憾」

[ねとらぼ]

 小学館の漫画アプリ「マンガワン」のシステムを不正に改変し、閲覧できる制限時間を引き延ばした疑いでヤフーの男性社員(25)が警視庁渋谷署に書類送検されたと報じられている件について、ヤフーはねとらぼ編集部の取材に対し「事実確認を進めていますが疑いが事実であれば、大変遺憾であり、厳正に対処する予定であります」とコメントした。

ヤフー社員が不正に改変したと容疑がかけられているマンガアプリ「マンガワン」

 「マンガワン」は小学館が2014年から提供しているスマホ向けアプリ。漫画作品を常時100タイトル以上配信しており、毎日8話まで無料で読め、さらに読みたい場合は課金する仕組みとなっている。

「マンガワン」トップページ

 この無料で読める制限時間を、システムの改変によって16万時間超にまで引き延ばしたとして、12日に渋谷署がヤフー社員を私電磁的記録不正作出・同供用の疑いで書類送検したと各紙が報じている。共同通信によれば、社員は不正の手口を自身のブログで公開していたという。

 ヤフー広報室は書類送検について、「事実確認を進めていますが疑いが事実であれば、大変遺憾であり、厳正に対処する予定であります。また、ご迷惑をおかけした出版社ならびに関係者の皆さまに対し深くお詫び申し上げます。今後このようなことが無いよう、社員教育を徹底してまいります」と今後の対応について答えた。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.