ニュース
» 2019年04月23日 07時30分 公開

クロネコヤマトの子猫、ブタ鼻かと……「有名ロゴが別物に見える」話に「同じ人いた」とうなずき続出

カルビーポテトチップスのキャラがコワすぎた。

[宮原れい,ねとらぼ]

 イラストレーターのフナカワ(@funakawana)さんが投稿した、子どもの頃は違う風に見えていたロゴマークやキャラクターの話が共感の声を集めています


子どもの頃 ロゴマーク こう見えてた 幻覚 見間違え クロネコヤマト カルビー ポテトチップス 全然違うモノに見えていた不思議

 今は正しく見えるものが、子どもの頃は全く別物に見えていたとフナカワさん。例として、母猫が子猫をくわえた「クロネコヤマト」のロゴマークをずっと“ブタ”だと思っていたそうで、子猫の目がブタの鼻に見えてしまっていたとのこと。「クロ“ネコ”ヤマトなのにブタじゃん」とまで思っていたというのが、また面白いです。


子どもの頃 ロゴマーク こう見えてた 幻覚 見間違え クロネコヤマト カルビー ポテトチップス 編集部でも「この漫画を読むまでブタ鼻の猫だと思ってました…」という声が

 もう1つの例は、カルビーポテトチップスのじゃがいものキャラクター(※通称「ポテト坊や」だが正式な名前はない)。こちらでは本来の口部分が鼻に見え、斜めにかけているタスキが口だと思っていたそうで、見えていた通りに描いた結果、なんだか恐ろしいキャラクターが誕生してしまっています。デカい口が怖すぎる……。

 上記2つとも「どっちにも見える」ではなく、「それにしか見えてない」のが不思議で面白いです。


子どもの頃 ロゴマーク こう見えてた 幻覚 見間違え クロネコヤマト カルビー ポテトチップス タスキ部分が口はコワすぎた……

 今になって振り返ると「なんでこんな風に見えてたのかな〜」と疑問に思いつつ、当時はそうとしか見えなかっただけに、今でも勘違いして見てるものがあるのかもしれないとフナカワさん。Twitterでも「2つともわかる」「同じ人いた……」と共感の声が多く上がっており、ポテチのタスキについて「口じゃなかったの?」と驚く声など、初めて違うことに気付いた人の声もみられます。




画像提供:フナカワ(@funakawana)さん



Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

  1. 人気動画ジャンル「ゆっくり茶番劇」を第三者が商標登録し年10万円のライセンス契約を求める ZUNさん「法律に詳しい方に確認します」
  2. 華原朋美、“隠し子”巡る夫の虚言癖に怒り「私はだまされて結婚」 家を飛び出した親に2歳息子も「もうパパとはいわなくなりました」
  3. フワちゃん、指原莉乃同乗のクルマで事故 瞬間を伝える動画が「予想の10倍ぶつけてる」「笑い事ではない」と物議
  4. 「ゆっくり茶番劇」商標取得者の代理人が謝罪 「皆様に愛されている商標であることを存じておらず」「爆破予告については直ちに通報致しました」
  5. YOSHIKI、最愛の母が永眠 受けた喪失感の大きさに「まだ心の整理ができず」「涙が枯れるまで泣かせて」
  6. 「ディ、ディープすぎません?」「北斗担、間違いなく命日」 “恋マジ”広瀬アリス&松村北斗、ラストの“濃厚キスシーン”に視聴者あ然
  7. 有吉弘行、上島竜兵さんへ「本当にありがとうございますしかなかった」 涙ながらの追悼に「有吉さんが声を詰まらせるとは」
  8. 岩隈久志、高校卒業式でドレスをまとった長女との2ショットが美男美女すぎた 「恋人みたい」「親子には見えません」
  9. キンコン西野、勝手に婚姻届を出される 「絶対コイツなんすよ」“妻になりかけた女性”の目星も
  10. 子猫のときは白かったのに→「思った3倍柄と色出た」 猫のビフォーアフターに「どっちもかわいい!」の声