コラム
» 2019年04月24日 12時00分 公開

ご飯食べ放題にするから「授業出ろ」 油そば店の“成績がヤバい大学生向け奨学制度”が何かおかしいけど根は真面目

すでに学業を頑張っている学生ではなく、頑張ってほしい学生向け。

[ねとらぼ]

 早稲田大学近くにある飲食店が、奨学金ならぬ「奨学“米”制度」を設けるとTwitter上で発表。対象者は優秀な学生……ではなく、「目も当てられない」ほど成績が悪い学生という意外な内容が話題になっています。

 自主休講などで単位を落としまくっている皆さん、ご飯をもりもり食べられるチャンスですぞ〜!


「大学の成績がヤバいと、ご飯がもう1杯どころか、お代わりし放題になるドン!」という制度


奨学米制度の設立意図を説明した資料。1文だけ抜粋するなら「だからちゃんと授業出ろ」

 油そば店「武蔵野アブラ學会」は先日、「無限ライス(ご飯お代わり自由)」のサービスが受けられる奨学米制度をTwitter上で発表しました。対象となるのは4年制大学に通っており、先期の総合GPAが1.0以下の学部生で、7月末日まで利用できるとのこと。

 GPAとは、各科目の成績を0〜4までの数値に置き換えた評価方法。「近年は、就職活動でも重視される傾向がある」というニュースも目にするようになりましたが、1.0以下は「それ以前に、授業に出ているのか」「ちゃんと卒業できるのか」とつい心配になってしまう水準です。

 それほど成績が悪いとかえってお得になるという変わった取り組みに、Twitter上では「やべえ制度」「とんでもねぇことしやがる」といった驚きの声が。しかし、それ以上に多いのが「やったぜ」「あれ僕対象じゃん」「応募できる!」などとコメントする人たち。け、けっこういるんだな、ある意味ですごい成績の学生さん……。

 同店は、なぜこのような奨学制度を行うことにしたのか、話を伺ってみました。

―― なぜ奨学米制度を設立することに?

 他の飲食店では、「奨学肉」(※)という企画を行っているところもあるのですが、大学の学費が高騰している一方で、マトモに授業にも出ないで無駄にしている方々がいらっしゃるのを深く憂慮してしまったのです。100万円くらいの授業料を溶かしておいて、のんきにTwitterやってる場合ではないぞと。

 少しでもかような学費の浪費という親不孝を減らすには、ささやかな馬ニンジンみたいなことをして大学まで連れ出すしかないと思い、奨学米という制度を作ることにしました。

※奨学肉:東京都内で焼肉店を経営するファクトが行っている取り組み。飲食事業だからこそできる奨学制度として、対象者に食べ放題サービスを提供している。

―― あえて成績が悪い学生を対象にした理由は?

 成績が良い方々には給付系の奨学金とか、何かに選考されるとか、お褒めのお言葉を受けるとか、いろいろと報われるチャンスがあると思います。そういう優良な方はそちらの方で。

―― 奨学米制度への応募は、どれくらい集まると予想していますか?

 う〜ん。どれくらいダメな人がいるんでしょうね?

 早稲田店限定の企画といたしましたが、応募はどの大学でも受け入れるようにしました。早稲田店だからといって早稲田生だけと限定してしまっては、近隣に住まう他大学の方に申し訳ねえなと思いましたので。

 Twitterでは「我こそは! 我こそは!」と、GPA1.0以下を名乗る方々がどんどん湧いてきているので正直頭が痛いです。そこ、誇るところではないぞ! と。

―― ちなみに社内での反応は?

