ニュース
» 2019年04月18日 21時30分 公開

この光景、覚えてますか? 東京ディズニーランドの平成30年間をデコレーションで振り返る

なつかしい思い出がよみがえるかも。

[水田眞子,ねとらぼ]

 昭和58年に開園し、平成の30年間も私たちに驚きと感動を与え続けてくれた東京ディズニーランド。アトラクションやショー・パレードだけでなく、イベントごとに登場するさまざまなデコレーションも、私たちを楽しませてくれるポイントです。

 今でこそ街中のお店などでも当たり前になった「インスタ映え」するデコレーションですが、以前はテーマパークなど特別な場所ならではのものでした。平成も残りわずか。オリエンタルランドは4月18日、ディズニーランドならではのデコレーションにスポットを当てて平成30年間を振り返りました。

平成2年(1990年):巨大なバスケットボールのデコレーションが出現

バスケットボール 平成2年のディズニーランド(以下、画像はオリエンタルランドプレスリリースより)
野球
ボクシング
アメフト どれもインパクトが大きい巨大スポーツ用具。ヘルメットはミッキーのロゴもかわいい

 昭和から平成に変わってすぐの平成2年。東京ディズニーランドではスポーツの秋をテーマにした「ミッキーマウス・スポーツフェスティバル」が開催されました。このころは体育の日が10月10日でしたね。このイベントでは、シンデレラ城の周りにバスケットボールや野球のグローブなどをかたどったバルーンのデコレーションが登場しました。どれも見上げるほど大きなサイズで、インパクトのある記念写真にぴったりです。

ミッキーマウス・スポーツフェスティバル 後ろには応援団が控えており、さながら本当の試合のよう

 シンデレラ城前のステージでは、ミッキーマウス率いるミッキーチームと、ピーター・パンに登場するフック船長率いるフックチームがスポーツで対戦するスペシャルショー「ディズニー・スーパースターズ」が上演されました。現在、東京ディズニーリゾートのショーに登場する悪役というと、眠れる森の美女のマレフィセントが選ばれることが多い中、フック船長というセレクトが新鮮に感じます。

平成5年(1993年):シンデレラ城の気球が大空を飛ぶ

シンデレラ城気球 平成5年。城が飛ぶのはさすがにディズニーランドでしか見られないのでは。この時代、いろいろと空に飛ばしがちなような

 平成5年に、東京ディズニーランドが開園10周年を迎えました。これを記念して、シンデレラ城の形をした大きな熱気球がディズニーランドの上空を飛ぶセレモニーを開催。気球は、パーク開園1時間半前の午前7時にゲストパーキングから上げられました。

 お城の塔のひとつひとつのディティールまで再現された気球が青空に舞い上がる様子は、まさに夢のような光景だったのではないでしょうか。空といえば、平成の初期にはよく見かけたアドバルーンや飛行船、今はあまり見なくなりましたね。

平成7年(1995年):ミッキーマウスの靴やグローブ“のみ”がまさかのパレード出演

ミッキー・マニア デコレーション 平成7年
ミッキー・マニア デコレーション ミッキーマウスカラーで統一されたデコレーションがかわいい

 平成7年には、東京ディズニーランド中がミッキーマウスだらけになったスペシャルイベント「ミッキー・マニア」が開催。ミッキーのアイコンである白いグローブや黄色い靴をモチーフにしたデコレーションを中心に、パーク内は赤・白・黒・黄色のミッキーマウスカラーに染まりました。

ミッキー・マニア・パレード
ミッキー・マニア・パレード 歩く手袋! 歩く靴! インパクトが強すぎる

 「ミッキー・マニア・パレード」では、特大サイズのグローブや靴も登場し、ユニークなショーを繰り広げました。パレードに登場しているミッキーの耳のついたイヤーハットは、このころはパークの身につけアイテムの定番でしたが、その後長らく販売休止に。しかし、ここ数年で「レトロでかわいい!」と人気が再燃し復活。現在はさまざまな種類が発売されるようになっています。

平成18年(2006年):スティッチのいたずらでディズニーランドが落書きだらけに

フリフリ大騒動 平成18年
フリフリ大騒動 スティッチはこのペンキでいたずらしたのでしょうか

 平成18年には、スティッチが大活躍する「リロ&スティッチのフリフリ大騒動〜Find stitch!〜」を開催。映画「リロ・アンド・スティッチ」の主役スティッチは、平成15年の映画公開とともにまたたく間に人気になった平成生まれのディズニーキャラクターです。

フリフリ大騒動 7人の小人に紛れるスティッチ。かわいすぎます

 いたずら好きのスティッチは、ショップやアトラクションの看板に落書きをしたり、ウォルト・ディズニーの像にフラダンスの衣装を着せたりと、パーク内をハチャメチャな景色に変えてしまいます。いつもと違うパークが楽しめるいたずらの痕跡だけでなく、パークを楽しむスティッチのかわいい姿も人気となりました。

