ニュース
» 2019年04月18日 16時51分 公開

CATVのJ:COM、放送とネット接続サービスを値上げ 「トラフィック増加が想定以上」

解約時の撤去費用も値上げに。

[ねとらぼ]

 CATV(ケーブルテレビ)最大手のジュピターテレコム(J:COM)は4月18日、多チャンネル放送サービスとインターネット接続サービスの月額料金、解約時の撤去費用を7月1日から順次値上げすると発表しました。

photo J:COMのWebサイト

 これまで放送品質の強化やネットの高速化などを料金を据え置きながら進めてきましたが、「想定を超えたインターネットトラフィックの増加や物流費など運用にかかる各種経費上昇の影響もあり、やむを得ず一部の料金を改定させていただくことにいたしました」と説明しています。

photo テレビとネットの値上げ=サイト上の告知より
photo 解約時の撤去費用の値上げ=サイト上の告知より

 値上げは「J:COM TV」など多チャンネル放送サービスと「J:COM NET」などのインターネット接続サービスが対象で、契約世帯ごとに月額180円(税別、以下同)を加えて請求します。テレビとインターネットの両方に加入している場合でも、月額利用料金の合計金額から180円を割り引く形で、実質合計180円の値上げになります。

 また解約時の撤去費用も値上げ。引き込み線の撤去がない場合は2000円→4800円、引き込み線撤去がある場合は6000円→9800円にそれぞれ引き上げます。

 値上げは、非長期契約の場合、7月1日から九州・山口・関西エリア(J:COM 大分を除く)、8月1日から神奈川・札幌エリア、9月1日から神奈川を除く関東・仙台エリアで行います。長期契約の場合、契約満了時まで据え置き、更新時期からの改定となります。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.