ニュース
» 2019年04月20日 19時30分 公開

亡き母はSG-1000II時代からのガチゲーマー 凄腕かーちゃんをしのぶ漫画が切なくも楽しい

特にパズルゲームが得意で、トップスコアを息子に譲らないお母さん。

[沓澤真二,ねとらぼ]

 ゲームがうまかった亡き母親の思い出を描く漫画が、不思議な味わいを醸しています。描き手の心情を想像すると切なくもありますが、お母さんの凄腕エピソードがガチすぎて、ついクスリときてしまいます。


アイキャッチ 家族で誰よりも上手だったお母さんのエピソードがしみる

 作者のshun9624(@9624)さんの母親が初めて触れたゲーム機は、セガのSG1000II(メガドライブの前の前の前の機種。1984年発売)。「コンゴボンゴ」が家族の誰よりも上手で、バグを利用したショートカットまで自力で編み出していたそうです。


1P スーパーマリオの無限1UP技も、お母さんが成功一番乗り

 PCエンジンでも親子一緒に遊び、「ギャラガ'88」の簡単な攻略法を教わると、息子の知らぬ間にクリア。ゲームボーイを入手してからは「テトリス」を延々と遊び、A-TYPE(エンドレス)では10万点オーバー、B-TYPE(25ライン消したときのスコアを競う)では9-5を突破と、プレイを追究していきます。


2P

 しまいに十字キーを壊すほどのやり込みは、「コラムス」でも発揮。ゲームギア版もPCエンジン版(携帯機「GT」でプレイ)も、本体が動かなくなるまで遊び倒しました。携帯ハードがゲームボーイアドバンスに世代交代してからは、息子の勧めで「みんなのソフトシリーズ ZOOO」(「ZOO KEEPER」のアドバンス版)をプレイ。大ハマリした結果、スマホの「ツムツム」と出会うまで約10年間遊び続けたといいます。


3P かあちゃんゲーマーあるある「パズルゲームで子どもの追随を許さない」

 筋金入りのゲーマーだったお母さんは旅行好きでアクティブな面もあったと、作者は最後に語ります。東京ディズニーリゾートも好きで、年間パスポートを駆使して何度も訪れ、長い待ち時間も「ZOOO」で遊んで過ごしていたのだとか。


4P

 あえて真面目にまとめようとせず、ただお母さんに向けて「またゲームやろーねー」とつぶやいて漫画を締めくくったshun9624さん。「親と一緒に楽しんだことこそ、より子どもに響くのだなと実感している」と、取材に答えてくれました。「母にそういう意図があったかどうかは分からないですが、自分も2児の父として、これからも親子で楽しみを一緒にしていきたいです」

作品提供:shun9624(@9624)さん



Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  2. 自分のことを“柴犬”だと思っている猫ちゃん!? 犬猫4きょうだいの息ピッタリな「いただきます」がお見事
  3. 圧倒的疾走感ッ! 深田恭子、ドローン撮影のサーフィン動画が「うわぉ カッコいい!」「水を得た魚のよう」と反響
  4. セーラームーンを自分の絵柄で描く「sailormoonredraw」チャレンジ 漫画家やイラストレーターの美麗なイラストが集まる
  5. 印刷した紙がプリンタから次々消失 → 原因を突き止めた動画に爆笑 「紙隠し」「ピタゴラスイッチだ」
  6. 「イチャイチャ感半端ない」 ヒロミ、妻・松本伊代をヘアカットする動画が130万回再生超えの大反響
  7. 「パワポで作った」 離れると意味が分かる岐阜新聞の「Stay Home」広告が話題、制作したのはデザイン経験のない営業社員
  8. 仕事のLINEに「洗濯たたみましたほめてほめて!」 応募総数8000件の「LINE誤爆」最優秀作品が決定
  9. 「私も撮りたい、貸して!」と言われて娘にカメラを渡したら―― 26万いいねを集めた衝撃写真を御覧ください
  10. 「レターパックプラスがボロボロの状態で郵便受けに入ってた」 受領印必須のサービス、明らかな過失でも補償なし? 日本郵便に聞いた