ニュース
» 2019年04月19日 11時00分 公開

参加年齢上限なし! 大の大人が本気で戦う「大人のベイブレード大会」が想像以上にガチだった(1/2 ページ)

そんなの絶対面白いじゃん……と思って行ったらホントに面白かった、というレポートです。

[しげるねとらぼ]
※本ページはアフィリエイトプログラムによる収益を得ています

 ベイブレードの大会が開かれるという。そりゃベイブレードだって大会くらいあるでしょ……と思いきや、なんと今回開催されるのは中学生以上限定、参加者の年齢上限なし、初の大人向け公式大会だと、タカラトミーの広報さんが言っている。その名も「G-1バーストカップ 大人のガチンコ大会」。えっ、ということはベイブレードを本気でやってるいい歳の大人の群れが間近で見られるってこと……? 絶対面白いじゃん……。ということで、4月13日の朝、おれは池袋に降り立ったのだった。



人多くね? そして「剛の者」多くね?

 ベイブレードといえば、男児向けホビー玩具の代表格の一つである。ベーゴマをベースに発案された、カスタマイズしたコマをぶつけて勝敗を競うという、見た目だけならシンプルなオモチャだ。1999年の発売以来、第一世代(1999〜)の「爆転シュート ベイブレード」、第二世代(2008〜)の「メタルファイト ベイブレード」、そして第三世代(2015〜)の「ベイブレードバースト」と3つのシリーズが存在し、世界80カ国以上で累計3億5000万個が出荷されたという。「そういえば子どものころに遊んだな……」という人も多いのではないか。

 かれこれ20年も売ってるオモチャなので、そりゃ親子でやってる人とかもいるよな……と思いつつ、会場のサンシャインシティの中を歩いて行くと……。


大人のベイブレード大会

大人のベイブレード大会

 ……人多くね?

 なんか、思ってたより待機列が長い。親子連れもたくさんいるけれど、ベイが詰め込まれたアタッシェケースをギラつかせた「剛の者」感を漂わせている若者やおじさんもチラホラ……。これが全員戦うのか……! 早くもちょっと自分が「ベイブレードをナメていたのではないか」ということに気付く。ていうか、こんなに大人がやってるものだったのか。


ガチ勢からビギナーまで、すさまじい熱気につつまれた会場内

 G-1バーストカップというのは毎回開催されているベイブレード大会の名前。普段の大会は小学生限定で行われるが、今回は中学生以上限定というレギュレーション。つまり親子連れで参加している人たちも、実際に戦うのはお父さんやお母さんの方だ。


大人のベイブレード大会 大会参加者に渡している黄色いベイスタジアムも、この量で待機。一応この大会の参加費は1000円なんだけど、これで元が取れてしまうのでは……と、見ているこちらが心配になる

大人のベイブレード大会

 今回のイベントでは本筋のG-1バーストカップの他、「超Z覚醒撃破チャレンジ」と題して、スタジアム内で電動で回転する(磁石とモーターを使っていて、スイッチが入っている間はず〜っと回る)2つのベイを一個のベイで全部撃破できるかを競う部門がある。こちらで見事2つとも撃破すると、激レアパーツの「炎アマテリオスレイヤー」がもらえるのだ。というわけで、こちらのイベントの方が先に開始。


大人のベイブレード大会 これが「炎アマテリオスレイヤー」(右)。塗装がめっちゃキレイ

こういう感じで戦う。磁石でくっついてるだけあって、やはり強い!

 どのブレーダー(ベイブレードのプレイヤーのことはそう呼ぶ)もなかなか苦戦。そんな中、やたらとガチっぽいグローブをつけている人を発見! めっちゃかっこいい! それ、ちょっと見せてもらっていいですか。


大人のベイブレード大会 こちらが話を聞かせてもらった鈴木さん。手元に注目

 お話を聞かせてもらった鈴木さんは、今年でブレーダー歴4年目ほど。子どもと一緒にベイブレードで遊んでいたらいつの間にかハマってしまった……というルートである。そして問題のグローブはなんと自作!!


