ニュース
» 2019年04月18日 21時30分 公開

この光景、覚えてますか? 東京ディズニーランドの平成30年間をデコレーションで振り返る

なつかしい思い出がよみがえるかも。

[水田眞子,ねとらぼ]

 昭和58年に開園し、平成の30年間も私たちに驚きと感動を与え続けてくれた東京ディズニーランド。アトラクションやショー・パレードだけでなく、イベントごとに登場するさまざまなデコレーションも、私たちを楽しませてくれるポイントです。

 今でこそ街中のお店などでも当たり前になった「インスタ映え」するデコレーションですが、以前はテーマパークなど特別な場所ならではのものでした。平成も残りわずか。オリエンタルランドは4月18日、ディズニーランドならではのデコレーションにスポットを当てて平成30年間を振り返りました。

平成2年(1990年):巨大なバスケットボールのデコレーションが出現

バスケットボール 平成2年のディズニーランド(以下、画像はオリエンタルランドプレスリリースより)
野球
ボクシング
アメフト どれもインパクトが大きい巨大スポーツ用具。ヘルメットはミッキーのロゴもかわいい

 昭和から平成に変わってすぐの平成2年。東京ディズニーランドではスポーツの秋をテーマにした「ミッキーマウス・スポーツフェスティバル」が開催されました。このころは体育の日が10月10日でしたね。このイベントでは、シンデレラ城の周りにバスケットボールや野球のグローブなどをかたどったバルーンのデコレーションが登場しました。どれも見上げるほど大きなサイズで、インパクトのある記念写真にぴったりです。

ミッキーマウス・スポーツフェスティバル 後ろには応援団が控えており、さながら本当の試合のよう

 シンデレラ城前のステージでは、ミッキーマウス率いるミッキーチームと、ピーター・パンに登場するフック船長率いるフックチームがスポーツで対戦するスペシャルショー「ディズニー・スーパースターズ」が上演されました。現在、東京ディズニーリゾートのショーに登場する悪役というと、眠れる森の美女のマレフィセントが選ばれることが多い中、フック船長というセレクトが新鮮に感じます。

平成5年(1993年):シンデレラ城の気球が大空を飛ぶ

シンデレラ城気球 平成5年。城が飛ぶのはさすがにディズニーランドでしか見られないのでは。この時代、いろいろと空に飛ばしがちなような

 平成5年に、東京ディズニーランドが開園10周年を迎えました。これを記念して、シンデレラ城の形をした大きな熱気球がディズニーランドの上空を飛ぶセレモニーを開催。気球は、パーク開園1時間半前の午前7時にゲストパーキングから上げられました。

 お城の塔のひとつひとつのディティールまで再現された気球が青空に舞い上がる様子は、まさに夢のような光景だったのではないでしょうか。空といえば、平成の初期にはよく見かけたアドバルーンや飛行船、今はあまり見なくなりましたね。

平成7年(1995年):ミッキーマウスの靴やグローブ“のみ”がまさかのパレード出演

ミッキー・マニア デコレーション 平成7年
ミッキー・マニア デコレーション ミッキーマウスカラーで統一されたデコレーションがかわいい

 平成7年には、東京ディズニーランド中がミッキーマウスだらけになったスペシャルイベント「ミッキー・マニア」が開催。ミッキーのアイコンである白いグローブや黄色い靴をモチーフにしたデコレーションを中心に、パーク内は赤・白・黒・黄色のミッキーマウスカラーに染まりました。

ミッキー・マニア・パレード
ミッキー・マニア・パレード 歩く手袋! 歩く靴! インパクトが強すぎる

 「ミッキー・マニア・パレード」では、特大サイズのグローブや靴も登場し、ユニークなショーを繰り広げました。パレードに登場しているミッキーの耳のついたイヤーハットは、このころはパークの身につけアイテムの定番でしたが、その後長らく販売休止に。しかし、ここ数年で「レトロでかわいい!」と人気が再燃し復活。現在はさまざまな種類が発売されるようになっています。

平成18年(2006年):スティッチのいたずらでディズニーランドが落書きだらけに

フリフリ大騒動 平成18年
フリフリ大騒動 スティッチはこのペンキでいたずらしたのでしょうか

 平成18年には、スティッチが大活躍する「リロ&スティッチのフリフリ大騒動〜Find stitch!〜」を開催。映画「リロ・アンド・スティッチ」の主役スティッチは、平成15年の映画公開とともにまたたく間に人気になった平成生まれのディズニーキャラクターです。

フリフリ大騒動 7人の小人に紛れるスティッチ。かわいすぎます

 いたずら好きのスティッチは、ショップやアトラクションの看板に落書きをしたり、ウォルト・ディズニーの像にフラダンスの衣装を着せたりと、パーク内をハチャメチャな景色に変えてしまいます。いつもと違うパークが楽しめるいたずらの痕跡だけでなく、パークを楽しむスティッチのかわいい姿も人気となりました。

