ニュース
» 2019年04月20日 18時15分 公開

美しく書かれた「ガンダム」と「ザク」の創作漢字が趣深い 初見でも読めそうなそれっぽさ

ガンダム好きなら勝手に“読み”が浮かんでくるレベル。

[宮原れい,ねとらぼ]

 「ガンダム」と「ザク」の漢字がTwitterで話題になっています。こいつ、読めるぞ……!



 いろんな部首的なものを組み合わせて作られた架空の創作漢字で、まったく読めなそうな字にもかかわらず、どちらも作品を知っている人はなぜか読めてしまいます。というのも、見た目がめちゃくちゃガンダム(ザク)の顔だから!


創作 漢字 ガンダム ザク 見た目 顔 楷書 「ガンダム」と読める……というか見える!

 書道家のもにゃいずみ(@Monyaizumi)さんが美しく楷書的に書いているのがまたフフッときますが、ガンダムの漢字のデザイン自体は「フォロワーさんからリクエスト頂いたもの」で、出所は不明とのこと。以前にもTwitterで話題になっていましたが、昔からネットにあった創作漢字のようです(関連記事)。


創作 漢字 ガンダム ザク 見た目 顔 楷書 昔からネットで知られていた創作漢字(関連記事

 なお、もにゃいずみさんが「半ば無理やり書いた」というザクの漢字はデザインから考えたそうで、半紙に書きながら考えて3枚目(15分弱)で作ったとのこと。ガンダムの方も、一発書きの1分程度で書いたとのことで、さすがの早さ&クオリティーの高さとなっています。


創作 漢字 ガンダム ザク 見た目 顔 楷書 ザクを求める声に応える形で書かれた「ザク」の漢字。なんかかわいい

 もにゃいずみさんは真面目なものからネタ的なものまで、さまざまな言葉を実際に墨で書いて人気を集めており、最近では懐かしい人気Flash動画ネタの「千葉 滋賀 佐賀」や、読み方が「ものかげからきゅうにとびだしてひとをおどろかせるときにはっするこえ」という漢字(1文字)を書いています。





画像提供:もにゃいずみ(@Monyaizumi)さん



Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

  1. 鳥取砂丘から古い「ファンタグレープ」の空き缶が出土 → 情報を募った結果とても貴重なものと判明 ファンタ公式も反応
  2. 「モンストのせいで彼氏と別れました」→ 運営からの回答が“神対応”と反響 思いやりに満ちた言葉に「強く生きようと思う」と前向きに
  3. 「この抜き型、何ですか……?」 家で見つけた“謎のディズニーグッズ”にさまざまな推察、そして意外な正体が判明
  4. 人間に助けを求めてきた母犬、外を探すと…… びしょ濡れになったうまれたての子犬たちを保護
  5. 幼なじみと5年ぶりに再会したら…… 陸上選手から人間ではない何かに変わっていく姿を見てしまう漫画が切ない
  6. ブルボンの“公式擬人化”ついにラスト「ホワイトロリータ」公開 イメージ通り過ぎて満点のデザイン
  7. 「幸せな風景すぎて涙出ました」 じいちゃんの台車に乗って散歩するワンコのほのぼのとした関係に癒やされる
  8. 「遺伝ってすごい」「足長っ!」 仲村トオルの“美人娘”ミオがデビュー、両親譲りのスタイルに驚きの声
  9. 猫「飼い主、大丈夫か……?」 毎日の“お風呂の見守り”を欠かさない3匹の猫ちゃんたちがかわいい
  10. 天才科学者2人が最強最高のロボを作成するが…… 高性能過ぎて2人の秘密がバラされちゃう漫画に頬が緩む