大人のベイブレード大会 「メタルファイト」の時期に売っていたものを参考に自作したグローブ

大人のベイブレード大会 めっちゃかっこいい

大人のベイブレード大会 逆側の手はこの装備。こちらは普通に市販されているアイテムだそうだ

 この右手用グローブは、ランチャー(ベイを回転させて発射する器具)のヒモが戻ってくるときに、右手に当たって痛いのを解決するために着けている。「グローブ着用派はけっこういる」と語る鈴木さん。そうか、確かに手元でランチャーが滑ったらその時点で負けそうだもんな……。「ガチンコ大会」と銘打たれている理由がちょっと分かってきた。

 ぼんやりと「超Z覚醒撃破チャレンジ」を見ていると、たま〜に電動ベイを撃破した人が出てくる。しかも、ちょいちょい女性もいる。その一人であるユミさんは、夫のショウヘイさんと一緒に参加。なんとベイブレードを初めて触ってからまだ1週間しかたっていないという、完全なビギナーだ。


大人のベイブレード大会 ショウヘイさんユミさん夫婦。ユミさんのベイとランチャーはショウヘイさんから借りたものだ

 「先週ショウヘイさんと一緒に初めてベイブレードバーに行って、そこでちょっとやってみたら面白かったんですよね……」と語るユミさん。その状態でベテランブレーダーが次々に砕け散っていた超Z覚醒撃破チャレンジをクリアしたんだから大したもの。こういう純粋な運の要素がけっこうあるというのも、ベイブレードなんだろう。ていうか、夫婦でベイブレードをやるという選択肢も世の中にはあったのか……。目からウロコである。

 そうこうしているうちに、本題のG-1バーストカップが開始。


大人のベイブレード大会

ついに開幕! 全員で掛け声を叫ぶのだ。

 予選トーナメントは全部で5回。3人が1つのスタジアムで同時に対戦する形式で、勝ち残った1人だけが次のトーナメントに進めるという形だ。参加者は腕にリストバンド型の参加整理券を巻き、そのリストバンドに書かれている時間に待機列を形成。負けたらリストバンドを外し、勝った人には次の試合の整理券が腕に巻かれる……というシステムである。


大人のベイブレード大会 試合に使う3人対戦用スタジアム。黄色い三角が付いている位置からベイをシュートする

大人のベイブレード大会 試合が終わった後は、受付でリストバンドをチェック。その試合のリストバンドを外し、勝った人は別の色のものを巻く

 つまり、膨大な参加者をベスト8に絞るまでこのトーナメントが行われるわけである。あとで聞いたら、参加者は全部で576人もいたとのこと。すっげえなおい。


大人のベイブレード大会

大人のベイブレード大会

 さすがに長年ベイブレードを手掛けているだけのことはあり、すさまじい待機列がどんどん消化されていく。しかしその後には次の試合の待機列が! なんせ参加者の数がすごいので、予選をやっている間の数時間はずっとこの調子なのだ。


大人のベイブレード大会

大人のベイブレード大会

 予選の合間には会場内のステージでブレーダータクとブレーダーショウによるイベントも。ここでは大人と子どもをまぜこぜにしたエキシビションマッチが開催されていた。「参加したい人〜!」と聞くと「「「ハイハイハイハイ!!!!!」」」と手が上がりまくる。大人だけの大会っていうから、もっとテンション低いと思ってたよ! ちなみにこのエキシビションマッチでは普通に子どもが大人を負かしたりしていた


