ニュース
» 2019年04月21日 10時00分 公開

プロペラを使わないので静か&安全 「羽根なしドローン」をNTTドコモが開発

ニコニコ超会議にも出展。

[ねとらぼ]

 NTTドコモは、プロペラを使わずに超音波振動で飛行するドローンを開発したと発表しました。ヘリウムガスが充填された飛行船型ドローンです。


ドローン 羽根のないドローン外観

 空中を飛行しつつ人間の生活をサポートするデバイスの創出を目指して開発されたもの。従来のドローンのようにプロペラが人や物に衝突する危険はなく、ケガや破損につながるリスクが少ないのが特長。推進力を生み出す超音波振動モジュールは微小な振動により風を起こしますが、飛行時の音は静かで安全性も高いものとなっています。

 今後はイベント会場などの屋内で広告や道案内のほか、空中からの監視や警備ソリューション、プロジェクションマッピングに活用することを想定しているそうです。

 この「羽根なしドローン」は、4月27日から幕張メッセで開催される「ニコニコ超会議2019」にも出展予定。会場内でこのドローンを操縦するデモも実施予定です。


ドローン 機体側面の超音波振動モジュール

ドローン 本体への映像投影イメージ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.