ニュース
» 2019年04月18日 18時04分 公開

日本ファルコムが年初来高値 「イースVIII」スマホ版の世界配信が決まる

人気タイトルの世界配信が好感されたようです。

[観音崎FP,ねとらぼ]

 2019年4月18日の株式市場で、日本ファルコム(東証マザーズ)が上昇。一時は前日から213円高の1614円を付けて年初来高値を更新。終値は57円高(+4.07%)の1458円でした。

photo 「イースVIII」スマホアプリ版を世界配信=ニュースリリースより

 前日に、アクションRPG「イースVIII-Lacrimosa of DANA-(ラクリモサ・オブ・ダーナ)」のスマートフォンアプリ版を全世界で配信することが決まったと発表。オンラインゲーム・モバイルゲームの大手パブリッシャーとして知られる中国Linekong Entertainment Technologyと契約したとのことです。

photo 日本ファルコムの株価推移=Yahoo!ファイナンスより

 イースVIIIは、長寿シリーズ「イース」のナンバリングタイトルとして2016年、2017年にPlayStation Vita/PlayStation 4用タイトルとして発売。世界累計50万本を販売しています。

 日本ファルコムは老舗ゲームメーカーとして知られています。2019年9月期通期の売上高は20億円を見込んでいますが、前期から減収減益予想だったため、株価は18年10月ごろから低迷していました。ですが、ここに来て上昇傾向にあり、1月4日に付けた年初来安値の887円から、18日に付けた年初来高値の上昇率は82%に達しています。18日終値ベースの同社時価総額は約150億円です。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.