ニュース
» 2019年04月17日 17時30分 公開

ロボが荒ぶるロボット工学専門書がムチャだけど分かりやすい 「握手のつもりがボディーブロー」「勢い余ってドアノブ破壊」

制御の大切さが痛切に伝わってくる。

[沓澤真二,ねとらぼ]

 Twitterで「ロボット工学の教科書が面白すぎて集中できない」と紹介された専門書の挿し絵が、確かにぶっ飛んでいて面白すぎます。ロボットが力余ってドアノブをもぎ取ったり、家人にボディブローをかましたり、ギャグ漫画にしか見えない。


ホイールダック2号

ホイールダック2号

ホイールダック2号 マニピュレータがうまく制御できず、やらかしまくるロボ。モニターとして一緒に暮らしている少女の、達観したような表情がまたおかしい

 書内で暴れているロボットは、『イラストで学ぶ 人工知能概論』で初登場した「ホイールダック2号」。名前の由来は見た目がアヒルに似ているからですが、実はペンギン型です。


ホイールダック2号 衝撃の「ダックだけどペンギン」設定

 Twitterで話題になったのは、同書の姉妹書にあたる『イラストで学ぶ ロボット工学』。マニピュレータが追加され、家庭用ロボットとして発展したホイールダック2号の姿が描かれています。ところが新仕様の制御をするうえで新たな問題が発生。それで前述のような暴走を起こしているわけです。


ホイールダック2号 マニピュレータの追加で重心などが変わり、従来の設定のままでは移動が困難に

ホイールダック2号 新たにマニピュレータの制御設定も必要に

 挿し絵のインパクトがありすぎて冗談のようにも見えますが、本の内容は至って真面目。ムチャクチャな失敗シーンにしても、「制御がうまくいかないと惨事になりますよ」と、分かりやすく伝えているといえます。この楽しみながら学べる専門書のアイデアはどのようにして生まれたのか、編集を担当した講談社サイエンティフィクに話を聞きました。

 ホイールダック2号の暴走っぷりを考案したのは、監修者の谷口忠大博士(立命館大学教授)。そのアイデアを、著者の木野仁博士(福岡工業大学教授)とイラストレーターの峰岸桃氏で固めているのだそうです。

 ユーモラスな内容は谷口博士の趣味も影響してのことですが、根本にあるのは「(制御などが)できないと何が困るか?」を学び手に理解してもらうことが大切との考え。問題提起をしたうえで、同書のコンセプト「学んで知識をつけることは『問題解決』できるようになることである」へつなげていくのが狙いです。


ホイールダック2号

ホイールダック2号 失敗を経て改善される様子もきちんと描かれています

ホイールダック2号 「『ホイールダック2号、馬鹿だな〜』と思われるでしょうが、その“馬鹿なこと”も学ばなかったら、そのまま自分自身に起きてしまうことです。そうならないように、笑いながら学んでいってもらえたらと思います」

 こうした意図は多くの読者に受け入れられたようで、「思ったより本格的」「分かりやすい表現で難しい内容をやさしく解説してくれる」「ロボット工学の基本がよくまとまった本」など、好意的な反応が多く、刊行以来2度の重版を果たしたとのこと。教科書としても全国十数校の高専や大学で採用されているそうです。

 シリーズ第3弾として『イラストで学ぶ制御工学概論』を準備中とのことで、ホイールダック2号の活躍(?)はまだまだ続くもよう。峰岸氏が手がけたLINEスタンプのように専門書の枠を超えた企画も。同社としてはコラボレーションもウェルカムらしく「プラモ化、アニメ化などのオファーをお待ちしております!」とのことでした。



ホイールダック2号 失敗続きのホイールダック2号でしたが、最終的にはテストを終え商品化を果たしました。第3弾では本格的な活躍が見られるかも?

取材協力:講談社サイエンティフィク

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2205/25/news162.jpg この写真の中に1人の自衛隊員が隠れています 自衛隊が出したクイズが難問すぎる……「答え見ても分からない」と人気
  2. /nl/articles/2205/27/news130.jpg 鳥居みゆき、キャンプを楽しむ1枚に青白い顔 “ホラー風”ショットに「全く知らずに見たら怖すぎる」
  3. /nl/articles/2205/26/news017.jpg イタズラが見つかった柴犬、しょんぼりしてると思いきや…… まさかの真相に「大声で笑ったw」「反省姿がツボです」の声
  4. /nl/articles/2205/27/news122.jpg あの、バイクで転倒して顔面骨折 手術も要する突然の事故報告に「悲報すぎる」「生きててよかった」
  5. /nl/articles/2205/26/news009.jpg 野良猫親子を保護→怒られるのを承知で子猫を抱っこしたら…… 親猫のまさかの反応に「信頼しているんでしょうね」の声
  6. /nl/articles/2205/27/news011.jpg 階段が下りられない35キロのデカワンコ…… お父さんに抱っこで運んでもらう姿に「世話の焼ける子ほどかわいい」の声
  7. /nl/articles/2205/27/news094.jpg 松井稼頭央ヘッドコーチの妻・松井美緒、突然のシルバーヘアな“おばあちゃん”姿に「まさかの!」「お上品」と反響
  8. /nl/articles/2205/27/news008.jpg なぜか車から降りるのを完全拒否するワンコ 諦めかけると……予想外の結末に笑ってしまう 【豪】
  9. /nl/articles/2205/27/news137.jpg 久慈暁子アナ&渡邊雄太、インスタ初2ショットで結婚発表 仲良く肩寄せ合う身長差カップルに「最高にお似合い」
  10. /nl/articles/2205/27/news026.jpg 「爆笑しましたww」「元気出ました、ありがとうございます!」 予想外のおしゃべりで別室に移動させられたインコに腹筋崩壊

先週の総合アクセスTOP10

  1. 誰にもバレずに20年 別荘を解体中にバスルームから“とんでもないモノ”が見つかる 「わけがわからない」と困惑
  2. 「チコちゃん」マナー講師が炎上で、エガちゃんの株が上がってしまう 「エンタメの見本」「エガちゃんはやっぱり偉大」
  3. 「だめだお腹痛い」「大爆笑しました」 榎並大二郎アナ、加藤綾子に贈った“ガチャピン人形”が悲惨な姿になってしまう
  4. ジャガー横田、愛車・BMWが高速手前でエンスト 九死に一生も原因不明の故障に「新車でまだ一年半なのに…」
  5. 「志摩スペイン村」微塵も人がいないのに突如トレンド入り 「にじさんじ」周央サンゴの“正直すぎるレポ”で話題に
  6. キンコン西野、“勝手に出された婚姻届”にまさかの展開 証人欄にはお世話になっている「森田一義って名前が」
  7. 「ゆっくり茶番劇」商標取得者の所属コミュニティーが声明 商標権の完全放棄を要求
  8. 中村江里子、174センチの長女&181センチの中学生長男に驚く声 「足ながっ!!」「モデルになれそう」
  9. 「志摩スペイン村」がトレンド入り→公式ホテルの予約が急増とさらなる展開へ 広報「すごいことが起こっているぞと思った」
  10. 華原朋美、デザイン手掛けた黒ミニドレスを披露 「本当に痩せて綺麗になって」「全てが可愛すぎました」と反響