平成31年(2019年):平成最後のスペシャルイベントは「ディズニー・イースター」

うたさま 平成31年。トロリーの運転士になりきるうさたま。実際に乗っているような写真が撮れます

 現在開催中のイベント「ディズニー・イースター」では、卵から手足とウサギの耳が生えたキャラクター・うさたまがパーク中に大脱走中。 パークの至るところで気ままに過ごすうさたまに、なんだか癒されてしまいます。平成29年に初登場したうさたまは、その独特のビジュアルから発表直後は謎のキャラクターとして受け止められていましたが、イベントが始まるとデコレーションやパレードで見られる面白かわいい姿が大人気に。

うさたま このゆるい感じがうさたまの魅力

 パーク内にはうさたまと一緒に写真が撮れるフォトスポットが多数登場し、こちらも人気になっています。フォトスポットでは自分自身の写真を撮るだけでなく、お気に入りのぬいぐるみと一緒に撮る「ぬい撮り」をしているゲストや、かわいいフードの写真を撮るゲストの姿も。

 以前は記念写真といえば、家族や友人が横に並んだ1枚が多かったように感じますが、こうして思い思いの写真を楽しめるところにもスマホが普及してからの”平成らしさ”を感じます。

 さまざまなデコレーションによって彩られてきた平成の東京ディズニーランド。その時だけの特別なデコレーションを一目見ればよみがえる思い出もあるはず。平成最後に、記念写真やホームビデオで30年間を振り返るのも楽しそうです。

(C)Disney



Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2109/27/news084.jpg 星野さんどこ……? 「どん兵衛」、鬼気迫るどんぎつねさんが“眼鏡”を放り捨てる意味深CMがもう「リアルごちゃ混ぜ」
  2. /nl/articles/2109/26/news028.jpg 才賀紀左衛門、“親密な女性”の初顔出しショット公開 パッチリした目にスッキリした鼻筋で「想像通り美しい」「綺麗な方!」
  3. /nl/articles/2109/22/news088.jpg 「生クリームは飲み物」通販が一時中止に 保健所からの指摘受け 製品名も変更
  4. /nl/articles/2109/26/news047.jpg かっぱ寿司で「入店20時間待ち」表示 全皿半額キャンペーンで全国に大混雑、入店困難な状態に
  5. /nl/articles/2109/26/news018.jpg 窓拭きお兄さんの恋を同僚おじさんたちが全力で応援するラブコメ漫画 「転職したい」と反響多数
  6. /nl/articles/2109/26/news027.jpg 「BotW」足跡モードで「ゼルダの伝説」を描く偉業 ガーディアンに襲われながらも“41日間の旅”を完走した作者にインタビュー
  7. /nl/articles/2109/26/news053.jpg 娘がダイソーで買ったニワトリ風船がなんかおかしい…… ナナメ上のビジュアルに「吹いた」「おなか痛いw」
  8. /nl/articles/2109/25/news064.jpg 森尾由美、長女の結婚をレアな母娘3ショットで報告 「美人親娘」「姉妹みたいや」と反響
  9. /nl/articles/2109/27/news028.jpg 夫が3カ月の育休を取ったら、新生児がいても8時間睡眠を確保できた 「シフト制」を取り入れた育休のレポート漫画が参考になる
  10. /nl/articles/2109/27/news060.jpg 徹夜でゲーム! 10時間爆睡! 起きたら夕方! “丁寧な生活”もいいけど「バカの生活」やっぱり気持ちいい! という漫画に共感

先週の総合アクセスTOP10

先月の総合アクセスTOP10

  1. 田中将大、石川佳純ら卓球女子との集合ショットに反響 「夢の共演」「どちらから声を掛けたのか気になる」
  2. 田中将大の五輪オフショット集、最後は柔道・阿部詩との2ショットでシメ! “モテ男”の期待裏切らず「美女好きですね〜」
  3. 「マジで恥ずかしいです」 中川翔子、数年ぶりの“水着披露”に恥じらいつつもマネジャー大絶賛「スタイルめっちゃいいすね!」
  4. 里田まい、楽天ユニフォーム姿の長男に「違う、そうじゃない」 父・田中将大選手そっちのけの推し愛にツッコミの嵐
  5. 野々村真、動画で退院を報告 やつれた姿に衝撃広まる「コロナがより怖くなった」「ガリガリで衝撃を受けたわ」
  6. 「薬を問われ、アル中だと言われ」 西山茉希、“うわさ”ささやかれる痩せ体形に「懸命なもんでご了承願います」
  7. 柴犬「メシ、よこさんかーい!!(激怒)」 ごはんを忘れた飼い主に皿をぶん投げる柴犬、荒ぶる姿に「爆笑した」
  8. レイザーラモンRG、コロナ療養で“10キロ減”を告白 「顔が変わっちゃいました」とやつれた姿で復帰報告
  9. 海外記者「最高のコンビニアイスを発見した」 森永チョコモナカジャンボ、ついに世界に見つかってしまう
  10. 「ついついキレイな部分ばかり載せたくなりますが」 小倉優子が公開したインスタの“現実”に「勝手に親近感が」「共感しかない」