ニュース
» 2019年04月13日 18時20分 公開

郵便物に書かれている「カスタマバーコード」に注意 うっかりやりがちな「住所バレ」

多くの人が知らなかったようです。

[宮原れい,ねとらぼ]

 郵便物に書かれている「カスタマバーコード」に郵便番号・番地・部屋番号といった情報が含まれているとして、SNSに写真を投稿する際に注意するよう呼びかけるツイートが話題になっています



 カスタマバーコードとは、住所と一緒に印字された細長い模様のようなバーコードで、郵便物の「宛先」の情報が盛り込まれています。そのため、自分宛に届いたダイレクトメールなどを仮に写真に撮ってアップする場合、文字部分だけでなく、このカスタマバーコードにもモザイクをかけたりしないと住所がバレてしまう可能性があります。


郵便物 写真 アップ バーコード 注意喚起 住所 バレ 赤線の部分が「カスタマバーコード」

 また、ネットに投稿する場合だけでなく、郵便物を破棄する際に個人情報を消したい場合には、やはりカスタマーバーコード部分も消したりシュレッダーにかけたりした方が良いでしょう。

 ちなみにこのカスタマバーコードは専用のアプリなどで読み取れるほか、バーコードの生成と処理について公開している日本郵便の公式サイトを見れば分かるようになっています。


郵便物 写真 アップ バーコード 注意喚起 住所 バレ カスタマバーコードリーダーアプリで読み取った結果

 Twitterでは「知らなかった」「これはこわい」と衝撃を受ける声が寄せられ、注意喚起として拡散されています。郵便物に限らず「飛行機の搭乗券」など、個人情報と一緒に印字されているバーコードやQRコード、数字などによる識別コードなどには注意した方がいいという声も。こうした画像を投稿する際は、くれぐれも気をつけるようにしましょう。



画像提供:仲村かめお(@nakamura_cameo)さん



Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.