 社内というか現場に「こういう企画を始めるよ」と話したら「ああそうですか」という反応です。たぶん「また訳の分からないことを始めたな……」って感じだと思います。変な企画をよくやってしまうので。


 利用を検討している学生向けに紹介すると、「武蔵野アブラ學会」早稲田店は「本キャン」とも呼ばれる早稲田キャンパス付近にあり、都電荒川線「早稲田駅」のすぐそこ。

 一番良いのは「成績が良過ぎて、奨学米制度が使えない」ことですが、“有資格者”ならばちょっとお得に満腹になれるチャンス。また、学校に行くために、取りあえず外出するきっかけとしても利用できるかもしれません。



画像提供:チン正男@武蔵野アブラ學会さん(@masaotin



Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2205/25/news162.jpg この写真の中に1人の自衛隊員が隠れています 自衛隊が出したクイズが難問すぎる……「答え見ても分からない」と人気
  2. /nl/articles/2205/28/news020.jpg 「トップガン」はなぜ「トップガン」なのか? 「トップガン マーヴェリック」でオタクが悲鳴を上げ歓喜した理由
  3. /nl/articles/2205/28/news071.jpg 幸せそうな顔だ! 久慈暁子、結婚発表後初のインスタ更新で夫・渡邊雄太見守る観戦中の笑顔ショット公開
  4. /nl/articles/2205/27/news130.jpg 鳥居みゆき、キャンプを楽しむ1枚に青白い顔 “ホラー風”ショットに「全く知らずに見たら怖すぎる」
  5. /nl/articles/2205/27/news012.jpg 利害が一致した柴犬&子猫コンビ “ごはん”のときだけ息が合う姿に「見事なシンクロw」「笑っちゃいました」の声
  6. /nl/articles/2205/28/news068.jpg 胃がんステージ4のバレー代表・藤井直伸、清水邦広&福澤達哉と再会ショット つらい治療の中で「最高の薬です!」
  7. /nl/articles/1809/23/news019.jpg 炊飯器いっぱいに炊けまくった米…! 「5.5合炊いて」が生んだ悲劇に「全米が泣いた」「笑いすぎてしんどい」
  8. /nl/articles/2205/28/news065.jpg 漫画家急病でセクシーな女性がサツマイモの画に 「単行本では必ず修正します」
  9. /nl/articles/2205/27/news033.jpg 禍々しい136体の妖怪像が話題 学芸員が「なんのために作れられたのか不明」「類例は見つからず」という造形物が謎すぎる
  10. /nl/articles/2205/28/news063.jpg ともさかりえ、「キンキーブーツ」応援で“一方的な攻撃”受ける 根拠もないうわさで「金田一の頃も苦しめられた」

先週の総合アクセスTOP10

  1. 誰にもバレずに20年 別荘を解体中にバスルームから“とんでもないモノ”が見つかる 「わけがわからない」と困惑
  2. 「チコちゃん」マナー講師が炎上で、エガちゃんの株が上がってしまう 「エンタメの見本」「エガちゃんはやっぱり偉大」
  3. 「だめだお腹痛い」「大爆笑しました」 榎並大二郎アナ、加藤綾子に贈った“ガチャピン人形”が悲惨な姿になってしまう
  4. ジャガー横田、愛車・BMWが高速手前でエンスト 九死に一生も原因不明の故障に「新車でまだ一年半なのに…」
  5. 「志摩スペイン村」微塵も人がいないのに突如トレンド入り 「にじさんじ」周央サンゴの“正直すぎるレポ”で話題に
  6. キンコン西野、“勝手に出された婚姻届”にまさかの展開 証人欄にはお世話になっている「森田一義って名前が」
  7. 「ゆっくり茶番劇」商標取得者の所属コミュニティーが声明 商標権の完全放棄を要求
  8. 中村江里子、174センチの長女&181センチの中学生長男に驚く声 「足ながっ!!」「モデルになれそう」
  9. 「志摩スペイン村」がトレンド入り→公式ホテルの予約が急増とさらなる展開へ 広報「すごいことが起こっているぞと思った」
  10. 華原朋美、デザイン手掛けた黒ミニドレスを披露 「本当に痩せて綺麗になって」「全てが可愛すぎました」と反響