ニュース
» 2019年04月22日 16時28分 公開

うらやましい? マイクロソフト、金曜日を休みにして「週休3日」にチャレンジ

家族旅行などの費用補助もあるそうです。

[ねとらぼ]

 日本マイクロソフトは、金曜日を休みにすることで「週休3日」に取り組む「ワークライフチョイス チャレンジ2019夏」を8月に実施します。働き方改革の一環で、労働時間を短縮することで生産性や創造性の向上につなげる狙いとのこと。家族旅行などにかかった費用の補助なども行うとのことで、なんともうらやましい……。

photo 全てをかなぐり捨てて……というわけにはいきませんが(イメージ) Photo by Sai Kiran Anagani on Unsplash

 8月の全ての金曜日(2日、9日、16日、23日、30日)を休業日に。正社員には特別有給休暇を付与し、全オフィスをクローズします。

 日本マイクロソフトは働き方改革に早くから取り組んでいる企業として知られています。同社が掲げる基本理連「ワークライフチョイス」は、「社員が仕事(ワーク)や生活(ライフ)の事情や状況に応じた多様で柔軟な働き方を、自らがチョイス(選択)できる環境を目指すもの」だとのことです。

photo 短い時間で働き、よく休み、よく学ぶ=ニュースリリースより

 週休3日は、この「ワークライフチョイス」に基づき、全社員が「短い時間で働き、よく休み、よく学ぶ」ことにチャレンジし、生産性や創造性の向上を目指す取り組みです。これに加え、社員支援プログラムとして、期間中に取り組んだ自己啓発やボランティア活動にかかった費用のほか、家族旅行やレジャーの費用の補助も実施。こうした取り組みは効果測定し、実践後にその結果を公表していく予定です。

 最近、ヤフーのように週休3日制度を打ち出す企業が出てきていますが、育児や介護で必要な社員を対象にしたケースが多い中、日本マイクロソフトのような大手企業が全社員を対象に取り組むのは珍しいケースと言えそうです。

 日本マイクロソフトが実施するのは8月の1カ月間限定とはいえ、週休3日となれば営業日が減りますから、業務をこなすには社員も生産性を高めていく必要があります。休みが増えるのはうらやましいですが、その中で成果を出す必要があるとなると、それはそれで大変なのかも……しれません。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.