ニュース
» 2019年04月18日 16時00分 公開

バンダイ、キャッシュレス決済対応のカプセルトイ自販機を導入 交通系電子マネーで回せるぞ

将来的には二次元コード決済などへ対応する予定。

[沓澤真二,ねとらぼ]
キャッシュレスガチャ 5つの自販機と操作端末で1セット

 バンダイがキャッシュレス決済対応のカプセルトイ自販機、「スマートガシャポン」を都内で稼働開始しました。ハンドルを回すときの料金を、SuicaやPASMOなどの交通系電子マネーで支払えます。

 システムは5つの販売機と決済用の読み取り機から構成されています。タッチパネルで販売機を選択し、電子マネーをかざすと支払いが完了。今後は二次元コード式などの決済手段にも対応する予定です。



キャッシュレスガチャキャッシュレスガチャ どの自販機を回すか選択

キャッシュレスガチャキャッシュレスガチャ 決済方法を選択。今のところ交通系のみですが、いずれ二次元コード式などにも対応する予定

キャッシュレスガチャキャッシュレスガチャ 決済が済んだらハンドルを回す

 このシステムには、販売データを遠隔地から取得できたり、Webサービス「ガシャどこ?PLUS」で自販機の設置場所や商品情報を消費者に提供できたりと、さまざまなメリットが。購入時にタッチパネル上で抽選を行うといった仕掛けも可能となっています。

 導入はJR池袋駅に始まり、5月中に全国で50セットが設置される予定。キャッシュレス決済の利点を生かした、柔軟な価格設定も想定されています。なお、従来型の自販機も電源不要などのメリットを生かし、併用を続けるとのことです。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.