ニュース
» 2019年04月16日 22時59分 公開

ソニー、PS4の後継機にあたる次世代ゲーム機の存在に言及 米WIREDが報じる

2019年中のリリースはないとも。

[ねとらぼ]

 米WIREDが4月16日に「Exclusive: What to Expect From Sony's Next-Gen PlayStation(独占:ソニーの次世代PlayStationに期待するもの)」との記事を掲載。その中で、「クラッシュ・バンディクー」シリーズなどを手掛けたマーク・サーニー氏が、WIREDの取材に答える形で次世代の家庭用ゲーム機について言及しています。同記事はPlayStation公式アカウントでもツイートされており、単なるウワサ記事ではないことを裏付けるものとなっています。



 記事によると、次世代PlayStationの開発キットは既に多くの開発者の元に渡っているとのこと。ただし発売時期については、2019年内にリリースされることはないとも。他にもサーニー氏は記事中、次世代ハードのスペックなどについても触れています。



 ソニーが次世代ゲーム機の計画について、ここまで具体的にメディアの取材に答えたのは今回が初。記事中、ハードの名前については「next-gen console(次世代家庭用ゲーム機)」といった書き方にとどめられていますが、WIREDの記事では次のようにも書いています。

「If history is any guide, it will eventually be dubbed the PlayStation 5(これまでの歴史通りであれば、それは最終的にPlayStation 5と呼ばれることになるでしょう)」


次世代PS WIRED マーク・サーニー氏(Wikipediaより/CC BY-SA 3.0)

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.