ニュース
» 2019年04月22日 19時23分 公開

「被検体」「はいずりプリン」「ヌ・ヤ」 自作ゆるキャラを見せ合う仲間内の意味不明なLINEが混沌と笑いを呼ぶ

「ゆる」とは。

[沓澤真二,ねとらぼ]

 ゆるキャラのアイデアを友人3人で持ち寄り、ごく私的でミクロなグランプリを決めるLINEの会話が笑えると評判です。キャラが濃すぎる参加者によるウィットに満ちた会話のなかで、“異形”が次々と現れる流れがひたすらカオス。


ゆるキャラ(?) 狂っているようで、日本語の会話として成立はしているから不思議

 エントリーしたのは投稿主の重曹(@YTmoyashifes)さんと、友人のNZK(@nzk_indori)さんとなかのやま(@namuamidaze)さん。重曹さんは3人の間で突発的に起こるおかしな会話を「クソLINE」と称してモーメントにまとめており、今回のグランプリもその一環のようです。

 「俺のゆるキャラが早くゆるみてぇって言ってんだよ……」と、独創的に意気込みを語るNZKさんをはじめに、3者とも気合十分。トップバッターの重曹さんが「被検体くん」を披露すると、さっそく「キモい」「なにこいつ」と、罵倒をもって迎えられます。なんだこの、イチゴ大福に生命を与えようとしたマッドサイエンティストの失敗作みたいな生物は。


ゆるキャラ(?)

ゆるキャラ(?) 被検体くん

ゆるキャラ(?) 普通なら困惑しそうなところを、2人ともたじろがずに受け止めている

 重曹さんによると、被検体くんは「研究機関から死んだとみなされて廃棄されたけど、実は生きてた」とのこと。生い立ちこそかわいそうですが、「割と愉快に生きていそう」「ファッションはオシャレ」と、審査する2人からはポジティブな面も見出されます。よくそこで評価にバランスとれたな……そうか、「悲惨な過去に比べれば現在はずっとゆるい」意味でゆるキャラなのか。


ゆるキャラ(?)

ゆるキャラ(?)

 続いてNZKさんが披露したのは「はいずりプリンくん」。プリンとトッピングのサクランボをかわいらしく擬人化していますが、はった跡がキラキラ輝いていて、軟体動物的な不気味さも醸しています。あまりにもネーミングそのままのデザインに、なかのやまさんも「はいずりプリンくんじゃん」とストレートに理解します。素直っ。


ゆるキャラ(?)

ゆるキャラ(?) プリンがはいずる「はいずりプリンくん」

 多幸そうな表情とは裏腹に、はいずりプリンくんは悲しくも恐ろしい宿命を背負ったキャラクター。恋人とともに強盗に殺されてプリンの妖精に転生し、犯人を探してはいずり続ける復讐鬼なのです。頭に乗っている「チェリーちゃん」は親友ですが、その正体はなんと探し求める強盗その人。サクランボになると同時に記憶を失っており……と、ところどころムチャクチャながらも練り込んだ(?)設定が、重曹さんたちをいろいろな意味でうならせます。


ゆるキャラ(?)

ゆるキャラ(?)

ゆるキャラ(?)

ゆるキャラ(?)

 そして最後になかのやまさんが出してきたのは……なんだこれ。緑と赤と青のスープが入り交じった火鍋のような物体から手が生えていて怖いことこのうえありません。これを「エコマークのできそこない」と評する重曹さんのセンスに嫉妬。


ゆるキャラ(?)

ゆるキャラ(?) 名前は「ヌ・ヤ」

ゆるキャラ(?) パステルカラーでも怖いものは怖いよっ!

 「ヌ・ヤ」と知られざる神様のような名を付けられた謎の存在に、「なんなのこいつ」とNZKさん。そりゃあ聞くわな。しかしなかのやまさんからの説明は「宇宙を泳ぐ」「口がないから生まれてから1週間で死ぬ」「コウノトリが運んでくる」など、まるでつかみどころがありません。あ、もしかしてその場で考えてる?


ゆるキャラ(?)

ゆるキャラ(?)

ゆるキャラ(?)

