ニュース
» 2019年04月22日 12時00分 公開

サンシャイン水族館でベビーラッシュ クリクリおめめのバイカルアザラシとポヤポヤ毛並みのケープペンギン誕生

大きく育ってね。

[神奈川はな,ねとらぼ]

 サンシャイン水族館(東京・池袋)で3月27日にバイカルアザラシの赤ちゃんが、4月1日と4月4日にケープペンギンの赤ちゃんが誕生しました。


サンシャイン水族館 ベビーラッシュ サンシャイン水族館 バイカルアザラシの赤ちゃん 生後2日目(3月29日)

バイカルアザラシ

 バイカルアザラシはロシアのバイカル湖とその周辺の河川のみに生息する小型のアザラシ。国内の飼育数は21頭、繁殖は2例のみで、サンシャイン水族館で誕生するのは初めてです。

 赤ちゃんの両親はロシア生まれのレオ(父親)とラム(母親)。赤ちゃんは甘えん坊で好奇心旺盛な男の子で、3月末の測定では体重が5.72キロ、体調が65センチでした。


サンシャイン水族館 ベビーラッシュ 生後10日目(4月6日)
サンシャイン水族館 ベビーラッシュ 獣医師さんによる診察

 赤ちゃんは現在バックヤードで人工哺育をしており、展示は離乳の時期を迎える5月中旬頃の予定。今はまだ白い産毛に覆われていますが、生後3〜4週間で銀灰色の毛に変わり、その後は成獣と同じ黒っぽい体毛に生え変わるそうです。

 それにしても大きな眼だな……と思っていたら、出身地に秘密がありました。バイカル湖は世界一透明度が高いといわれている湖。そこで暮らすバイカルアザラシは眼で見て餌を探すため、瞳が大きく視力がいいそうです。


サンシャイン水族館 ベビーラッシュ 生後16日目(4月12日)
サンシャイン水族館 ベビーラッシュ あくびをする赤ちゃん
サンシャイン水族館 ベビーラッシュ 父親のレオ
サンシャイン水族館 ベビーラッシュ 母親のラム
サンシャイン水族館 ベビーラッシュ エコー検査の様子
サンシャイン水族館 ベビーラッシュ エコー画像(1月23日撮影)

ケープペンギン

 ケープペンギンの親はオレンジ(父親)とあやさ(母親)。4月1日生まれの赤ちゃんはバックヤードの親元で暮らしています(性別は不明/生後8日目の体重は219グラム)。


サンシャイン水族館 ベビーラッシュ ケープペンギンの親と4月1日生まれの赤ちゃん(両親の間、下の方にいます)

 4月4日生まれの赤ちゃんは育雛(いくすう)経験豊富な白ライム(オス)と青紫(メス)ペアに托卵して孵化。「草原ペンギン」水槽の巣穴で暮らしています(性別は不明/生後8日目の体重は188グラム)。

 ケープペンギンの赤ちゃんは生後30日で体重1キロほどに成長するとのこと。もう少ししたら巣穴から姿を見せてくれるかもしれません。


サンシャイン水族館 ベビーラッシュ 4月1日生まれのケープペンギンの赤ちゃん(生後3日目)
サンシャイン水族館 ベビーラッシュ 4月4日生まれのケープペンギンの赤ちゃん(生後11日目)

 同館のショップ「アクアポット」では、「オリジナルケープペンギン赤ちゃんぬいぐるみ(1404円)」を販売中。飼育スタッフさん監修のもと、生まれたばかりの赤ちゃんの重さや見た目を再現してあるそうです。


サンシャイン水族館 ベビーラッシュ オリジナルケープペンギン赤ちゃんぬいぐるみ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.