ニュース
» 2019年04月17日 22時20分 公開

5000円札「津田梅子」の写真、反転して使用? ネットの反応は9割が否定的

「故人の肖像を反転する」という行為に嫌悪感を示した人が多かったようです。

[ねとらぼ調査隊,ねとらぼ]

新紙幣、肖像“反転”で物議

 新5000円札のデザインに採用された、津田塾大学創設者・津田梅子さんの肖像が、反転して使用されているのではないかと物議をかもしています。


津田梅子 写真反転津田梅子 写真反転 今回発表された新紙幣のデザイン(左)と、津田梅子さんの肖像(右)

 各紙の報道によると、紙幣に使われた写真は津田塾大学が提供したものとみられており、今回発表されたデザインでは、オリジナルの写真とは顔の向きが逆になっていたとのこと。また産経新聞などの記事によると、財務省はこの指摘について「反転などの加工は問題ない」との考えを明らかにしているとのこと。

 果たしてこの“反転”はどう受け止められているのか、ネットの反応を調べました。


「新紙幣 反転」関連のネガポジ

{'type':'pie'、'data':{'labels':['ネガ'、'ポジ']、'datasets':[{'data':[91、9]、'backgroundColor':['rgba(255、115、116、.7)'、'rgba(255、183、116、.7)']、'borderWidth':[0、0]}]、'illust':0}} 2019年4月17日(見える化エンジン 調べ)

 ネガティブが91%と圧倒的多数。たとえ紙幣のデザインであっても、元写真の反転は重大な加工の域を超えている、故人に失礼といった声が多くみられました。


「新紙幣 反転」関連のネガティブなツイート

 ネガティブなツイートを見ると、「ここまで意識や水準が劣化したのかと驚愕させられる」「『問題ない』って信じられない」など、怒ったりあきれたりするツイートが多くみられます。また、反転することで着物の合わせが逆になってしまうことを気にする声も目立っていました(ただ、後述しますがここはレタッチで修正されているようです)。



「新紙幣 反転」関連のポジティブなツイート

 ポジティブなツイートでは、「デザイン統一のためならば仕方ない(問題ない)」といった声がみられました。



着物は右前に修正されている?

 その他興味深かった意見としては、「実は着物の“合わせ”はちゃんと修正されている」といった指摘も。確かに新デザインをよく見ると、顔は反転していても、着物の合わせは修正されて正しい向きになっていることが分かります。他には「肖像画をそのまま使って紙幣作ったら偽造しやすくなる」といった指摘もありました。


期間:2019年4月17日(見える化エンジン 調べ)


まとめ

 全体を見渡してみると、やはり「好ましくない」と捉えている人が圧倒的に目立ちます。実務的な部分では問題がなくとも、「故人の肖像を改変する」ということに嫌悪感を抱く人も多かったようです。また、財務省の「問題ない」という見解も火に油を注いた感が……。

 報道によると、財務相はこのまま発行作業を進めるとしているそうですが、今後どうなるのか注目が集まります。


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2205/25/news162.jpg この写真の中に1人の自衛隊員が隠れています 自衛隊が出したクイズが難問すぎる……「答え見ても分からない」と人気
  2. /nl/articles/2205/28/news020.jpg 「トップガン」はなぜ「トップガン」なのか? 「トップガン マーヴェリック」でオタクが悲鳴を上げ歓喜した理由
  3. /nl/articles/2205/28/news071.jpg 幸せそうな顔だ! 久慈暁子、結婚発表後初のインスタ更新で夫・渡邊雄太見守る観戦中の笑顔ショット公開
  4. /nl/articles/2205/27/news130.jpg 鳥居みゆき、キャンプを楽しむ1枚に青白い顔 “ホラー風”ショットに「全く知らずに見たら怖すぎる」
  5. /nl/articles/2205/27/news012.jpg 利害が一致した柴犬&子猫コンビ “ごはん”のときだけ息が合う姿に「見事なシンクロw」「笑っちゃいました」の声
  6. /nl/articles/2205/28/news068.jpg 胃がんステージ4のバレー代表・藤井直伸、清水邦広&福澤達哉と再会ショット つらい治療の中で「最高の薬です!」
  7. /nl/articles/1809/23/news019.jpg 炊飯器いっぱいに炊けまくった米…! 「5.5合炊いて」が生んだ悲劇に「全米が泣いた」「笑いすぎてしんどい」
  8. /nl/articles/2205/28/news065.jpg 漫画家急病でセクシーな女性がサツマイモの画に 「単行本では必ず修正します」
  9. /nl/articles/2205/27/news033.jpg 禍々しい136体の妖怪像が話題 学芸員が「なんのために作れられたのか不明」「類例は見つからず」という造形物が謎すぎる
  10. /nl/articles/2205/28/news063.jpg ともさかりえ、「キンキーブーツ」応援で“一方的な攻撃”受ける 根拠もないうわさで「金田一の頃も苦しめられた」

先週の総合アクセスTOP10

  1. 誰にもバレずに20年 別荘を解体中にバスルームから“とんでもないモノ”が見つかる 「わけがわからない」と困惑
  2. 「チコちゃん」マナー講師が炎上で、エガちゃんの株が上がってしまう 「エンタメの見本」「エガちゃんはやっぱり偉大」
  3. 「だめだお腹痛い」「大爆笑しました」 榎並大二郎アナ、加藤綾子に贈った“ガチャピン人形”が悲惨な姿になってしまう
  4. ジャガー横田、愛車・BMWが高速手前でエンスト 九死に一生も原因不明の故障に「新車でまだ一年半なのに…」
  5. 「志摩スペイン村」微塵も人がいないのに突如トレンド入り 「にじさんじ」周央サンゴの“正直すぎるレポ”で話題に
  6. キンコン西野、“勝手に出された婚姻届”にまさかの展開 証人欄にはお世話になっている「森田一義って名前が」
  7. 「ゆっくり茶番劇」商標取得者の所属コミュニティーが声明 商標権の完全放棄を要求
  8. 中村江里子、174センチの長女&181センチの中学生長男に驚く声 「足ながっ!!」「モデルになれそう」
  9. 「志摩スペイン村」がトレンド入り→公式ホテルの予約が急増とさらなる展開へ 広報「すごいことが起こっているぞと思った」
  10. 華原朋美、デザイン手掛けた黒ミニドレスを披露 「本当に痩せて綺麗になって」「全てが可愛すぎました」と反響