 「俺は頭脳明晰容姿端麗〜」と、とうとうヌ・ヤでなく自分のアピールを始めたなかのやまさんをよそに、品評は総括へ。「ゆるキャラというテーマからすれば妥当」とする重曹さんの冷静なジャッジにより、はいずりプリンくんが優勝とコールされました。満場一致かと思われましたが、ここでもなかのやまさんが我の強さを発揮。「俺のがいいよ。1位欲しいもん」とのムチャな主張がなぜか通り、グランプリは彼の生み出した「ヌ・ヤ」に決まりました。というか今となっては、別に順位とかどうでもよかったんじゃないのかな。


ゆるキャラ(?)

ゆるキャラ(?) NZKさんも、なぜ譲るし……

ゆるキャラ(?)

ゆるキャラ(?) 強く希望して勝ったはずなのに、その結果をよしとしないなかのやまさん。それじゃいつまでも話終わらねえだろ

 「キャラがみんな濃くて楽しかった」「はいずりプリンくんの設定に救いがなさすぎて面白い」「全員闇が深い」と、ツイートは大好評。グランプリのヌ・ヤに魅せられた人も少なくないようで、ファンアートまで生まれています。


 重曹さんは「アイコン等の使用範囲でしたらご自由にお使いください」と、各キャラクターの画像をあらためて公開。勢いでTシャツ化までして、BOOTHで販売しています。


協力:重曹(@YTmoyashifes)さん/NZK(@nzk_indori)さん/なかのやま(@namuamidaze)さん


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

  1. 勝手に「サービス終了ゲーム総選挙」をやったら6700票も集まってしまったので結果を発表します 2位の「ディバインゲート」を抑えて1位に輝いたのは……
  2. ママとの散歩中、田んぼにポチャンした柴犬さんが帰宅後…… パパに一生懸命アクシデントを報告する姿がいとおしい
  3. “26歳年の差婚”の菊池瑠々、第4子妊娠を発表「もう、とにかくうれしいです!」 年上の夫も満面の笑み
  4. 桐谷美玲、隠し撮りに「絶対ヤバい顔」 “ほぼ半目”な不意打ち写真に「100点満点に可愛い」と全力フォローの声
  5. 村田充、3匹目の愛犬の存在明かす 神田沙也加さんから引き取ったブルーザーとは「数日で仲良くなりまして」
  6. 三浦孝太、母・りさ子誕生日に“家族4ショット”でお祝い キングカズも笑顔の写真に「家族が1番!」
  7. バレー日本代表の清水邦広の再婚に盟友・福澤達哉さん「相手は私ではございません」 元妻は中島美嘉
  8. 「駅の待合室をバケモンが占領している」→“謎の生き物”の正体について大分県立美術館に話を聞いた
  9. 滝沢カレン、倖田來未の“バックダンサー”になりすまし 感極まって「人一人洗えるくらい泣きました」
  10. 宮崎駿愛用の「電動消しゴム」が故障 → サクラクレパス公式が倉庫の奥から発掘 Twitterが繋いだ温かな展開が話題に

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「どん兵衛」新CMに星野源が復活も衝撃の新展開 “どんぎつね”吉岡里帆の正体明かされ「完全なホラー案件」「狂気を感じる」
  2. ハラミちゃん、“公称145センチ”も本当の身長にゴチメンバー驚き 「デカイっていわれるのが嫌になっちゃって……」
  3. 西川史子、退院を報告 「生きていて良かったと思っていない」と告白も、力強い現在の心境明かす「私は医師です」
  4. 「もうアヒル口」「美人確定ですね!」 板野友美、生後2カ月娘の“顔出しショット”にみんなメロメロ
  5. 「気ぃ狂いそう」 木下優樹菜、生配信中止で“涙のおわび動画” やらかしたスタッフに「生きてたらミスぐらいする」
  6. 東大王・鈴木光、“お別れの笑顔”で司法試験合格を報告「本当にありがとうございました」 SNS閉鎖に涙のエール続々
  7. 「こんな普通に現れるの?!」「バレそうで心配」 倖田來未、駅のホームに“普通に並ぶ”姿にファン驚き
  8. 母親から届いた「もち」の仕送り方法が秀逸 まさかの梱包アイデアに「この発想は無かった」「どストレートに餅で笑った」と称賛集まる
  9. 第1子妊娠のすみれ、母・松原千明と2年ぶりに涙の再会 「やっとママに会えました」と感動的な親子ショット公開
  10. 渡辺裕之、66歳バースデーで息子と2ショット 合同誕生日会に「すごいお料理とケーキ」「イケメン息子さん」