ニュース
» 2019年04月23日 10時49分 公開

10連休の公共機関の営業状況は? 〜郵便・銀行・医療・交通など〜

新幹線は連休後半が狙い目です。

[辰井裕紀,ねとらぼ]

 2019年のゴールデンウィークは、新天皇陛下の即位に伴い4月27日〜5月6日にかけて10連休に。そこで気になるのが公共機関の営業状況です。うっかりして長いお休みが暗転しないために、しっかりチェックしていきましょう。


10連休の営業状況 新天皇陛下御即位の日が休日になる関係で、10連休に(画像は政府広報オンラインより)

郵便・宅配

 まずは郵便サービスについて。速達・書留・ゆうパックなどは連休中も毎日配達を行います。しかし普通郵便物、特定記録郵便物、一般のゆうメールなどは10連休の多くの日で配達が止まり、4月27日と5月2日のみの配達にとどまります。さらに窓口サービスは原則的に行われません。


10連休の営業状況 普通郵便の配達日は、4月27日と5月2日のみ

 宅配ではヤマト運輸が通常どおり荷受けや宅配を行っているのに対し、佐川急便では2019年4月28日〜2019年5月6日までの期間に「集荷予約制」を導入しており、集荷依頼を前日までに行う必要があります。

 高速道路の交通渋滞などにより一部地域で荷物の配送に遅れが生じる可能性があるため、日時に余裕を持った発送を。


銀行

 ATM に関しては現金の引き出しなど、顧客が利用できるサービスは通常の土日・祝日と基本的には変わりません。

 しかし窓口はみずほ銀行三菱UFJ銀行三井住友銀行りそな銀行の大手四行とも、原則的には休業となります。


10連休の営業状況 みずほ銀行の営業店窓口の休業状況。原則的にはお休みとなる

交通機関

 国土交通省による4月19日時点での公共交通機関の予約状況によると、JR各社の新幹線は下り方面を中心に4月27〜28日がピーク。しかし全体としては他の交通機関と比較するとまだ空きがあり、連休後半の予約率は概ね60%を下回っているそうです。

 空の便は、国内線は連休前半の下り方面で予約率90%を超える航空会社が多いですが、連休後半の上り方面は一部の航空会社で予約率90%を超えるものの、少し空きがあります。国際線は連休前半の日本発便、連休後半の日本着便で予約率90%を超える航空会社が多い状況です。


10連休の営業状況 公共交通機関の予約状況を発表する、国土交通省のHP

医療機関

 内閣府によれば、医療機関は年末年始などの休日と同様に、輪番制や独自の判断で休日診療を行うものと想定されています。

 なお厚生労働省HPから、10連休における各都道府県の医療提供体制のリンクが貼られています。救急対応または外来診療を行う予定の医療機関も多いので、要確認。

 また都立病院や東京都保健医療公社病院は、連休においても4月30日から5月2日までの3日間を中心に、平日と同程度の診療を行う予定です。


10連休の営業状況 厚生労働省のHPから、開いている病院を確認できる

役所

 役所は基本的に休業しますが、証明書発行などができる場合も。さらに大阪府大阪市東京都港区などで行われるのが、新年号・令和になる5月1日に婚姻届を提出できるサービス。中には令和を記念して「婚姻届提出記念カード」などが配られることもあります。



その他

 金融庁によると、証券会社などの窓口及び日本の証券取引所が双方とも10連休となるため、国内の株式の取引などは行えません。しかし証券会社によってはインターネット取引などで、外国株式の取引やFX取引や株価指数先物取引等を行える場合があるとか。

 生ごみ・可燃ごみなどの収集は、通常と同じように収集、または1週間に1回以上収集予定などの市区町村が99%にものぼります。

 なお全国の中央卸売市場などはおおむね5日程度開場する予定です。


10連休の営業状況 内閣府のページより。

辰井裕紀


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.