ニュース
» 2019年04月23日 13時13分 公開

銀行口座から直接払える「Bank Pay」19年秋スタート デビットカードの利便性がスマホに

1000以上の銀行が対応する「オールバンク」。

[ねとらぼ]

 日本電子決済推進機構(J-Debit)は、スマートフォン決済サービス「Bank Pay」を2019年秋からスタートします。クレジットカードを介さず、銀行口座から直接支払えるのが特徴。1000以上の金融機関が対応する予定です。

photo Bank Payのイメージ
photo デビットカード決済は銀行口座からの直接支払い

 J-Debitは「デビットカード」を運営する団体。Bank Payは、デビットカードのようにスマホ決済を利用できるイメージです。

 ユーザーは専用アプリからQRコードをかざすことで支払いができ、代金はユーザーの銀行口座から直接支払われます。銀行口座はメガバンクや地方銀行、信用金庫など1000以上の金融機関を網羅する「オールバンク」だとしています。

 小売店などの独自アプリにも機能を開放するなどして加盟店の拡大を図っていきます。また「ゆうちょ Pay」など、金融機関独自の決済サービスとも加盟店の相互開放などを検討します。

 手持ちのキャッシュカードで支払える手軽さがありながら、いまひとつ利用が進まなかったデビットカード。同様の決済サービスがスマホに登場したことで利便性を高め、今後「銀行口座からの直接支払い」が普及する可能性もありそうです。

 ちなみに「デビット」(debit)とは簿記でいう「借方」のこと。これに対し、「貸方」は「クレジット」(credit)です。簿記をご存じの方なら、デビットカードが銀行口座からの直接支払い、クレジットカードがクレジット会社による立て替え払い、というイメージがわきやすいのではないかと思います。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.