ニュース
» 2019年04月22日 14時00分 公開

『ファミ通』読者が選ぶ「平成のゲーム最高の1本」、「クロノ・トリガー」に決定

2位は「ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド」、3位は「ニーア オートマタ」。

[沓澤真二,ねとらぼ]

 『週刊ファミ通』が実施していたアンケート企画「平成のゲーム最高の1本」で、スクウェア(当時)の「クロノ・トリガー」が1位に選ばれました。


ファミ通 詳細なランキングは『週刊ファミ通』5月16日増刊号(4月25日発売)の「平成ゲーム史」特集に掲載

 「クロノ・トリガー」は1995年(平成7年)にスーパーファミコン版が発売されたRPG。「ファイナルファンタジー」の坂口博信氏と、「ドラゴンクエスト」の堀井雄二氏と鳥山明氏が手を組んで作り上げた、スクウェアとエニックスが合併する前の当時としては夢のような作品でした。「ストーリー、シナリオ、音楽すべてがいまでも色あせない名作」「主人公たちと時を超えて旅をした思い出は一生忘れられない」など、主に直撃世代といえる30代から支持を受け、有効回答数7158人中の230票を集め首位に輝きました。


クロノ・トリガー クロノ・トリガーは、現在もSteamやスマホ向けに配信中

 2位には「ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド」(2017年/任天堂)、3位には「NieR:Automata(ニーア オートマタ)」(2017年/スクウェア・エニックス)が、それぞれ209票と205票の僅差で追随。前者はシリーズ初のオープンワールド作品で、その広大さと完成度から「ハイラルという土地で生きていると錯覚させられた」など、年齢・性別問わず幅広い層に評価されました。後者は「こんなにも心を動かされたゲームはない」など、独特の世界観やシナリオに10〜20代からの得票が多かったそうです。


ゼルダ 「見える場所にどこでも行けるすばらしさ」と、高年齢層からも支持された「ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド

ニーア ニーアは現在、ダウンロードコンテンツや特典が同梱された特別版「Game of the YoRHa Edition」も

 20位までの詳細な集計結果は、『週刊ファミ通』5月16日増刊号(4月25日発売/580円)に掲載。全74ページの「平成ゲーム史」特集で、多角度から平成のゲーム業界を総括するとのことです。

 同誌を手がけるGzブレインは、3月にムック『ゲームと平成』(999円)も刊行。こちらでは平成におけるゲーム業界の出来事を、詳細な年表や当時の記事をもとに振り返っています。


ゲームと平成 ファミ通グループ代表の浜村弘一氏による考察記事も

価格は全て税込

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  2. Excel上で「ドラクエ3」を再現した勇者に「最大の変態」「控えめに言って天才」と称賛 一体どうやって?
  3. 「降板を言い渡されて……」 小林麻耶、「グッとラック!」でのいじめを“笑顔”で主張 事務所とも突然の契約終了
  4. オンラインクレーンゲーム「トレバ」、景品獲得されそうになると“スタッフが裏操作”していたと発覚 被害者と運営会社を取材
  5. 加藤紗里、カフェ店員の前でパンケーキをたたきつぶす 衝撃動画に「これは笑えない」「何がしたいのか分からない」
  6. 保護した子ネコに「寂しくないように」とあげたヌイグルミ お留守番後に見せた子ネコの姿に涙が出る
  7. 「落選が内定」と開き直る金爆に「不甲斐ない」とAKB、謝罪する演歌歌手も 紅白出場逃した歌手の嘆き
  8. タイツメーカーのアツギ、「タイツの日」PRイラストで炎上 絵師25人以上とコラボ 「性的搾取」など関連ワードがTwitterトレンド席巻
  9. 「とうとうその日が来た」 AKB48、紅白落選で衝撃 メンバーは“言い訳のできない現実”を受け止める
  10. Koki,&cocomi、若かりし父・木村拓哉とのラブラブショットで48歳バースデーを祝福 「いつまでもカッコイイ父上でいてください」