ニュース
» 2019年04月16日 11時55分 公開

仏ノートルダム大聖堂、焼け落ちる 「修復には数十年」の声も

なんてこった。

[ねとらぼ]

 フランス・パリのノートルダム大聖堂で大きな火事があり、屋根の3分の2が焼け落ちるなど、大きな被害が出ています。


仏ノートルダム大聖堂、焼け落ちる 「修復には数十年」の声も 尖塔が崩れ落ちる様子(地元紙ル・パリジャン公式YouTubeより

 地元紙ル・パリジャンによると、火事があったのは4月15日の19時前(日本時間16日2時前)。大聖堂の尖塔はその約1時間後に焼け落ちました。火はまだ消し止められておらず、現地では消火を見守るたくさんのパリ市民の様子が確認できます。



 パリ消防によると、2つの塔と主要な建造物は残っているとのこと。現地に駆け付けたマクロン大統領は「最悪の自体は回避できた」と語り、「ノートルダム大聖堂を再建する。大聖堂はフランスの運命の一部。国家基金を開始し、国内外から支援を呼びかける」とコメントしています。

 ノートルダム大聖堂の修繕を手掛けてきたルーブル・ノートルダム財団の代表エリック・フィッシャー氏は修復には数十年を要する可能性があるとの見解を示しています。



 建物だけでなく、貴重な収蔵物への影響も懸念されますが、ノートルダム大聖堂のパトリック・ショーヴェ修道院長は、聖遺物の「茨の冠」「聖ルイのチュニック(tunique de Saint-Louis)」「いくつかの聖杯」などは無事運び出すことができたものの、「大きな絵を運び出すのは不可能だった」とコメント。詳細な被害状況は未報告のため、続報が待たれます。



Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.