大人のベイブレード大会 あと、ステージに迷い込んだ迷子が保護されたりしていた

「アタック」「ディフェンス」「スタミナ」の3すくみ――実は奥が深いベイブレードの世界


       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10
  1. /nl/articles/2402/27/news031.jpg 生まれたばかりの孫に会いに来た両親、赤ちゃんを見た瞬間号泣し…… 幸せあふれる光景に「一緒に泣いちゃいました」
  2. /nl/articles/2402/27/news134.jpg 「ずっと手を触って」「強烈な口説きが」 グラドル、元K-1王者のセクハラ行為を“告発”→反論しバトルに 「引っ込んどけよロバは」謎の容姿罵倒で流れ弾も
  3. /nl/articles/2402/27/news032.jpg 体調が不安な愛猫を病院へ→先生に「笑われた」診察風景が244万表示! 思わぬ結果と珍しい姿に「落ち着き方すごいw」
  4. /nl/articles/2402/27/news030.jpg 1歳娘、寒い日にホットミルクを飲んだ瞬間…… しみじみ味わう爆笑の一言に「かわいすぎます」「スタバおいしそう」
  5. /nl/articles/2402/09/news148.jpg パーカーをガバッとまくり上げて…… 女性インフルエンサー、台湾でボディーライン晒す 上半身露出で物議 「羞恥心どこに置いてきたん?」
  6. /nl/articles/2402/27/news126.jpg 「ホント理想の家族」「普段から当たり前のよう」 “6男7女の大家族”うるしやま家の大黒柱パパ、“13人分の洗濯物”をテキパキたたむ姿が尊敬しかない
  7. /nl/articles/2402/27/news036.jpg 【今日の計算】「699×7」を計算せよ
  8. /nl/articles/2402/18/news016.jpg 築36年住宅のありふれた玄関を、2万円以下でDIYしたら…… 雰囲気激変の作業まとめに反響「このお値段でこのクオリティー、すごい!」
  9. /nl/articles/2402/27/news075.jpg 「すき家へ1000日以上通い続ける男」に届いたプレゼント “斜め上過ぎる中身”に困惑「何に使うんだこれ」
  10. /nl/articles/2402/26/news029.jpg 冷え込む深夜、玄関の前に何かを訴える野良猫が現れて…… 試行錯誤の保護劇に「長期戦お疲れさまです」「暖かい部屋に入れて良かった」
先週の総合アクセスTOP10
  1. 小泉進次郎、生後3カ月の長女を抱く姿に「貴重なパパの顔」 2023年末には小泉元首相の“幸せじいじ姿”も話題に
  2. 庭にアジサイがあるなら知っておくべき!? 春になる前に急いでやりたい“大きな花を咲かせる”お手入れ術に反響続々
  3. 生まれたばかりの孫に会いに来た両親、赤ちゃんを見た瞬間号泣し…… 幸せあふれる光景に「一緒に泣いちゃいました」
  4. つんく♂、「僕の大好きな妻」と元モデル妻の貴重ショット公開 「めちゃくちゃお綺麗」と反響
  5. 小泉純一郎元首相、進次郎&滝クリの第2子“孫抱っこ”でデレデレ笑顔 幸せじいじ姿に「顔が優しすぎ」「お孫さんにメロメロ」
  6. 「ずっと手を触って」「強烈な口説きが」 グラドル、元K-1王者のセクハラ行為を“告発”→反論しバトルに 「引っ込んどけよロバは」謎の容姿罵倒で流れ弾も
  7. 2歳娘、帝王切開で入院するママの前では強がっていたが…… 離れてから号泣する姿に「いじらしくて可愛くて朝から泣いた」
  8. 業務スーパーの“高コスパ”人気冷凍商品に「基準値超え添加物」 約1万5000個販売……自主回収を実施
  9. 長女と赤ちゃんの夜のルーティンが「可愛いしか言えん」 愛が強すぎな姉から逃げる姿に「嫌いじゃないのねw」「素敵な姉妹」
  10. 「ほんと愛でしかない」「心から尊敬します」 “6男7女の大家族”うるしやま家のスーパーママ、“15人分のお弁当作り”が神業レベルで称賛の声
先月の総合アクセスTOP10
  1. 「天までとどけ」長女役、芸能界の「負の連鎖」訴え 主演俳優の“お誘い”拒否し「他の演者やスタッフからも無視」「本当の事なんか誰も話さない」
  2. 田代まさし、南部虎弾さん通夜で“一団”に絡まれる騒動へ……にらみ合いの末に「ちょっと来い」「止めろよお前」
  3. 妊娠中の英俳優、授賞式での“金太郎”ドレスが賛否両論 「半裸の妊婦なんて見てられない」「ホットなママ」
  4. 「変わんないもん俺のと」 所ジョージ、ホンダ軽を超速カスタムで高級外車と“まったく同じ”外見に 「朝から楽しいよ」「完璧!」
  5. 「ごめん母さん。塩20キロ届く」LINEで謝罪 → お母さんからの返信が「最高」「まじで好きw」と話題に
  6. 「意識もうろう」「何も食べられない」 すい臓がんステージ4の森永卓郎、痩せた顔出しで“最悪の時期”告白 息子は「『死ぬ』が冗談に聞こえなかった」
  7. 授業参観の度に「かっこいい」と言われた父親が10年後…… 「時間止まってる?」と驚愕の声がやまない父子の姿が870万再生
  8. 65歳マドンナ、ワールドツアー中のダンスが“おばあちゃん”だと視聴者衝撃 「もうやめなよ」「こんなふうに終わりを迎えるなんて」
  9. 人気ブロガー医師が4年の闘病の末に42歳で逝去 夫が伝える「素敵な女性がいたということを皆様の心に残していただければ」
  10. 能登半島地震により海底が“隆起”→すさまじい様子を収めた写真に「自然の脅威を感じる」