ニュース
» 2019年04月22日 14時00分 公開

『ファミ通』読者が選ぶ「平成のゲーム最高の1本」、「クロノ・トリガー」に決定

2位は「ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド」、3位は「ニーア オートマタ」。

[沓澤真二,ねとらぼ]

 『週刊ファミ通』が実施していたアンケート企画「平成のゲーム最高の1本」で、スクウェア(当時)の「クロノ・トリガー」が1位に選ばれました。


ファミ通 詳細なランキングは『週刊ファミ通』5月16日増刊号(4月25日発売)の「平成ゲーム史」特集に掲載

 「クロノ・トリガー」は1995年(平成7年)にスーパーファミコン版が発売されたRPG。「ファイナルファンタジー」の坂口博信氏と、「ドラゴンクエスト」の堀井雄二氏と鳥山明氏が手を組んで作り上げた、スクウェアとエニックスが合併する前の当時としては夢のような作品でした。「ストーリー、シナリオ、音楽すべてがいまでも色あせない名作」「主人公たちと時を超えて旅をした思い出は一生忘れられない」など、主に直撃世代といえる30代から支持を受け、有効回答数7158人中の230票を集め首位に輝きました。


クロノ・トリガー クロノ・トリガーは、現在もSteamやスマホ向けに配信中

 2位には「ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド」(2017年/任天堂)、3位には「NieR:Automata(ニーア オートマタ)」(2017年/スクウェア・エニックス)が、それぞれ209票と205票の僅差で追随。前者はシリーズ初のオープンワールド作品で、その広大さと完成度から「ハイラルという土地で生きていると錯覚させられた」など、年齢・性別問わず幅広い層に評価されました。後者は「こんなにも心を動かされたゲームはない」など、独特の世界観やシナリオに10〜20代からの得票が多かったそうです。


ゼルダ 「見える場所にどこでも行けるすばらしさ」と、高年齢層からも支持された「ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド

ニーア ニーアは現在、ダウンロードコンテンツや特典が同梱された特別版「Game of the YoRHa Edition」も

 20位までの詳細な集計結果は、『週刊ファミ通』5月16日増刊号(4月25日発売/580円)に掲載。全74ページの「平成ゲーム史」特集で、多角度から平成のゲーム業界を総括するとのことです。

 同誌を手がけるGzブレインは、3月にムック『ゲームと平成』(999円)も刊行。こちらでは平成におけるゲーム業界の出来事を、詳細な年表や当時の記事をもとに振り返っています。


ゲームと平成 ファミ通グループ代表の浜村弘一氏による考察記事も

価格は全て税込

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2205/26/news145.jpg すみれ、息子を見つめる“お宮参り”2ショットに反響 「お母さんですね〜」「着物が似合いますね」
  2. /nl/articles/2205/25/news162.jpg この写真の中に1人の自衛隊員が隠れています 自衛隊が出したクイズが難問すぎる……「答え見ても分からない」と人気
  3. /nl/articles/2205/24/news145.jpg 上司「在宅勤務中にサボっているのでは?」 → 社員のログをあさったら“未申告残業”ばかり出てきた話が示唆に富む
  4. /nl/articles/2205/25/news190.jpg 親子そろって最高すぎる! 本木雅弘&長男UTA、“腕時計”輝く新ビジュアルで洗練されたスタイル披露
  5. /nl/articles/2205/26/news105.jpg つるの剛士、47歳誕生日に妻から最高の“サプライズ” 「完全にパパ酩酊」「妻は天使なのか女神なのか聖母なのか…」
  6. /nl/articles/2205/26/news017.jpg イタズラが見つかった柴犬、しょんぼりしてると思いきや…… まさかの真相に「大声で笑ったw」「反省姿がツボです」の声
  7. /nl/articles/2205/26/news009.jpg 野良猫親子を保護→怒られるのを承知で子猫を抱っこしたら…… 親猫のまさかの反応に「信頼しているんでしょうね」の声
  8. /nl/articles/2205/25/news105.jpg だいたひかる、4カ月長男の動画にファンから難病指摘 医師「その病気の可能性は99%ありえないです」
  9. /nl/articles/2205/25/news202.jpg 「アクシデントではなく」SHELLY、事実婚パートナーとの間に第3子妊娠 前夫も「よかったじゃん!」と祝福
  10. /nl/articles/2109/26/news033.jpg 川島なお美さんの7回忌を夫・鎧塚俊彦さんが報告 コロナ禍で“粛々とした”供養になるも墓前はゴージャスに変身

先週の総合アクセスTOP10

  1. 誰にもバレずに20年 別荘を解体中にバスルームから“とんでもないモノ”が見つかる 「わけがわからない」と困惑
  2. 「チコちゃん」マナー講師が炎上で、エガちゃんの株が上がってしまう 「エンタメの見本」「エガちゃんはやっぱり偉大」
  3. 「だめだお腹痛い」「大爆笑しました」 榎並大二郎アナ、加藤綾子に贈った“ガチャピン人形”が悲惨な姿になってしまう
  4. ジャガー横田、愛車・BMWが高速手前でエンスト 九死に一生も原因不明の故障に「新車でまだ一年半なのに…」
  5. 「志摩スペイン村」微塵も人がいないのに突如トレンド入り 「にじさんじ」周央サンゴの“正直すぎるレポ”で話題に
  6. キンコン西野、“勝手に出された婚姻届”にまさかの展開 証人欄にはお世話になっている「森田一義って名前が」
  7. 「ゆっくり茶番劇」商標取得者の所属コミュニティーが声明 商標権の完全放棄を要求
  8. 中村江里子、174センチの長女&181センチの中学生長男に驚く声 「足ながっ!!」「モデルになれそう」
  9. 「志摩スペイン村」がトレンド入り→公式ホテルの予約が急増とさらなる展開へ 広報「すごいことが起こっているぞと思った」
  10. 華原朋美、デザイン手掛けた黒ミニドレスを披露 「本当に痩せて綺麗になって」「全てが可愛すぎました」と反響