ニュース
» 2019年04月17日 15時47分 公開

ファミレスのココスが年初来安値 業績下方修正と株主優待休止のダブルパンチ

優待の切れ目が縁の切れ目?

[観音崎FP,ねとらぼ]

 2019年4月17日の株式市場で、ファミリーレストランを展開するココスジャパン(東証JASDAQ)が続落。年初来安値を更新し、前日から95円安(-5.47%)の1643円で取引を終えました。

photo ココスジャパンのWebサイトより
photo 一気に下落したココスジャパンの株価推移=Yahoo!ファイナンスより

 15日に2019年3月期の業績予想を大幅に下方修正すると発表。人件費上昇などが響き、最終利益を従来予想から約4億円減の2億8700万円に引き下げました。前期(8億5400万円)と比べても大幅な減益になります。同時に、こうした経営状況を受けて、株主優待制度を当面休止すると決定。100株以上200株未満の株主の場合、ゼンショーグループのお食事優待券1000円分と飲食代金5%引きカードを贈るといった内容でした。

 業績の悪化に加え、実質的な利回りを下げることになる株主優待の休止に投資家は失望。16日のココスジャパンの株価はストップ安(値幅制限の下限)まで売り込まれていました。17日にも続落したことで、下方修正の発表前から株価は27%も下落した計算になります。

photo ココスジャパンは株主優待の休止を発表=IR資料より

 17日は、同じゼンショーグループで、パスタ専門ファミリーレストランのジョリーパスタ(東証2部)も、特に何も発表していない中、ココスにつられる形で下落しています(ジョリーパスタは18年10月の時点では業績見通しを上方修正しています)。親会社のゼンショーホールディングスも続落しました。

 またこの日は、ステーキ店を展開するブロンコビリー(東証1部)が、前日に通期業績の減益見通しを発表したことで急落。年初来安値を更新し、259円安の2356円と、約10%下げて取引を終了しています。吉野家ホールディングスが6年ぶりに通期で最終赤字に転落するなど、外食企業に厳しい春になっているようです。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「竜とそばかすの姫」レビュー 危険すぎるメッセージと脚本の致命的な欠陥
  2. 笠井アナ、日比谷公園で「信じられないことが…」 サンドイッチを狙う集団に「何? えーっ! まさか、それはないでしょ!」
  3. 62歳の宮崎美子、マクドナルドCMで初々しい中学生少女を見事に演じる 「暖かい目でぜひ見てください」
  4. 瀕死のスズメのヒナを助けたのに…… 「助けたヒナたちに完全にナメられた」動画がほほえましくて面白い
  5. ハート打ち抜かれました! コロンビアのアーチェリー女子選手が「かわいい」「エルフ」と注目の的に
  6. 散歩中のラブラドール、助けを求める子猫を発見→保護 親子のような仲むつまじいふたりに涙が出る
  7. 宮迫博之、美容整形から2週間のビフォーアフター公開 手術直後の腫れ&炎症だらけな顔に「暴漢に遭ったんかって」
  8. 上野樹里、“娘”の誕生日に愛情たっぷり手作りオムライス公開 「がんばろうね ママより」と祝福メッセージ
  9. 出勤時、妻にいつになく強く抱きしめられた夫→妻が家に帰ってくると…… 何気ない日常を描いた漫画にツッコミつつもジーンとする
  10. 「本人にしか見えない」「めっちゃ似てる」 霜降り明星せいや、オリンピック開会式に“ガチのそっくりさん”を発見する