平成31年(2019年):平成最後のスペシャルイベントは「ディズニー・イースター」

うたさま 平成31年。トロリーの運転士になりきるうさたま。実際に乗っているような写真が撮れます

 現在開催中のイベント「ディズニー・イースター」では、卵から手足とウサギの耳が生えたキャラクター・うさたまがパーク中に大脱走中。 パークの至るところで気ままに過ごすうさたまに、なんだか癒されてしまいます。平成29年に初登場したうさたまは、その独特のビジュアルから発表直後は謎のキャラクターとして受け止められていましたが、イベントが始まるとデコレーションやパレードで見られる面白かわいい姿が大人気に。

うさたま このゆるい感じがうさたまの魅力

 パーク内にはうさたまと一緒に写真が撮れるフォトスポットが多数登場し、こちらも人気になっています。フォトスポットでは自分自身の写真を撮るだけでなく、お気に入りのぬいぐるみと一緒に撮る「ぬい撮り」をしているゲストや、かわいいフードの写真を撮るゲストの姿も。

 以前は記念写真といえば、家族や友人が横に並んだ1枚が多かったように感じますが、こうして思い思いの写真を楽しめるところにもスマホが普及してからの”平成らしさ”を感じます。

 さまざまなデコレーションによって彩られてきた平成の東京ディズニーランド。その時だけの特別なデコレーションを一目見ればよみがえる思い出もあるはず。平成最後に、記念写真やホームビデオで30年間を振り返るのも楽しそうです。

(C)Disney



Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2205/22/news030.jpg 華原朋美、デザイン手掛けた黒ミニドレスを披露 「本当に痩せて綺麗になって」「全てが可愛すぎました」と反響
  2. /nl/articles/2205/22/news031.jpg パーパー・あいなぷぅ、“パンパンに腫れてた”整形のダウンタイム披露 術後1カ月の完成形に「より可愛くなってる」
  3. /nl/articles/2205/09/news144.jpg 誰にもバレずに20年 別荘を解体中にバスルームから“とんでもないモノ”が見つかる 「わけがわからない」と困惑
  4. /nl/articles/2204/02/news044.jpg めちゃくちゃ痩せてる! 22キロ減の華原朋美、ピタッとしたレギンス姿でダイエットの成果を見せつける
  5. /nl/articles/2205/21/news065.jpg 名画「牛乳を注ぐ女」を3Dモデル化してみたら……? 高度なCG動画が破壊力抜群で牛乳噴きそう
  6. /nl/articles/2205/21/news062.jpg 「ゆっくり茶番劇」商標取得の柚葉さん、所属コミュニティーから「無期限の会員資格停止」処分 権利放棄の報告も?
  7. /nl/articles/2205/20/news170.jpg 「だめだお腹痛い」「大爆笑しました」 榎並大二郎アナ、加藤綾子に贈った“ガチャピン人形”が悲惨な姿になってしまう
  8. /nl/articles/2205/22/news047.jpg Blenderで作ったパンケーキがなんかおかしい 作者も「なぜ…」と困惑するナゾ挙動に「電車で吹いた」「一生笑ってる」の声
  9. /nl/articles/2205/20/news183.jpg 博麗神主・ZUNさん「ゆっくり茶番劇」商標登録騒動について見解 「東方」二次創作としての「ゆっくり茶番劇」使用は問題なし
  10. /nl/articles/2205/22/news006.jpg カラスに狙われていた子猫を救助 勇敢な保護主がつないだ命に「保護ありがとう」「幸せになってほしい」の声

先週の総合アクセスTOP10

  1. 人気動画ジャンル「ゆっくり茶番劇」を第三者が商標登録し年10万円のライセンス契約を求める ZUNさん「法律に詳しい方に確認します」
  2. 華原朋美、“隠し子”巡る夫の虚言癖に怒り「私はだまされて結婚」 家を飛び出した親に2歳息子も「もうパパとはいわなくなりました」
  3. フワちゃん、指原莉乃同乗のクルマで事故 瞬間を伝える動画が「予想の10倍ぶつけてる」「笑い事ではない」と物議
  4. 「ゆっくり茶番劇」商標取得者の代理人が謝罪 「皆様に愛されている商標であることを存じておらず」「爆破予告については直ちに通報致しました」
  5. YOSHIKI、最愛の母が永眠 受けた喪失感の大きさに「まだ心の整理ができず」「涙が枯れるまで泣かせて」
  6. 「ディ、ディープすぎません?」「北斗担、間違いなく命日」 “恋マジ”広瀬アリス&松村北斗、ラストの“濃厚キスシーン”に視聴者あ然
  7. 有吉弘行、上島竜兵さんへ「本当にありがとうございますしかなかった」 涙ながらの追悼に「有吉さんが声を詰まらせるとは」
  8. 岩隈久志、高校卒業式でドレスをまとった長女との2ショットが美男美女すぎた 「恋人みたい」「親子には見えません」
  9. キンコン西野、勝手に婚姻届を出される 「絶対コイツなんすよ」“妻になりかけた女性”の目星も
  10. 子猫のときは白かったのに→「思った3倍柄と色出た」 猫のビフォーアフターに「どっちもかわいい!」の声