ニュース
» 2019年04月17日 00時00分 公開

高橋留美子の新連載『MAO』発表 都市伝説「連載作品の頭文字=RUMIKO」が覆る 高橋「タイトルは全くの偶然」

『らんま1/2』は「R」、『うる星やつら』は「U」……ネットでささやかれていた「高橋留美子の連載作品=RUMIKO」説。高橋先生は本当に狙っていたのでしょうか?

[黒木 貴啓,ねとらぼ]

 漫画家・高橋留美子先生の新連載『MAO(マオ)』が、5月8日発売の『週刊少年サンデー』(小学館)23号で開始します。4月17日発売の20号で発表されました。2009年4月〜2017年12月の『境界のRINNE』以来となる、約1年半ぶりの連載作品。

週刊少年サンデーの新連載予告。新連載は『MAO』

 実は今回の発表により、ネットでささやかれてきた1つの都市伝説が打ち砕かれることになりました。「高橋留美子の次の連載作品の頭文字は『O』になる」説です。

 なぜこんなうわさがあったのかというと、これまでの連載作品の頭文字に関係が。『うる星やつら』(連載期間:1978年〜1987年)、『めぞん一刻』(1980年〜1987年)、『らんま1/2』(1987年〜1996年)、『犬夜叉』(1996年〜2008年)、『境界のRINNE』(2009年〜2017年)――それぞれの頭文字をとると「U」「M」「R」「I」「K」。並び替えると「RUMIK」と、あと1文字で「RUMIKO(留美子)」になる流れが生まれていたのです。

『めぞん一刻』(C)高橋留美子/小学館

『うる星やつら』新装版1巻、『らんま1/2』新装版1巻

『犬夜叉』コミックス1巻、『境界のRINNE』コミックス1巻

 あまりにも出来すぎた偶然から、高橋先生はこれまで狙ってタイトルを付けていたのではないかと、ネットやファンの間ではさまざまな説が生まれることに。「次のタイトルは『O』から始まって、最後の連載になるに違いない」「不定期連載の『1ポンドの福音』の頭文字がO(One)だからすでにRUMIKOは完成している」などなど。

 国民的作家がこっそり文字遊びを仕込んでいた、と思うとそれはわくわくするわけで、信ぴょう性にかかわらずつい誰かに話したくなるような都市伝説です。

 しかし5月から始まる新連載は『MAO』――頭文字は「M」でした。それは『めぞん一刻』でやったじゃないか! とうわさを知っていた人はやきもきしてしまうタイトル。でも次の作品こそ「O」が来る可能性はあるし、ひょっとして最後ということで「MAO」のお尻の「O」を取って「RUMIKO」になるのでは、とあれこれ考えてしまいます。

 果たして高橋先生はこれまで「頭文字=RUMIKO」を狙っていたのか。

 今回の情報解禁に合わせて少年サンデー編集部を通して質問したところ、高橋先生は『境界のRINNE』の時点で都市伝説の存在を知っていたとのこと。その上で「タイトルの件は本当に全くの偶然で自分でも驚いています。というかそんな『自分大好き!』みたいな仕掛けは恥ずかしくて出来ません笑」と、実は全然意識していなかったことを明らかにしました。そ、そうだったのかー!

 うわさはあくまでうわさだったわけですが、頭文字が偶然だったというのも超常的な何かを感じさせる話。そもそも週刊の長期連載作品が5作品あるだけでもすごいのですが……しかも全てテレビアニメ化されているという。

『MAO』の公式画像

 『MAO』の内容は、“ふたつの世界”が交わる地で運命的に出逢う「少年と少女の怪奇譚」と説明されています。公開されたイラストには、赤い瞳を持った凛々しい顔立ちの少年が――どのような物語となるのか、3週間後の連載開始を楽しみに待ちたいところです。

(C)高橋留美子/小学館



Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2201/28/news013.jpg 4コマ“全員医学部出てない”が大惨事の予感しかない 「大至急首にネギを巻くんだ! 生姜湯も飲ませろ!」
  2. /nl/articles/2201/27/news192.jpg ちっちゃすぎるのかでっかすぎるのか 大相撲・高安関と11カ月娘のスニーカー比較写真が「ガリバー旅行記」と反響
  3. /nl/articles/2201/27/news182.jpg ガンダムがスノボやってる!? ゲレンデをさっそうと滑るコスプレボーダーが「連邦の面白い悪魔」と人気
  4. /nl/articles/2201/27/news104.jpg 坂上忍、11歳“長男”・佐藤ツトムの旅立ちに涙 介護の日々経ての別れに「本当にありがとうございました」
  5. /nl/articles/2201/28/news085.jpg 「だれかわからなかった」 国生さゆり、今年初ソロショットで茶髪ボブへ大胆イメチェン 好評の声へ「可愛いと自覚致します」
  6. /nl/articles/2111/02/news016.jpg “重みのある一言”に「ゾクッとした」 登山中に「あなた危ないわよ」と注意された体験談漫画に反響集まる
  7. /nl/articles/2201/28/news141.jpg 米43歳の元人気子役、2年のドラッグ断ちですっかり別人に! 「歯がなくて座っていられなかった」過去から復活へ
  8. /nl/articles/2201/28/news081.jpg 水族館「オニカマス展示中です」→魚クラスタ「ヤシャカマスでは?」 野生の魚博士が間違いを発見、水族館に経緯を聞いた
  9. /nl/articles/2201/27/news165.jpg パパ、気を確かに! ベッカム「娘に好きな人がいるっていわれた」絶望フェースが世界中の父親に突き刺さる
  10. /nl/articles/2201/28/news050.jpg 「もう無理……」 虚無感漂う置物「いろいろむりになってきたカエル」がじわじわくるかわいさ

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「どん兵衛」新CMに星野源が復活も衝撃の新展開 “どんぎつね”吉岡里帆の正体明かされ「完全なホラー案件」「狂気を感じる」
  2. ハラミちゃん、“公称145センチ”も本当の身長にゴチメンバー驚き 「デカイっていわれるのが嫌になっちゃって……」
  3. 西川史子、退院を報告 「生きていて良かったと思っていない」と告白も、力強い現在の心境明かす「私は医師です」
  4. 「もうアヒル口」「美人確定ですね!」 板野友美、生後2カ月娘の“顔出しショット”にみんなメロメロ
  5. 「気ぃ狂いそう」 木下優樹菜、生配信中止で“涙のおわび動画” やらかしたスタッフに「生きてたらミスぐらいする」
  6. 東大王・鈴木光、“お別れの笑顔”で司法試験合格を報告「本当にありがとうございました」 SNS閉鎖に涙のエール続々
  7. 「こんな普通に現れるの?!」「バレそうで心配」 倖田來未、駅のホームに“普通に並ぶ”姿にファン驚き
  8. 母親から届いた「もち」の仕送り方法が秀逸 まさかの梱包アイデアに「この発想は無かった」「どストレートに餅で笑った」と称賛集まる
  9. 第1子妊娠のすみれ、母・松原千明と2年ぶりに涙の再会 「やっとママに会えました」と感動的な親子ショット公開
  10. 渡辺裕之、66歳バースデーで息子と2ショット 合同誕生日会に「すごいお料理とケーキ」「イケメン息子さん」